ラヴィニア・ウォーレン Lavinia Warren (1842 – 1919) 米 & プリモ・マグリ伯爵 Primo Magri 伊

小人症映画小史(03)

Lavinia Warren (aka Mrs. General Tom Thumb aka Countess Lavinia Magri) & Count Primo Magri
1909 Autographed Postcard

1900年代初頭、ラヴィニアとマグリ伯爵は夏になるとニューヨークのコニーアイランドにある「小人の町・リリプティア」に出演するようになった。リリプティアはいわゆる「小人の町」で、町としての機能を完全に残しつつもサイズ感だけを縮小しつつ、あちこちのサーカスや見世物小屋から雇い入れた小人症パフォーマー300余名が不自由なく生活できるようになっていた。

コニーアイランドを離れた後、ラヴィニアとマグリ伯爵はハリウッドへと足を伸ばした。新進著しい映画産業の中心地として東海岸に取って代わった直後の時期である。1914年にラヴィニアとマグリ伯爵は無声映画作品『小人求婚譚』に出演。ラヴィニアは『プチ婦人』、伯爵は『ノミ伯父さん』役を演じていた。

マグリ伯爵と再婚していた時期ですら、ラヴィニアはもっぱら親指トム将軍の未亡人として知られていた。ラヴィニア自身、トム将軍の名前の響きが備えた抗いがたい力を熟知していたのである。写真に「ラヴィニア・マグリ伯爵夫人」とサインする時も、「親指トム将軍夫人」と書き添えることが多かった。

『親指トム将軍:ある小人男の驚くべき真実のストーリー』
(ジョージ・サリヴァン著、2011年)

[…] early in the 1900s, Lavinia and the Count began to spend their summers as performers at « Lilliputia » at New York’s Coney Island. Lilliputia was a « midget city », a complete village scaled in size to accommodate some 300 dwarfs who had been hired awar from circuses and carnival sideshows. […]

After Coney Island, Lavinia and the Count traveled to Hollywood, which had recently replaced the East Coast as the center of the fast growing movie industry. In 1914, Lavinia and the Count appeared in The Lilliputians’ Courtship. a silent film. Lavinia was cast as « Lady Petite », the Count as « Uncle Tiny Mite ». […]

Even during the time she was married to Count Magri, Lavinia was generally known as Tom Thumb’s widow. She well knew the drawing power of Tom’s name. […] And while she signed souvenir photographs as « Countess Lavinia Magri, » she frequently added « Mrs. General Tom Thumb. »

Tom Thumb : The Remarkable True Story of a Man in Miniature
(George Sullivan, Clarion Books, 2011)

1842年米マサチューセッツ州生まれ。教職を本業とし、舞台で歌や楽器演奏を副業としていた時期にスカウトを受け芸人として独立。P・T・バーナム主催の巡業公演中に知り合った親指トム将軍(本名チャールズ・ストラットン)に見初められ1864年に結婚。婚礼の様子は大々的にメディアで取り上げられ、リンカーン大統領主催によるホワイトハウス歓迎会に招待されるなど当時最も知名度の高い小人症パフォーマーの一人となりました。本邦での知名度は高くありませんが日本語版ウィキの「小人症」でトップに置かれている無名の写真はラヴィニアさんの肖像です。

親指トム将軍とラヴィニア・ウォーレン婚礼の様子を
撮影したキャビネット写真(19世紀後半、個人コレクション)

1904年、コニーアイランドに大型アミューズメントパーク「ドリームランド」が建設された際、その人気企画となった小人の町・リリプティアに参加。1910年代後半に表舞台を退き夫と共に飲食店の経営を行い1919年に亡くなっています。

『コニーアイランドの歴史』(History of Coney Island, William Reynolds, NY: Burroughs & Co., 1904)より

最晩年に夫のマグリ氏と共に映画に出演。1915年に米ミューチャル社から配給された『小人婚活譚』(The Lilliputians’ Courtship)でフィルムは現存しておらず、姿が記録された動画は存在していないようです。

