1920 – 8mm 『キスメット』(オーティス・スキナー主演、ルイ・ガスニエ監督) 米ブラックホーク社プリント

« Kismet » (1920, Waldorf Photoplays Inc., dir/ Louis J. Gasnier)
US Blackhawk Standard8 Print, with Paul Killiam Annotations

1920年前後のハリウッドではエキゾチックな設定を生かしたドラマや恋愛物がひとつの人気ジャンルとなっていました。ルドルフ・ヴァレンチノ主演の『シーク』や『血と砂』へと発展していく傾向で、中世のバグダッドを舞台にした1920年作品『キスメット』も大きくはこの流れに含まれています。

米ブラックホーク社の8ミリ版は作品全体を展開しているものではなく、映画史家ポール・キリアム氏の字幕解説コメントを中心とし、同作の見どころをまとめていく形を取っています。

『キスメット』の見どころの第一はその主人公。同作は元々舞台での人気作を映画化したものです。悪徳カリフに妻と息子を奪われ、今は物乞いとして暮らしている中年男ハジの復讐を描いた物語で、舞台版で主演を演じたオーティス・スキナーが映画版でもハジ役を務めています。スキナーはこの時点で還暦を越えているベテラン俳優。アイドル人気を博す要素はほとんどありませんが長年舞台で培った演技力は際立っており、登場の瞬間から生き生きした表情や動作で画面を支配していきます。

第二の見どころは豪華な設定…と続いていくものの、正直そこまで圧倒される感じはありませんでした。8ミリの解像度はこういった豪華絢爛なセットや衣装の凄みは伝えきれない気がします。

権力争いに巻きこまれ、ハジは豊かな皇子であると身分を偽って宮殿内に入りこみます。このとき冷遇されているカリフの妻とハジの間に恋愛感情が生まれてきます。妖艶な妻を演じたのは1910年代に娘役として活躍したローズマリー・セビー。1920年代前半のハリウッドらしいエキセントリックなファッションが目を引きます(リアルのイスラム圏の人は違和感を覚えそうですが)。

最後の見どころして挙げられていたのが「アイリス・エフェクト(瞳/絞り風の表現効果)」を使用した場面。

この見せ方は素敵。映画史の教科書に載って良いレベルだと思います。作品後半の物語展開に軽く触れてフィルムは終了。

ポール・キリアム氏は戦後、無声映画を紹介するテレビ番組のコメンテーターを務めていました。1950~70年代アメリカでサイレント映画に慣れ親しんだ世代には良く知られた人物でもあります。ブラックホーク社がその番組の権利を一部取得しており、同社の8ミリにはこれらのテレビ番組をダイジェスト化した作品も多く含まれています。こちらの『キスメット』も同様の経緯で生み出されてきたものです。見どころをピンポイントで説明してくれる啓蒙的な性質のフィルムで、言われないと気づかないままだった情報も多く含まれていて思った以上に楽しめる内容でした。

8ミリ版で触れられていなかった重要なポイントが一つ。『キスメット』の監督はパール・ホワイト初期連続活劇を担当したルイ・ガスニエでした。『ポーリンの危難』と『拳骨』で他作が霞んでしまう傾向がありますが1920年の『キスメット』や1932年の『トパーズ』など節目節目で秀作を生み出してきた戦前実力派、本作でもそのセンスを確認する事ができます。

[IMDb]
Kismet

[Movie Walker]
キスメット

[公開]
1920年11月14日

[8ミリ版]
米ブラックホーク社

[カタログ番号]
860-535

ローズマリー・セビー Rosemary Theby (1892 – 1973) 米

「 合衆国・カナダ・オーストラリア [USA/Canada/Australia]」より

Rosemary Theby 1910s Autographed Photo
Rosemary Theby 1910s Autographed Photo

ローズマリー・セビー嬢はセントルイスで生れサージェント演劇学校にて教育を受けた。映畫女優歴の皮切りはユニヴァーサル社であり、同社にて「女が多すぎる」「ボストン・ブラッキーのお友達」「予期せぬ場所」など数多の作品に出演した。アートクラフト社やメトロ映畫社作品にも出演し、現在はメイフラワー印の映画社に所属。趣味は屋外スポーツ全般で、とりわけ水泳に堪能である。嬢は身長五尺五寸、體重十五貫、焦茶色の髪に榛色(はしばみいろ)の瞳を有し、つとに愛書家である。

