1917 – スーパー8 『移民』(Bネガ 東和版 1970年代初頭)

「8ミリ 劇映画」より

手持ちとしては4種類目となる『移民』のプリント。チャップリンがミューチャル社と契約していた時期に制作された作品はしばしば「ミューチャル短編」と括られます。しかし実際にミューチャル社のロゴを持つ最初期のプリントは『午前一時』を除くと見つかってないそうです。

1917-the-immigrant-jp-super8-06
(左)東和版8mm (中)UK版9.5mm(右)フリッカー・アレイ版DVD

左二つは国外向けBネガ由来で、船酔いした左のロシア人がカメラを見ています。右のAネガ由来のDVDではチャップリンがカメラを直視しています。


credit
« Towa Company, Ltd.
Presents »

ネガやアウトテイクの流れをタイムラインで追っていくと次のようになります。

1919年、『移民』の制作元であるローン・スターフィルム社がミューチャル短編をクラーク・コーネリアス社に売却。この売却には米国内用のネガ(Aネガ)、輸出向けネガ(Bネガ)、さらに75万フィートに及ぶアウトテイクが含まれていました。

クラーク・コーネリアス社はロゴと字幕を新たに作り直し「チャップリン・クラシック・デラックス」シリーズと名付け、1920年から米国内での再公開を行っていきます。クラーク・コーネリアス社は1923年に一度発展解消、CCピクチャー社と名前を変えます。それでも「チャップリン・クラシック」のロゴは生き続け、1925年まで国内各地で上映が続けられていきました。

しかし時代に波にのまれ次第に売り上げは低迷、多額の負債を抱えたCCピクチャー社は借財返済のため二種類のネガとアウトテイクをオークションにかけます。1925年3月、国内向け/輸出向け2種類のネガの版権を買い取ったのがルイス・オーバック(Louis Auerbach)でした。同氏は自身が社長となり設立したミューチャル・チャップリン社に権利を売却します。

この時期に米コダスコープとの話が持ち上がり同社が16ミリのレンタル権を取得します。また国外向けに仏パテ/英パテスコープとの契約が結ばれ9.5mm形式のフィルム販売が行われていきます。両者の元になったのはチャップリン・クラシック版ですが16mm/9.5mmいずれも元々の形ではなく、細かな改変が行われたそうです。

1917~18年に実写されていたミューチャル版が発見されれば全ては解決されるはずですが、それが叶わない現在、1920年代前半に使用されていた「チャップリン・クラシック」を元に「正規版」の再構成が行われています。2014年にフリッカー・アレイ社から発売された『チャップリンのミューチャル喜劇 1916-1917』に至るまで、専門家が集まってできる限りオリジナルに近づけようとしているのです。

しかしながら「チャップリン・クラシック」版をベースにしていくと足りないパーツがあるようだ、ということが分かってきます。1917年のオリジナル公開時、著作権登録のために作品を要約した文章が残されていて、そこに書かれている幾つかの場面が見当たらないのです。

例えば(1)冒頭、船上でチャップリンが船酔いしたロシア人と出会った後、臭気に耐え兼ね船の逆側に逃げ出したところ、母に背をさすられ嘔吐している息子の場面があったとされています。また(2)食堂でヒロインと出会ったチャップリンが、食堂を出た後の場面があったとも記されています。

この場面は現時点では確認されておらず、フリッカー・アレイ版のDVD/ブルーレイにも収められておりません。ただ、数人の専門家が「昔TVで観た版にはあった」と記憶を頼りに証言。しかもその一人は「2000年頃、日本のテレビで見た『移民』にその場面があった」とのこと。

Two missing scenes from the Flicker Alley’s 2014 Blu-ray/DVD version. (left) « with his mother’s assistance he manages to empty the contents of his anatomy in a series of volcanic spasms »(right) « … necessitating a hasty grip on his mouth and a dash to therailing outside »

「ノーカット版」とされた今回の日本語字幕版8ミリはその意味で興味深い物でした。実際に「母親が嘔吐する息子の背中をさすっている場面」「食堂から出ていくチャップリンの後ろ姿」、他にもフリッカー・アレイ版に存在していない短い場面が幾つも含まれています。

食堂でのチャップリン/エドナを捉えている角度から、この8mmプリントがBネガ(輸出用ネガ)を元にしているのも確認できます。『移民』の日本初公開は1918年ですので、その際に輸入されたプリントから派生してきたものであるとすると「チャップリン・クラシック」以前、ミューチャル社配給によるプリント(ただしBネガベース)なのかなという印象です。

1917-the-immigrant-jp-super8-09
1917-the-immigrant-jp-super8-10

(left) Japanese super8 (center) UK pathescope 9.5mm (right) Kodascope 16mm

同じBネガ由来の英パテスコープ版と比べてみると、UK版はアスペクト比(縦横比率)がおかしくなっていて、やや横が圧縮されていると分かります。東和版のエドナの方がややふっくらして見えますがこちらが元の比率。ただしトリミング幅も大きいです。コダスコープ版はAネガ由来のため撮影角度が異なっています。

正規版は本国初公開版(Aネガ)の再構成を目指していてBネガの出番はあまりないとも言えます。また2リール物=約24分程度にまとめたい、という整合性の問題も発生します(東和版は30分ほどの長さ)。それでも、本国の専門家すら見たことのない場面が日本のお茶の間で普通に放送されていたのが面白いところ。子供の頃に何度も見たあの『移民』にはお宝が隠されていたのでした。

参考文献
Chaplin’s Vintage Year: The History of the Mutual-Chaplin Specials / Michael J Hayde (2014年) Google Booksにて購入

