「讀切新講談:ジゴマ」(久呂平 著、日本實業新報 1912年9月 通巻第163号)

「『ジゴマ』/ヴィクトラン・ジャッセ [Zigomar / Hippolyte-Victorin Jasset]」 より

「讀切新講談:ジゴマ」(久呂平 著、日本實業新報1912年9月)

西洋の石川五右衛門といふジゴマは活動寫眞で大評判、以来ジゴマの眷属が八方に擴がつて、昨今では日本ジゴマなどが製造致されましたが初めは仏蘭西のル、マタン新聞に掲載された同國のサージ氏の作品が本物で其れを活動に仕組んでから雑多のジゴマが湧き出した譯で厶います、茲には其本ジゴマの内の極々面白い荒筋を伺ひまする。

「讀切新講談:ジゴマ」(久呂平、『日本實業新報』、1912年9月 通巻第163号)

「讀切新講談:ジゴマ」挿画

『ジゴマ』前後編(オリジナル三部作の最初の二作)が話題を呼び、一方で物議を醸していた最中に日本實業新報に掲載された一回読切のあらすじ紹介。冒頭に作者からの簡明な説明が置かれた後、『ジゴマ』『ジゴマ後編』の大筋を5段組み1頁にまとめたもの。中段に置かれた似顔絵が特徴をよく捉えています。

1912年 『ジゴマ後編(ポーリンの殉職とニック・カーターの復讐)』(イポリット・ヴィクトラン・ジャッセ、エクレール社)EYE映画博物館収蔵プリントと日本語版あらすじ

「『ジゴマ』/ヴィクトラン・ジャッセ [Zigomar / Hippolyte-Victorin Jasset]」 より

オランダのEYE映画博物館が保存しているJean Desmetコレクションのひとつで2019年8月に同博物館YouTubeチャンネルで公開されたもの。字幕はオランダ語で最後に幾つかフランス語が混じっていました。フランス公開時の原題は Zigomar contre Nick Carter (ジゴマ対ニック・カーター)。日本公開時の邦題は『ジゴマ後編』

ヴィクトラン・ジャッセによるジゴマ連作としては1911年の『ジゴマ』に次ぐ作品ですが、サジイ小説版には探偵ニック・カーターが登場するエピソードはなく脚本は映画版の完全オリジナル。EYE映画博物館だけではなくフランスのパテ/ジェローム・セイドゥ基金にも35ミリプリントが保存されており、2018年に特集企画の一環として上映された記録が残っています。

Zigomar contre Nick Carter (Ciné-Journal n.185, mars 1912)
シネ・ジュルナル誌1912年3月9日号の広告

シネ・ジュルナル誌では1912年3月9日号(第185号)と16日号(第186号)の2回に分け講評と第1部〜第4部あらすじが掲載されていました。オランダ語字幕では人間関係や展開が追いにくいためシネ・ジュルナル版のあらすじをさらに要約してみました:

物語は前作にも登場していた探偵ポーリンが自宅で爆破テロに遭う場面から始まります。辛くも一命を取り留めたものの重傷を負ったポーリン探偵。その知らせを受けた探偵ニック・カーターはポーリンを見舞いジゴマの捕縛に乗り出していきます。ニックが捜査を始めるとすぐにジゴマの手下たちが階段の踊り場で事故に見せかけた暗殺を謀ります。危難を逃れたカーターは手下たちの一人である女性オルガを味方に付けることに成功しました。(第一部)

ジゴマは部下の一人を自分そっくりに変装させ身代わりにします。ニック・カーターは一旦はジゴマ逮捕に成功するのですが捕まえたのは影武者でした。ジゴマは金庫破り、旅行者の誘拐など悪行の限りを尽くしていきます。探偵はマルセイユでの秘密会議に潜りこむことに成功、しかし変装を見破られ危うく処刑されそうになります。巨石で圧死しかけていたニックを救ったのはオルガでした。(第二部)

トゥーロンの酒場の地下に阿片窟があり、ニック・カーターはジゴマ捕縛のため変装して潜入捜査を行っています。しかしオルガと共に逆に追われる立場となり、自動車の追跡劇の末、再び悪党の手に落ちるのでした。(第三部)

ニック・カーターとオルガは紐で縛られ農家に監禁されていました。火に包まれた農家から脱出するも、退路を阻まれ別行動を余儀なくされます。ニックは無事逃れたものの海に飛びこんだオルガは力尽きジゴマの下に引き渡されるのでした。ジゴマは裏切者に報復すべく女を馬に括りつけ引き回しの刑にします。瀕死のオルガは農夫たちのおかげで一命を取り留めます。ニック・カーターは敵を油断させるため自分が死んだという偽りの死亡広告を出します。ジゴマ一団が祝杯を上げている最中にニックと警官一団が踏みこみ、遂に悪党を逮捕したのでした。(第四部)