『銀幕名鑑』(ロス出版社、1920年)
Who’s Who on the Screen (Ross Publishing Co., Inc. New York, 1920)

Rosemary Theby in Who's Who on the Screen (1920)
Rosemary Theby in Who’s Who on the Screen (1920)

「銀幕名鑑」でユニヴァーサルで女優業を始めたとありますが、同社との契約(1915年)以前からヴァイタグラフ社の短編に多く主演・助演を重ねてきた長いキャリアの女優さんです。

Rosemary Theby in The Bachelor's Baby, or How It All Happened (1913)
『The Bachelor’s Baby, or How It All Happened』
(1913年、ヴァイタグラフ社)より

早くから性格俳優の実績を積み上げていき、喜劇から社会派ドラマまで芸域を広げていきます。1918年のグリフィス作品『偉大なる愛』と1920年のハウディニ主演冒険譚『恐怖島』での助演、1919年のエキゾチックな名作『キスメット』でのヒロイン役など時代に流されぬ活動を見せ、トーキー以後も1940年にまで渡る貢献を果たしました。

[IMDB]
nm0857302

[Movie Walker]
ローズマリー・セビー

[誕生日]
4月8日

[出身]
合衆国(セントルイス)

[サイズ]
12.6 × 17.7cm

[撮影]
Hall’s Studio/1456 Broadway/New York

1918 – パール・ホワイト主演 『家の呪い(The House of Hate)』 DVD

「パール・ホワイト連続活劇 [Pearl White Serials]」より

連続活劇専門のDVD発売を手掛けている米シリアル・スカドロン社から2015年に発売されたDVD-r。資産家の遺産を受け取ることになった主人公パールが謎の覆面男に命を狙われる王道の物語です。本来は7時間に及ぶ作品ですが、現存するフィルムは半分の3時間半程となっています。

コレクター所有の16ミリをデジタル化したと思われ画質はあまり良くありません。『ポーリンの危難(1914)』や『拳骨(1915)』が一話一話の盛り上がりを重視していて全体では無理や破綻が見られるのに対し、『家の呪い』は流れを丁寧に作ってあって後半に向けてジワジワと盛り上がっていきます。

Helene Chadwick in The House of Hate

脇を固める役者としては美丈夫のアントニオ・モレノが安定した演技を見せ、後半に登場するヘレン・チャドウィックの個性も光っています。パール・ホワイト自身も自身のそっくりさんとして登場する死刑囚を巧みに演じていて、アクションにとどまらない展開で物語を豊かにしていました。

モリー・キング Mollie King (1895 – 1981)

「 合衆国・カナダ・オーストラリア [USA/Canada/Australia]」より

Mollie King 1919 Autographed Photo
Mollie King 1919 Autographed Photo

映畫界に身を投じたのは一千九百十五年の事で、その時にはウォールド會社の專属女優として雇わはれたのであつた。その後、ある事情があつて同社を辭し、一旦アイヴァン會社に移つたが、間もなくパセ會社に轉じて、アストラ映畫に出演する事となつた。嬢の斯界に於ける名聲は、この社に移つてから昂まつたものであると云つて可い。

「キック・イン」という映畫を撮影したのを初めとして、同社では多くの映畫を製作したが、一千九百十七年レオン・バリー氏と共に「二重十字架の秘密」という連續映畫を撮影するに及んで、その人氣は急に増加した。それに乗じて早速クレートン・ヘール氏やレオン・バリー氏などと共演したのが、昨年富士館に上場されて好評を博した「七眞珠」といふ連續映畫であつた。。

『活動名優寫眞帳』(花形臨時増刊、大正8年、玄文社)

連続活劇の最盛期だった1910年代後半、ギルソン・ウィレッツの小説(1910年)を基にした活劇 『二重十字の秘密』(1917年)のヒロインに抜擢されたのがモリー・キングでした。『拳骨』で知られるルイ・ガスニエが監督を担当し、当初はパール・ホワイト主演で企画された作品なのですが実現せずお鉢が回ってきたようです。モリー・キングは遺産相続の鍵となる秘密を握る女性を演じています。アクション面で機能していない印象もありますが三角関係の中心でロマンスの要素を強める役割を果たしています。

1919年のサイン入り。

[IMDb]
nm0455087

[Moovie Walker]
モリー・キング

[出身]
合衆国(ニューヨーク)

[誕生日]
4月16日