大正10年(1921年)『活動花形改題 活動之世界 7月号:海の美人號』

表紙
映画雑誌の先駆けとして知られる『活動之世界』は1919年に廃刊となっています。大正10年(1921年)7月号の文字を見つけた時は二度見しました。「活動花形改題」?

この年、『活動花形』誌の編集体制が変わります。同誌を立ち上げた富田孝久氏が経営を退き、友人の齋藤芳太郎氏が社長に就任。

曾て大正五年一月より「活動之世界」を發刊せられたる井出正一氏と、井出氏の逝去の後井出夫人鈴木百合子氏に依りて繼續せられた活動之世界が、幾何もなくして廢刊の悲運に遇ひ、其後鈴木氏は映畫説明者の第一人者生駒雷遊氏に嫁したる爲め、再び活動之世界の出現を見る能はざるを遺憾とし、此處に活動之世界と改題した次第であります。

(「花形改題大發展に就きて」齋藤芳太郎)

井出氏元夫人で、すでに業界を離れていた鈴木百合子氏に許可を取った上での改題だったようです。意地悪な見方をするとブランド価値が残っている時点で名を乗っ取った展開ですよね。生駒雷遊との再婚話も含め、当時の映画雑誌業界の裏舞台が透けて見える興味深い内容です。

雑誌は「海の美人號」と題され水着姿を中心としたグラビアが前半1/3程を占めています。ミルドレッド・デイヴィスやノーマ・タルマッジ、マリー・プレヴォストなど現在でも名前が知られている女優たちが登場。ダグラス・フェアバンクスとの共演で知名度を上げていったアイルランド系のアイリーン・パーシーの顔も見えます。

記事では齋藤芳太郎氏による決意表明「花形改題大發展に就きて」、ヴァイタグラフ社の沿革紹介、ドイツ映画界の注目すべき女優紹介「正直なレンズ」、井上正夫主演『寒椿』作品評、読者による人気投票の中間発表が目を引きます。

映画を読み物化したコーナーには『陸軍のパール』『喘ぐ靈魂(ボディ&ソウル)』『寒椿』『甲賀伊賀守』の4作を収録。1921年はパール・ホワイト人気に陰りが見え始め、連続活劇から離れていた時期に当たります。愛好家が物足りなさを覚えているタイミングで唯一日本未公開だった『陸軍のパール』が封切られ盛り上がったようです。『甲賀伊賀守』は松之助の後期作で脇を固めるのは片岡松燕、長正、嵐瑠珀、大谷鬼若ら馴染みの役者たち。

呪文を稱へると二人の體は宙を飛んで今しも渡船を上つて意氣揚々として來かゝる團野逸平の行手を擁し忍術の極意を見せて奇々怪々の現象を演じ出し散々に逸平等を惱ました。

(『甲賀伊賀守』)

個人的な収穫は鈴木笛人氏による「独逸映畫界の今日此頃」でした。ハリー・ピール監督活劇『天馬』への言及を見つけました。

『天馬(てんば)』(ヴァイタスコープ社の作ルドウイツヒ・トロウトマンの演じたブラウン、探偵劇の中で最も成功したものです。戰前独逸探偵活劇の隆盛は此の映画の出現に依つて初まりました。)此の映畫程客を呼んだ映畫はありません。餘り頭腦の明晰でない-と云つては失礼かも知れませんが事實だから仕方ありません-活動屋さんも、此の『天馬』のことだけは末に記憶して居ます。そのブラウン探偵事トラウトマン氏は現在自社を設けて居ます。

『天馬』は『松竹8mmライブラリー 日本映画史 前編』に抜粋が収められていました。『ジゴマ』から数年遅れて人気を博した作品ながら、『活動之世界』や『キネマ旬報』創刊前の公開作のためリアルタイム評がなく原題すら分からないままでした。鈴木氏の記述を元にすると1914年の「ブラウン・ビースト(Die braune Bestie)」でほぼ間違いないかな、と。

また同氏は1914年の帝國館でスチュワート・ウェブス探偵劇を見ています。

丁度、ブラウン探偵の全盛期、ブラウン探偵の向こうを張つて、ウエツブ探偵といふのが現はれました。『地下室』と云ふ題で大正三年の夏頃帝國館で見た記憶がありますが、此のウエツブ探偵劇は『ヴエリタス』の作者ヨーエ・マイ氏コンチネンタル・クンストといふ會社-勿論、現在は此の會社はありません-に居た時書いたもので、主人公ウエツブ探偵は其の頃フランクフルトの新劇場に居たエルンスト・ライヤー氏でした。

此のウエツブ探偵は現在でも大活躍をやつて居ます。そしてライヤー氏は自らスチアート・ウエツブ映畫社を起し、最近では『大盗賊』六巻を完成しました。

(「独逸映畫界の今日此頃」鈴木笛人)