この作品には監督ジャッセの映画史観が色濃く反映されています。同氏が1911年に発表した映画論「活動写真監督術考」日本語版の全訳を来週投稿の予定です。

[IMDb]
Zigomar contre Nick Carter

[Movie Walker]

[公開年]
1912年

[制作会社]
L’Eclair

[註]
EYE映画博物館「Jean Desmetコレクション」

1912 – スタンダード8 『セージブラシュ峡谷の女神(The Goddess of Sagebrush Gulch )』(米バイオグラフ社、D・W・グリフィス監督、ブランシュ・スウィート主演)

「8ミリ 劇映画」より

炭鉱の町、セージブラシュの谷に住まううら若き娘ガートルード(ブランシュ・スウィート)は町一番の別嬪として知られていた。ある日、娘が毒蛇に襲われたところをピート青年(チャールズ・ウェスト)が間一髪で助け出した。戀に落ちた二人、だが幸福な時間は長く続かなかった。ガートルードの妹(ドロシー・バーナード)が都会から戻ってきた時、ピート青年は洗練された美しさに心奪われてしまったのである。二人の仲睦まじい様子を見たガートルードは身を引いて峡谷を離れる決心をした。荷物をまとめたガートルードが谷を抜ける道を歩いていると、街の荒くれ者たちがひそひそと相談している声が聞こえてきた。ガートルードの妹が隠し持つた大金を奪い去ろうと画策している最中であった。自分の幸せを奪った二人が不幸になる様を想像しガートルードはほくそ笑んだ。それでもふと我に返る、二人の命が危ない。荷物を放り出した娘は駆け戻り人々に助けを求めるのであった…

D・W・グリフィス監督初期作品の一つながら現在DVDで発売されているグリフィス短編集(キノ・インターナショナル社の『バイオグラフ短編集(Griffith Masterworks: Biograph Shorts)』、映画保存協会の『発見の日々(Griffith: Years of Discovery 1908-1914)』、グレープヴァイン社の『監督グリフィス(D.W. Griffith: Director)』シリーズ)いずれにも収められていない作品。

前半は西部を舞台にした恋愛ロマンスが進んでいき、途中から話が劇的に動いて銃撃戦や火事場の救出劇へと流れていきます。転換点となるのがヒロインの表情の変化で、「ざまあみろ」風に笑っていたブランシュ・スウィートの顔がふと怯えを見せ現実に引き戻された場面をきっかけに作品が一気に変質していきます。

GOSG (9)a

初期グリフィスの緊張感の保ち方、心理劇とアクション劇の連動のさせ方は同時期でも頭一つ抜けており、本作の様なマイナーな作品でもその実力は発揮されています。遥か昔、学生時代に映画館で短編をまとめて見た時から「グリフィスの最良・最強の時期は1912-14年である」と確信していて『セージブラシュ峡谷』でもその思いを強くしました。

[公開年]
1912年

[IMDB]
The Goddess of Sagebrush Gulch

[Movie Walker]

[メーカー]
米ブラックホーク社

[メーカー記号]
810-34-819

[フォーマット]
Standard 8mm 200フィート (60m)

1912 – スタンダード8 『若き女電信技手の勇猛(The Grit of the Girl Telegrapher)』(米カレム社、アンナ・Q・ニルソン主演)

1912-the-grit-of-the-girl-telegrapher-011912-the-grit-of-the-girl-telegrpher-standard8-s

kalem-kalender-1912-august-the-grit-of-the-girl-telegrapher
『カレム・カレンダー(Kalem Kalender)』1912年8月号、14-15ページ

電信技手ベチーの許婚は汽車専属の警官で、街の外からの呼び出しを受け、ベチーに手錠を託してその場を去った。程なくしてベチーが受け取った伝言には、列車内のスリとして悪名高い「煙巻きのスミス」を探し出せ、と事細かな描写が添えられていた。駅に現れたスミスは見破られないだらうと高をくくり、近くの宿に部屋を取つた。

ベチーはこの男こそ電報のスミスに違いないと確信し、手錠をポケットに忍びこませ宿屋へと向かった。呑気な泥棒は他の若い宿泊客と鬼ごつこに興じている最中であつた。ベチーがこれ幸いとスミスに手錠をかけると男は忽ちにしてその本性を現して一帯を混乱に陥れた。しかしベチーはこれを制して男を駅に閉じこめるに成功した。