大正6年(1917年) ルース・ローランド主演 『ネグレクティッド・ワイフ』 宣材 印刷メッセージ付きダイレクトメール

01

パテ社が自社作品の『ネグレクティッド・ワイフ』宣伝のため直々に製作した絵葉書で、1917年6月12日に投函された消印があります。受取人はロンドン、ブロックリー在住のエイミー・リチャードソンさん。

「新作の『ネグレクティッド・ワイフ』をご覧にはなられましたか。必ずやお気に召すものと信じております。これまでに自分の主演した連続物で一番の出来映えと自負しております」

などなど、メッセージ面には主演ルース・ローランドの「手書き風」メッセージが印刷されており、その下に青のインクで「1917年5月13日公開」のスタンプあり。

02-m

当時の映画会社の宣伝活動については十分な研究は残されていないようです。届けられたファンレターなどから住所氏名をリストアップしていき、この種のDMを送ることで効率の良い宣伝をしていたのではないか、と思われます。

葉書の縁に一か所大きな欠けがあって、ピンで留めていた跡から破れたものではないか、と。見えるところに留めていた位ですので、費用や労力をかけるだけの宣伝効果はあったようです。

1917 – Standard8『二重十字の秘密 第8章』

巨額の遺産の謎を追い、ブリジェイ一味の悪行を暴こうとしているピーター。新聞記者のディックの協力を得て悪党一味の拠点へと侵入するが見つかって小部屋へと閉じこめられてしまう。覆面男の手を借りて魔手を逃れ、金庫の書類を狙ったブリジェイを阻止しようと向かうのだが逆に返り討ちにあい、警察に捕まって留置されてしまう…

15話物の半ばまで差し掛かり、登場人物も一通りそろう形で物語は佳境へと進んでいきます。

[原題] The Mystery of the Double Cross Ch. 8 : Stranger Disposes

[製作年]
1917

[IMDB]
tt0008355

[メーカー]
Blackhawk

[フォーマット]
standard8

1917- standard8『二重十字の秘密 第5章』

「8ミリ 劇映画」より

第5章は「生の流れ」と名付けられています。

相続の謎を握る「二重十字の娘」がフィリッパ(モリー・キング)だと信じたピーターとブリジェイは女性にアプローチを始めます。どちらに好意を寄せているのか分からず、場面によって正反対の態度・発言を見せる謎めいたフィリッパ。もう一人そっくりさんの女性が出てきそうな展開です。

後半は悪党一味によって捕らえられたピーターが覆面の男によって助けられます。病院へと運ばれたピーターと手術を妨害しようとする悪党たち。奸計をいかに阻止するか。

エピソードの冒頭ではブリジェイ一味に協力する黒髪の女性が新たに登場。クレジットがありませんが、1920年に若くして亡くなった女優クラリン・シーモアさんではなかろうかと思われます。

[原題] The Mystery of the Double Cross Ch. 5 : Life Current

[製作年]
1917

[IMDB]
tt0008355

[メーカー]
Blackhawk

[フォーマット]
standard8

1917- standard8『二重十字の秘密 第3章』

「8ミリ 劇映画」より

1917年に公開されたモリー・キング主演の連続活劇。

遺産相続のため故郷に戻ろうとしていた青年ピーター・ヘイル(レオン・バリー)が客船で謎の女性(モリー・キング)と出会い、その魅力に惹かれながら遺産を巡る悪党一味の暗躍に撒きこまれていく物語です。

本作は全エピソードが現存している数少ないハリウッド連続活劇のひとつ。今回は全15章のうち3章分を手に入れることができました。

第3章は『余命は一時間(An Hour to Live)』と題されています。悪漢に拐かされたピーターが体を固定され、時限装置付きの拳銃で頭部を狙われます。覆面男の活躍で一命を取りとめるまでが大きな流れで、サイドストーリーで遺言状や「二重十字の娘」の謎が解き明かされていきます。

[原題] The Mystery of the Double Cross Ch. 3 : An Hour to Live

[製作年]
1917年

[IMDB]
tt0008355

[メーカー]
Blackhawk

[フォーマット]
standard8

大正6年公開『シーザーの御代』 セダ・バラ&サーストン・ホール直筆署名

1917年セダ・バラ直筆サイン1917年サーストン・ホール直筆サイン

セダ・バラは1910年代のヴァンプ女優で最も人気の高かった一人です。ミステリアスな印象はメディア上の演出(経歴詐称あり)で作り出されたものでしたが、そんなハッタリやケレン味も含め、この時期の象徴として存在感を放ち続けているのが面白いところです。

『シーザーの御代』(大正6年)の公開時、販促イベントの折に出演者(セダ・バラとサーストン・ホール)がシェークスピアの『ジュリアス・シーザー』の書籍ページの切れ端に直筆サインを残しています。頭文字Tを書くとき、万年筆の先端が紙に引っかかった跡がリアルです。

Theda Bara (1885 – 1955)

[IMDb]
nm0000847

[誕生日]
7月25日

Thurston Hall (1882 – 1958)

[IMDb]
nm0356159

[誕生日]
5月10日

ブライアント・ウォッシュバーン Bryant Washburn (1889 -1963) 米

bryant_washburn01

サイレント映画時代から第二次大戦後に渡り350を超える作品に出演、晩年は渋みのある性格俳優に成長を遂げていきましたが、1910年代は品のある青年として多くの作品に主演しています。

Bryant Washburnin A Very Young man (with Helene Chadwick)

「季節のご挨拶です(Greetings of the season)」の一文を含めた献辞とサインは1917年に書かれたものです。

[IMDB]
nm0913341

[誕生日]
4月28日

[出身]
米国

[コンディション]
A-