南 栄子 (1909 – 没年不詳)

「日本 [Japan]」より

南栄子 直筆サイン入り絵葉書
Minami Eiko 1920s Autographed Postcard

 日本館へはまた、白痴の脂肪のような河合澄子が帰つてきた。

 沢カオルは観音劇場から浅草劇場へ引越した。田谷力三や柳田貞一も、消えたり現れたりだ。オペラ役者の蔵ざらへも、もう沢山ではないか。

 電気館のパラマウント・シヨウの第四回と第五回 ― これは六月のことだが、春野芳子のジャズ・ダンスと南栄子のチヤアルストン、これだけがやつと一九三〇年らしい踊なのだ。

『淺草紅團』川端康成(1930年『新潮』9月号掲載)

衣笠貞之助監督の『狂つた一頁』(1926年)での前衛的な舞踏で知られているダンサー/舞踏家。衣笠氏の回想によると新国劇の女優・渡瀬淳子さんの推薦だったそうです(『わが映画の青春』衣笠貞之助著)。

1922年に母体が設立された松竹楽劇部の第一期生とされていますが、当時物のパンフレット等でのクレジットは確認できておらずいつまで在籍していたのか不明。

日本でも、昭和二年、日活京都の映画女優、小西節子、南栄子、松浦ちどり、香川マチ子、浦路輝子らが断髪したため、撮影所長の池永浩久がひどく怒って、これら女優の髪がのびるまで出演及び外出禁止の厳命をくだしたという。

『雑学歌謡昭和史』 西沢爽(1980年、毎日新聞社)

1930年代にメディアに登場していた記録が幾つか確認できています。

・1933年阪和濱寺海水浴場での舞踏大会で舞踊を披露
・1933年の『婦女界』グラビアで舞姿を披露
・1938年度版『朝日年鑑』の「音楽家録:洋樂の部」で麹町の現住所の記載あり

1931年の直筆サイン入り写真を紹介している古本屋(くまねこ堂)さんのブログ記事が非常に有名で、その写真がピンタレスト等のSNSで繰り返し拡散され、ウィキペディアの写真としても使われるようになりました。今回入手した絵葉書は1920年代ではないかと思われる一枚です。

[IMDb]
Eiko Minami (同姓同名の別人との一部混同あり)

[JMDb]
南栄子

[出身地]
広島

[誕生日]
2月20日

[データ]
8.7 × 13.8cm

衣笠 淳子 (1910 – 没年未詳)

「日本 [Japan]」より

Kinugasa Junko 1931 Autographed Postcard
Kinugasa Junko 1931 Autographed Postcard

本名伊藤英子。明治四十三年東京市神田に生る。兄は衣笠貞之助監督。映畫界の第一歩は十五歳の時。後マキノ、日活等に出演し片岡千恵蔵プロダクシヨン創立と共に入社ヴアンプ型を以て立つ。主な近作は「渦潮」「逃げ行く小傳次」「戀車」等。映畫鑑賞、散歩。

『芝居と映画 名流花形大寫眞帖』
(1931年1月、冨士新年號附録)

[JMDb]
衣笠淳子

[IMDb]
Junko Kinugasa

[出身地]
日本(東京神田)

[誕生日]
3月25日

[データ]
8.5 × 13.5cm

二代目 阪東寿之助/壽之助 (1909 – 没年不詳)

二代目 阪東寿之助/壽之助 サイン入り絵葉書

写真は二代目阪東寿之助。衣笠貞之助作品に多く出演しており名作『十字路』(1928年)では灰を浴びて失明する弟役を演じています。

Bando Junosuke in Crossroads(1928)
『十字路』(1928年)より。

[JMDB]
p0133950

[IMDB]
nm0051758

[誕生日]
2月22日

[サイズ]
13.3 × 8.4cm

千早晶子 (1908 – ?)

Chihaya Akiko Autogrphed Postcard

本名折部房枝、大阪生まれ。幼くして松竹座学劇部に入団。松竹が売り出そうとしていた林長二郎氏の相手役に抜擢され、1927年の『鬼あざみ』(衣笠貞之助)で映画デビュー。

千早晶子は、其頃の全下加茂従業員の恋人だつた。誰も彼も、彼女の純真さを愛した。杉山公平も、星哲六も、冬島泰三も、そして前田孤泉も、心ひそかに、彼女のあどけない微笑を胸に描いて、悩ましく憂鬱になつて居るのだつた。

『映画界ローマンス』昭和5年 212ページ

その後も衣笠映画に欠かせない女優として活躍、1928年の『十字路』でも姿を見ることができます。

[IMDB]
nm0157380

[JMDB]
p0230750

[出身]
日本

[生年月日]
9月27日