何とか逃げ出したスミスは蒸気機関車に乗りこみ、速度を上げさせて駅を出立せしめた。しかしながらベチーは泥棒が高跳びしたのに気がつくともう一台の機関車に飛び乗り、機関士に先の車両を追うよう説得したのであつた。派手な追跡劇の後に泥棒は捕縛された。男を連行した機関車が駅に戻ると、婚約者が降りてきてスミスを引き受け、若き電信技手の勇猛を称えたのであつた。

『カレム・カレンダー(Kalem Kalender)』1912年8月号、14-15ページ

BETTY’S fiance, a railroad detective, is called out of town on private business and leaves his handcuffs in the care of the girl telegrapher. Shortly after the detective’s departure Betty receives a message to be on the lookout for Smoke-Up Smith, a notorious thief — a full description being given. Smith appears at the station, feeling assured that he will not be recognized and engages quarters at a nearby boarding house.

Betty, fully convinced that Smith is the person described in the message, slips the handcuffs into her pocket and goes over to the boarding house, where the happy-go-lucky thief is playing “blind man’s buff » with the young boarders. This gives Betty an opportunity to slip the irons on Smith and he immediately shows his true identity by the disturbance he causes, ere he is imprisoned in the station.

Smith manages to escape and, entering a locomotive, speeds down the track and out of the yards. Betty, however, discovers the flight of the thief and hastens to another engine, prevailing upon the engineer to steam up and follow in pursuit. A thrilling chase takes place and the criminal is captured. As the locomotive returns with the prisoner, the detective steps off a train and taking charge of “Smoke-Up,’’ congratulates the young operator on her bravery.

蒸気機関車を大きく扱い、駅構内に勤める女性を主人公としたアクションドラマ、という非常にピンポイントな短編映画がハリウッドでは1911年頃から盛んに作られるようになりました。その嚆矢となったのがグリフィスの『女の叫び』(The Lonedale Operator、バイオグラフ社、1911年)で、この流れはすぐにハリウッド史上最長の連続活劇『ヘレンの冒険』(The Hazards of Helen、カレム社、1914年)へと繋がっていきます。

この両作品を結び付けていくのが1912年のカレム社作品『若き女電信技手の勇猛』でした。主演は北欧系の若手女優として頭角を現していたアンナ・Q・ニルセン。ルース・ローランドやヘレン・ホームズ他のカレム社活劇女王と比べて背が高くスラリとした存在感があり、ワンピース姿で拳銃を手に悪漢を追いつめていく展開はかなりの迫力がありました。

ストーリーは訳出した通りですが、編集のテンポが良く文字で読む以上にスピーディー。ヒロインが電信を受け取る場面を長回しで寄って撮っていたり、二台の蒸気機関車の追跡では連結器の結合を丁寧に描くなど作りが丁寧です。

カレム社はこの時期に同系統の作品(『1862年鉄道急襲事件秘話(The Railroad Raiders of ’62)』『時との闘い(A Race with Time)』)を幾つか作っており、ここで蓄積されたノウハウが『ヘレンの冒険』を生み出していきました。米連続活劇が好きなら見ておいて損のない作品だと思います。

フィルムは英レスター在住のB・V・ベイツ氏の旧蔵品。オイミッヒの400フィートリールにグリフィス初期短編(「The Narrow Road」)と一緒にマウントされていたものです。クレジットは取り除かれていましたが米ブラックホーク社プリントだと思います。

[タイトル]
The Grit of the Girl Telegrapher

[公開年]
1912年

[IMDB]
tt0229427

[メーカー]
米ブラックホーク社?

[メーカー記号]
810-653?

[フォーマット]
Standard 8mm 200フィート (60m)

1912 – ノーマル8 『コレッティを探せ』(1912年、マックス・マック監督)

defa-wo-ist-coletti-normal8s

1912年に公開されたドタバタ喜劇。「探偵コレッティを48時間以内に捕まえることができたら100万マルク進呈!」の広告に人々が踊らされていく様子をコミカルに描いていきます。定番の追跡から女装まで様々な要素をコンパクトに詰めこみ、ベルリン市街地での撮影で都市風景をうまく取りこんでいます。

ヒロイン役で登場しているのは英女優のマッジ・レッシング。1900~10年代の綺麗目ポストカードも多く残っている女優さんながら、本作ではかなりはっちゃけた感じでドタバタを楽しんでいます。また途中に初期の個性派俳優として知られるハインリヒ・ピール(Heinrich Peer)も登場しています。

wo-ist-coletti-13-madge-lessing
女装中のマックス・マック(左)とマッジ・レッシング(右)
wo-ist-coletti-03
ハインリヒ・ピール(右)

[原題]
Wo ist Coletti?

