カリン・モランデル Karin Molander (1889 – 1978) スウェーデン

「国別サインリスト 北欧諸国 [Nordic Countries]」より

Karin Molander Autographed Postcard
Karin Molander Autographed Postcard
1910年代のスウェーデンで多ジャンルに才能を発揮していたのがカリン・モランデルでした。舞台出身(初舞台は明治期の1907年)で演技の基礎がしっかりしていたこともあり、対応力の高さからスヴェンスカ・ビオグラフテアーテン社の花形の一人に躍り出ます。

Karin Molander in Kärlek och journalistik
『愛とジャーナリズム』(1916年)

とりわけスティッレル監督と相性が良くトーマス・グロール二部作(『最良の映画』『最良の子供』)ではトーマス役シェストレム相手に小気味よいやりとりの応酬を披露、作品の軽快なリズム感作りに貢献。

Karin Molander in Thomas Graals bästa film
『トーマス・グロールの最良の映画』(1917年)
Karin Molander in Synnöve Solbakken
『シヌーヴェ・ソールバッケン』(1919年)

やや趣向を変えヨン・W・ブリューニウス監督の郷土色溢れるロマンス『シヌーヴェ・ソールバッケン』(1919年)でもラーシュ・ハンソン相手に手堅い演技を見せていました。

そのキャリアの頂点となった一作が1920年『エロティコン』です。冴えない大学教授の姪として登場し、四つ巴の複雑な恋愛模様の一角を担っていきます。一見無邪気な娘でありながらも洗練された求愛の駆け引きをこなしていく難しい役柄をこなし無声映画史に名を残します。その後は舞台活動に比重を移し、映画作品のクレジットにその名を見かける機会はほとんどありませんでした。

Karin Molander in Erotikon
『エロティコン』(1920年)

[IMDb]
Karin Molander

[Movie Walker]
カリン・モランデル

[出身地]
スウェーデン(ストックホルム)

[誕生日]
5月20日

[データ]
Förlag Nordisk Konst Stockholm, 837, 1917

[サイズ]
8.4 × 13.4 cm

レネ・ビョルリンク Renée Björling (1898 – 1975) スウェーデン

「国別サインリスト 北欧諸国 [Nordic Countries]」より

Renee Bjorling 1920 Autographed Postcard
Renee Bjorling 1920 Autographed Postcard

派手な注目を浴びる機会こそ少なかったものの安定した演技力でスウェーデン映画を半世紀に渡って支えた女優さん。

1919年にセルマ・ラーゲルレーヴの『ひな鳥』(Dunungen、1919年)が映画化され成功を収めた時、三角関係のはざまに揺れるうら若きヒロインを演じていたのがビョルリンク嬢でした。翌年にはシェストレム監督作品の『感激の夜(センドミールの修道院)』で城主の妻エルガに使える侍女役で登場。1923年には女性群像を描いた『ノールトゥル地区の仲間たち』で主要な女性キャラの一人エヴァを演じます。

Renee Bjorling in Klostret i Sendomir
1920年の『感激の夜(センドミールの修道院)』より

1924年の『田舎暮らし』(Livet på landet)でモナ・マルテンソンの脇を務める等、どちらかというと準ヒロインで力を発揮するタイプの女優さんでした。戦後になっても1950年代のイングマール・ベルイマン諸作(『不良少女モニカ』『愛のレッスン』『女たちの夢』)に端役で登場しています。

[IMDb]
Renée Björling

[Movie Walker]

[出身地]
スウェーデン(ローベン島)

[誕生日]
7月10日

[データ]
Ferd. Flodin Norrmalmstorg Stockholm

[サイズ]
8.7 × 13.3 cm

松井 千枝子 (1899 – 1929)

「日本 [Japan]」より

Matsui Chieko Autographed Postcard
Matsui Chieko 1920s Autographed Postcard

明治三十九年十二月四日東京淺草區駒形で生る。府立第一高女を卒へ舞臺協會に一寸加はり後東京シネマに走り『村の勇者』が處女映畫である。轉じて國活に移り松波美子と名乗り島田嘉七と共に人氣を博してゐた。大正十四年二月突如として妹潤子と松竹に入社し羽振りが好い。國活では『延命院のせむし男』でお仙。松竹では『コスモス咲く頃』『受難華』『地下室』『海人』『俄か馭者』『濡衣』『海の勇者』の主演があり、最近では自分の原作脚色『哀愁の湖』で妹潤子と共に出演し、芸妓千春に扮してフワンを騒がしてゐる。