今回入手したのは1909年にパリで開催されたイベント「リリパットの小人王国」に参加した際の絵葉書。夫マグリ氏との連名サインが残されています。

[IMDb]
Lavinia Warren

[Movie Walker]


[出身地]
合衆国(マサチューセッツ州ミドルボロ)

[生年月日]
10月31日

ビリー・バーク Billie Burke (1884 – 1970) 米

「合衆国・カナダ・オーストラリア」より

ビリー・バーク 1909年頃直筆サン入り絵葉書
Billie Burke c1909 Autographed Postcard

ビリー・バークは1939年の名作ミュージカル『オズの魔法使い』出演で多くの人々に記憶されています。主人公ドロシー(ジュディー・ガーランド)を導いていく「北の良い魔女」グリンダです。

Billie Burke in The Wizard of Oz
『オズの魔法使い』でのビリー・バーク

魔女グリンダの性格設定は(おそらく非現実の世界にしか存在しない)「包容力のある美しき母」でした。ビリー・バークの温かみのある、時にユーモラスな演技はあの役柄にマッチしていて他の女優さんでは替えが効かないのではないかと思います。

その芸歴は長く1900年代に舞台デビュー、若くしてブロードウェイの人気者になります。1910年代に映画に進出、パラマウント社初の連続劇『グロリア物語』(1916年)主演で成功を収めています。1914年には興行界の大物フローレンツ・ジーグフェルド・ジュニアと結婚しており二人のロマンスは後に『巨星ジーグフェルド』(1936年)として映画化もされました。

Billie Burke in Motography Magazine 1916 April 29 Issue
モトグラフィー誌1916年4月29日号より『グロリア物語』の先行予告スチル

彼女は良く知られた美人さんというだけでなく、他に例を見ないほど完璧に演技の修練を収め、人を引き寄せる魅力に高潔な心、並々ならぬ人間力を備えている。その動きに見られるしなやかな才能は例外的と言ってよいだろうし、「銀幕値(スクリーン・バリュー)」も備えているのだがそれが「銀幕の天才」と呼べる位に達している。(モトグラフィー誌1916年4月22日号より。『グロリア物語』原作を手掛けた作家ルパート・ヒューズのインタビュー)

She is not only a famous beauty, but an actress of unusually thorough schooling and magnetism, high spirit and peculiarly human appeal. She has also an extrordinarily flexible pantomimic gift, and what is known as « screen value, » to a degree that might be called « screen genius. » (Rupert Hughes Interview in Motography Magazine 1916 April 22 Issue)

『オズの魔法使い』は技術・技法的に、そして美学的にも戦前ハリウッドの集大成と呼べる一作でした。そこに初期ブロードウェイやサイレント映画時代の経験値を持ちこんでいたのがビリー・バークだった、と見ることもできます。

サイン入りの絵葉書は英ロータリー・フォトグラフィック・シリーズの一枚で、英国南部の町ボーンマス在住のS・マクブロック嬢宛に送られています。消印はロンドン局1909年5月26日付。もう一枚同嬢が所有していたサイン無しの絵葉書とセットで入手したものです。

[IMDb]
Billie Burke

[Movie Walker]
ビリー・バーク

[出身地]
合衆国(コロンビア)

[誕生日]
8月7日

[データ]
8.8 × 13.7 cm

1909 – 9.5mm 『好敵手(良き猫には良いネズミ)』(À bon chat, bon rat)

ベッドで仲良くごろごろしている猫とネズミを撮影した一分ほどの映像。カミーユ・ドゥ・モーロン監督による1909年作品。市販9.5㎜フィルムとしては最初期のカタログ番号14番で発売されました。

原題「ア・ボン・シャ・ボン・ラ」はフランスのことわざで、敵であっても尊敬できるなら切磋琢磨しあえる相手に変わる意味で使われます。

An Early Cat-and-Mouse-Styled Proverbial Short Film by Camille de Morlhon

[タイトル]
À bon chat, bon rat

[製作年]
1909年

[IMDB]
tt0432634

[メーカー]
仏パテ社

[カタログナンバー]
14

[フォーマット]
9.5mm (ノッチ有) 20m *1リール