[製作年]
1912年

[IMDB]
tt0003565

[メーカー]
独DEFA社

[カタログ番号]
222

[フォーマット]
ノーマル/スタンダード8 60m(無声)

1912 – 9.5mm 『消えゆく民 アイヌの人々』(仏パテ・フレール社作品)

「9.5ミリ動画 05f 科学/歴史/地誌/産業」より

1912年末にフランスで公開されたほぼ同名の作品を9.5ミリ用に再編集したもの。この作品については海外の映像研究家が論文を発表(『オリエンタリア』2017年第17号)しているため、一旦そちらを参照させていただきます。

アイヌの民が登場してくるもう一つの1912年映像作品は『消えゆく民 アイヌの人々』(英題:The Hairy Ainos)で、パレ・フレール社の製作によるものであった。同社は1902年に映画技術の特許を購入、時事映像の分野でリュミエール兄弟の後を継いだ。忽ちにしてパテ・フレール社は当時最大の映画製作会社となり、1909年に日本にも拠点を設立している。『消えゆく民 アイヌの人々』は長さにして僅か三分足らずの作品である。冒頭ではチセ(アイヌ式住宅)の前に立った四人の男性、次いで四人の女性が映し出される。字幕により、アイヌの人々は大半が猟と漁で生活しているとの説明が入る。次の場面では、海を背景として女性と子供とが歩いてくる。さらに丸木舟に乗った二人の男性が登場。

『消えゆく民 アイヌの人々』が公開された時期、原初の映画術でもたらされた驚きはすでに乗り越えられていた。このパテ社作品には儀式などの伝統から一旦距離を置き、日常生活に密着したいとの意思を読み取ることができる。旧来の時事映像作品と違い、リュミエール兄弟の下でアイヌ民族を撮っていたジレル氏が描いた古い舞踏であるとか、その他の特徴的な要素は本作にない。その代わりとして、朽ちた小屋の前で子供をあやしている女性が登場するのだ。広角レンズで撮影された老人も儀式用の服は着ておらず、頭にラウンペはなく、髭もほとんど見ることはできない。

マルコス・センテノ=マルティン
「表象外の眼差し:初期映画におけるアイヌ民族の描写について」
(『オリエンタリア』2017年第17号)

The other film featuring the Ainu people in 1912 is entitled Un peuple qui disparaît, les Aïnos (aka The Hairy Ainos) and was produced by Pathé Frères Company, which had bought the cinematograph patents in 1902 and succeeded the Lumière brothers in the production of actulités. Very soon, Société Pathé Frères became the biggest film production company of the time, and in 1909, it established headquarters in Japan. Un peuple qui disparaît, les Aïnos, which only lasts for three minutes, begins with four men followed by four women posing before a chise and an intertitle explaining that the Ainu were mainly hunters and fishers. In the next scene, a woman and a child are seen walking with the sea in the background and afterwards, two men enter scene on a chip (Ainu canoe). […]

When Un peuple qui disparaît, les Aïnos was released, the astonishment produced by primitive cinema was already overcome. Pathé film demonstrated an interest to move away from ritualized traditions and a willingness to get closer to everyday chores. Unlike previous actuality films, this footage does not contain traditional dances or other distinctive elements depicted by Girel. Instead, the sequence features a woman and her child before a dilapidated hut; a wide shot framing an elderly man who does not wear the ceremonial clothes nor any raunpe on his head, and his beard can be hardly seen.

Centeno Martín, Marcos
“Gazes outside the Representation. Early Film Portrayals of the Ainu People (1897-1918)”,
Orientalia, issue 17, 2017, pp. 189-211

筆者センテノ=マルティン氏は実際に北海道を訪れ、アイヌ民族についてのドキュメンタリー映画(“Ainu. Pathways to memory”)も監督されている人物です。論考後半では、タイトルの「消えゆく」という表現が同時期にアメリカン・ネイティヴに使われていた(1925年出版のゼイン・グレイの小説『滅び行く民族(原題:The Vanishing Americans)』)点にも注意を促していました。

映画の発明当初から少数民族への興味は見られたものの、独自の踊りや入墨、髭といった表層的な関心が優先されていたのに対し、『消えゆく民 アイヌの人々』では生活に密着していく発想が顕著となり、結果として表現されている「リアリティ」の質が変化している、というのがセンテノ=マルティン氏の主張の一つです。