純日本趣味の藝術的なシンミリしたものを好む。

『玉麗佳集』(1928年2月、中央書院)

お風呂から上つて、涼んでゐると、高松榮子さんが這入つて來た。
「千枝子さん、どうしたんでせう、この頃ちつとも潤ちやん出て來ないけれど…病氣ぢやないかしら…」
「さあ、どうしたんでせうね」
「あたし、明日鎌倉行つてみるわ、もし病氣でもしてるといけないから」
「大丈夫よ、病氣なんかするもんですか、撮影は今無いしするから、海岸で遊んでるんでせうよ」
私は平氣でかうは云つたものゝ、この頃妹が怠けて居るのが心配でならないし、又腹立たしくもなる。
「暑いからねえ、でも…困るわね、ちつとも出て來ないんだから…」
何の氣なしに云つた高松さんの言葉が私の胸に針さゝれた樣に感じた。同じ地位にある女優さん達は一生懸命にせつせと通つてゐるのに、妹ばかりは呑氣な顔して遊んでゐる…苦闘をつゞけてこそはじめて最後の勝利は得られるものを、人は苦しまなければ駄目だと、常日頃考へてゐる私にも、たゞたゞ妹の心持がはがゆくて仕方がない。
早く秋になればいゝ、爽やかな涼風に身を浸して、しんみりとした撮影の出來る日が待ち遠しい。

「撮影所日記」(『女性』1927年10月号)

[JMDb]
松井千枝子

[IMDb]
Chieko Matsui

[出身地]
日本(東京)

[誕生日]
12月4日

[データ]
13.5 × 8.5cm

ハンナ・ラルフ Hanna Ralph (1888 – 1978) 独

Hanna Ralph Autographed Postcard
Hanna Ralph Autographed Postcard

1910年代前半に舞台デビュー後、10年代後半にスクリーンに初登場。すぐに実力を認められ大手のPAGU社でゲオルグ・ヤコビ監督作品で重用されるようになりました(この時期に共演の重なったエミール・ヤニングスと後に結婚)。

デビューがやや遅かったこともあって娘役の出演機会はほとんどなかったものの、悩める母親役など難しい役柄で重宝され1920年の『阿片(オピウム)』『アルゴール』で対応力を見せつけます。

Hanna Ralph in Helena (1924)
『阿修羅王国(ヘレナ)』でのハンナ・ラルフ

意志の強さと母性を同時に表現できるハンナ・ラルフの個性は歴史ドラマの女王役と相性の良いものでした。1922年の『女王のお気に入り』でエリザベス女王を演じた後、『阿修羅王国(ヘレナ)』でのアンドロマック役を挟み、『ニーベルンゲン』第一部でのブリュンヒルトへと続いていきます。

[IMDb]
Hanna Ralph

[Movie Walker]
ハンナ・ラルフ

[出身地]
ドイツ(バート・キッシンゲン)

[誕生日]
9月25日

[サイズ]
8.8 × 13.6cm

[データ]
Ross Verlag, 2054/2, phot. Ernst Schneider, Berlin

ラーバシュ・ユーツィ Lábass Juci / Lucie Labass (1896 – 1932) ハンガリー

「ハンガリー [Hungary]」より

Lábass Juci / Lucie Labass 1926 Inscribed Postcard
Lábass Juci / Lucie Labass 1926 Inscribed Postcard

ハンガリー出身の女優さんで近々、スペインの煙草売り娘から胡散臭いキャバレーの踊り子へ身を堕としていくアルゼンチニータの役でお目にかかるはずである。映画のタイトルは『麗しのマヌエラ』でクララ・ラツカの小説を基にしている。舞台は南米。

エクラン・イリュストレ誌 1924年9月11日付 第2号

Labass Jucie in La Belle Manuela
Labass Jucie in La Belle Manuela
(L’Ecran illustré 1924 issue 2)

Une artiste hongroise que l’on verra dans le rôle d’Argentinita, cigarière espagnole, devenue danseuse de cabaret borgne. Le film porte le title de La Belle Manuela, d’après le roman de Clara Ratzka. L’action se déroule en Amérique du Sud. (Cliché National Film, Berne.)