異文化との接触・理解は段階を置いて進んでいくものですし、当初の好奇の眼差しが次第に研ぎ澄まされていくという話は一般的に見ても分かりやすいのではないかと思われます。

[タイトル]
Les Peuple qui disparaissent. Les Ainos

[原題]
Un peuple qui disparaît, les Aïnos

[IMDb]

[メーカー]
仏パテ・フレール社

[公開]
1912年

[仏パテ社版カタログ番号]
1230

[フォーマット]
20m(1977フレーム、13fps、3分)、無声、ノッチ有

1912- 9.5mm 『ナピエルコウスカ嬢のカンボジア風舞踏』(1912年)

「9.5ミリ動画 05a 劇映画」より

1912 9.5mm Napierkowska : Danses Cambodgiennes

ギリシヤの彫像のやうにすらつりつとした姿整で、華やかな衣装をつけてゆつたりとした態度の中に人をひきつけるその踊り子は、カンボチヤンダンスの不思議な現はれであります。中にも一座のスターは他のきらく數多の踊り子眞中に、更に一段と輝いて居るのを御覧ください。

『パテーベビーフヰルム 解説書 No. 1』
(大橋善次郎編集・出版、1926年)

仏パテ社が9.5ミリ小型映画を最初に売り出した時にカタログに含まれていた初期のフィルムで、1912年に公開された中編映画(『La Fièvre de l’or』)の一場面を抽出したもの。

映画全体は金銭欲に取りつかれた男が亡父の銀行を乗っ取り投資ブームを仕掛け、人々が踊らされていく内容を描いています。途中の祝宴場面に使用されていたのがスタシア・ナピエルコウスカによるカンボジア風の舞踏でした。

[タイトル]
Danses Cambodgiennes

[原題]
La Fièvre de l’or

[製作年]
1912年

[IMDB]
tt0250381

[メーカー]
仏パテ社

[カタログ番号]
47

[フォーマット]
9.5mm (ノッチ有) 10m *1リール

ジーナ・パレルム Gina Palerme (1885 – 1977) 英/仏

Gina-Palerme

記憶をどこまでさかのぼつてみても自分が悪魔に憑かれていたのだと思うのであります(演劇の悪魔ですが)。十になるかならぬかの私は仲間とともに「ごっこ遊び」に熱中しておりました。今となっては可笑しいほど一生懸命に、ある時は聖王ルイとなつて正義の鉄槌を下しあるいはジャンヌ・ダルクとなって火刑台に立ち、ナポレオンとしてアルコール橋を渡ったのです。[…]

巴里で束の間舞台に立つた後、英国舞踏を習得しようとイギリスに渡りました。半年の滞在予定が気が付いてみると七年、その合間に一介の踊り子からデューク・オブ・ヨーク劇場支配人にのぼりつめていました。

「ジーナ・パレルム自分語り」
シネア誌1922年2月10日付40号

Aussi loin que je remonte dans mes souvenirs, je me vois possédée du démon… (de la comédie). A dix ans, ma passion était « les tableaux vivants ». Au milieu de mes camarades le jeu, j’incarnais, avec un sérieux comique à voir, Saint-Louis rendant la justice, Jehanne d’Arc montant au bûcher, ou Bonaparte au pont d’Arcole […]

Après un très court séjour sur les scènes parisiennes, je pars en Angleterre pour me perfectionner dans la danse anglaise. Je devais rester là-bas 6 mois, j’y reste 7 ans, pendant lesquels je gravis tous les échelons de chorus-girl à directrice du théâtre Duke of York.

Gina Palerme par Gina Palerme
Cinéa, No 40, 10 Février 1922

1910年代初頭、イギリスの軽喜劇で人気を博したのがジーナ・パレルムでした。1920年代になって生まれ故郷のフランスへと戻り(「こちらでは誰も私の名前など知りませんでした」)映画女優の活動を開始。ロジェ・リオンやアベル・ガンスの作品に出演しています。

ガンスが1920年代半ばに発表したコミカルな奇譚『ヘルプ!(Au secours!)』ではマックス・ランデ演じる主人公を正気に戻す許婚の役を演じていました。

Gina Palerme in Abel Gance's Au secours! (1924)
アベル・ガンス監督作品『助けて!』より

サイン絵葉書は、イギリスで舞台デビューを果たした『クエーカー・ガール』公演時の一枚。向かって左側、「クエーカー・ガールの思い出に!(Souvenir de Quaker Girl!)」の一文。裏面に旧所有者の筆跡で1912年の文字も残されています。