L’écran illustré 1924 Issue 2

1910年代後半~20年代前半にハンガリーで活躍していた女優さん。若くして亡くなったこともあり現在では自国でも知られていないのではないかと思います。主戦場は劇場でしたが1915年頃から映画に出演し始め『大地の囚われ人』(A föld rabjai、1917年)、『麗しのマヌエラ』(Die grüne Manuela、1923年)で主演を務めています。

手元の一枚は筆跡にスレが目立つものの1926年のメッセージ&サインが含まれています。

[IMDB]
Lucie Labass

[Movie Walker]

[誕生日]
7月22日

[メーカー]
Élet kiadásairen

[出身]
ハンガリー

[サイズ]
9.0 × 14.0 cm

グリット・ヘゲーザ Grit Hegesa (1891 – 1972) 独

Grit Hegesa Autographed Postcard
Grit Hegesa Autographed Postcard

1920年代ドイツで個性派モデル、踊り子として有名だった女性。エキセントリックな未来派の服をまとった写真も多く残されていて、同時期の映画女優と異質な雰囲気を漂わせています。

20年前後にE・A・デュポン初期作(『白孔雀』『ホワイトチャペル』)で主演を務めるなど映画界との接点も持ち続けていました。1929年の『令嬢エルゼ』にも出演、スキーの名所を訪れたヒロイン(エリザベート・ベルクナー)と一緒にソリに乗っていた謎めいた貴婦人がヘゲーザさんです。

Grit Hegesa in Fraulein Else
『令嬢エルゼ』より。中央奥に主演のベルクナー。
手前にグリット・ヘゲーザ(左)とジャック・トレヴァー(右)

[IMDb]
Grit Hegesa

[Movie Walker]
グリット・ヘゲーザ

[出身地]
ドイツ (ニーダーラーンシュタイン)

[誕生日]
12月23日

[サイズ]
8.7 × 13.3cm

[データ]
Verlag Ross, Berlin SW 68, 452/1. phot. Binder.

1916 – 9.5mm ダグラス・フェアバンクス主演 『電話結婚』 (The Matrimaniac)

「9.5ミリ動画 05a 劇映画」より

9.5mm Douglas Fairbanks in The Matrimaniac (1916)
9.5mm Douglas Fairbanks in The Matrimaniac (1916)

御なじみの名高いダグラスフエーヤバンクスは彼の獨得の妙技を振って演じた快味湧くが如く姿又眞に迫つた活劇である。彼は絶世の美人マルヂヨリーに戀したけれども父は頑強に反對したのである。彼は決心のほぞをきめてマルヂヨリーを奪ふやいち早く逃げた追急して來る追手からのがれんとして心膽を寒からしむる彼獨得の冒険を犯しつゝ迹け終り逸早く牧師を説得し目出度く結婚すると云ふ血沸き肉躍る活劇である。

『パテーベビーフヰルム 解説書 No. 1』
(大橋善次郎編集・出版、1926年)

フェアバンクス初期主演作の9.5ミリ版。

1910年代のフェアバンクス短編は後年の長編(『奇傑ゾロ』『ロビンフッド』)と質を異にしています。十数分の枠にお笑いやアクション、恋愛劇をバランス良く詰めこみ物語は勧善懲悪で綺麗にまとまっています。

また新人女優にとって良い登竜門になっていました。ジュエル・カーメン(『火の森』)、アルマ・ルーベンス(『アメリカ人』)、ポーリーン・カーリー(『ドグラスの跳ね廻り』)、アイリーン・パーシー(『ドーグラスの蛮勇』)、マージョリー・ドウ(『ドーグラスの現代銃士』)などがフェアバンクスとの共演を通じて女優キャリアのステップアップを実現していきました。

『電話結婚』はコンスタンス・タルマッジを相手に据えた一本で、ロミオとジュリエットを念頭に「相手の親の反対にも関わらず猪突猛進するドーグラス」を楽しそうに演じています。

[タイトル]
Mariage au téléphone

[原題]
The Matrimaniac

[公開]
1916年

[IMDB]
The Matrimaniac

[メーカー]
仏パテ社

[カタログ番号]
10025

[フォーマット]
9.5mm (ノッチ有) 20m *2リール