アスタ・ニールセンの『女ハムレット』が高く評価され、注目すべき新進女優にエルナ・モレナが挙がっています。第一次大戦によって独映画の輸入が途絶え情報がなくなっていたところに戦後、ドイツ映画再発見の動きがチラホラと。ウーファ社大作路線や表現主義でドイツの存在感が増していく前の段階ながら、すでに鋭い愛好家は「次に来るのはドイツ映画」と予感していたのでしょう。

他にも『カマルグ王』で触れた仏パテ社作品『戀のスルタン』寸評が含まれているなど、国籍を問わず良い作品が次々と紹介されていく勢い、活気が雑誌に漂っています。いつ頃まで続いたのか定かではないものの、新生第一号は『活動之世界』の名に相応しい充実した内容となっています。

1928 -『續水戸黄門』(池田富保)10枚綴り絵葉書セット

「池田富保 関連コレクション [Ikeda Tomiyasu Related Items]」 より

袋01
昭和3年(1928年)に公開された日活オールスター作時代劇の販促品。

フィルムは一部現存していてDVD版も市販されています。二回見ていて、最初に見た時はよく分からなかったが正直な感想でした。面白い・面白くない、出来が良い・悪い以前の問題で、何をポイントに見ていいのか掴めないまま終わってしまった感じでした。

戦後TVドラマ版であれば水戸の御老公、助さん格さん等お馴染みのキャラを中心に勧善懲悪の予定調和を楽しむパターンが出来ています。同じ感覚で昭和3年版を見てしまうと外すのかなと思います。

絵葉書は10枚綴り。黄門一行(山本嘉一、河部五郎、尾上多見太郎)を中心としつつ他の役者も大きく扱われています。楠公の場面では久米譲と三枡豊が登場、海賊姿で啖呵を切る傅次郎の隣に梅村蓉子さんの姿があります。チンピラに絡まれているのは伏見直江さんで、酒井米子さんも町娘役で登場。黄門一行に難癖をつけてくる山賊には新妻四郎が扮しています。

当時の観衆もお気に入りの俳優の登場場面を心待ちにしていて一挙一動に盛り上がっていたのだと思います。その意味で典型的な日活オールスター時代劇。今の時点で完全版を見たら最初から最後まで楽しめる自信はあるのですが、この監督ならもっと高いレベルの映画を作る力があったのに、の複雑な思いも混じっています。

] 映画の郷 [ 電子工作部:PythonとOpenCVでスキャン画像の修復プログラムを作る

昨年10月に自作スキャナーを完成させこれまでに数十本のフィルムをデジタル化したのですが、気になったのがフィルム上の傷や埃がノイズとして入りこんでしまう点でした。

年末の休みを利用し、スキャンした画像の連続自動修復を行うプログラムを書いてみました。作業は基本パソコン上で行いプログラミング言語としてpythonを使用。画像処理ライブラリOpenCVで動かしていきます。

時系列を追った試行錯誤は別枠で詳述。本稿では現時点までの成果をご紹介していきます。

修復対象は1928年公開のジャン・ルノワール作品『城下町の決闘』。スキャンをしてみたところ、以前の映写に由来する深い傷が目立ちました。旧所有者があまり良くない映写機を使っていたと思われ、フィルムの各コマのほぼ同じ位置に大きな傷が入っています。

参考画像01

その他にも埃や繊維と思われるゴミの影が黒く映りこんでいます。それでも画像一枚ならフォトショップで何とかなるのですが、総コマ数が数千~数万となる映画フィルム修復ではあまり現実的とは言えません。或る程度のコマ数を一括処理できるプログラムを書く方が早そうです。

試行錯誤の末、以下の4ステップで修復を行う流れを考えてみました。

【ステップ1:深い傷の一括修復】複数枚の画像に繰り返し現れる傷にOpenCVの「インペイント」で一括修正をかける。

『城下町の決闘』から連続する画像10枚を選んでみました。

参考画像02参考画像03(オリジナル)
まずは各コマの右側に多く見られる斜めの傷に修正をかけていきます。黒地に手描きの白で傷を示したマスク画像を一枚用意します。
参考画像04(マスク画像01)
OpenCVの「INPAINT_TELEA」関数を使い、ファイル名の連番で自動修復を行う設定をかけながらマスク画像の白い部分を画像の周辺データから修復していきます。
参考画像05参考画像06(第一段階完了時)
白いパッチ部分をもう少し広めに取れば良かったですね。

【ステップ2:ノイズの一括除去】続いて、スキャン画像に個別で現れてくる黒い点状のノイズ(埃やゴミ)を認識させ一括で除去していきます。ステップ1同様にマスク画像と「INPAINT_TELEA」関数を使用していくのですが、先のステップではマスク画像が手描きだったのに対し、今回は画面上の一定の黒さ以上の部分を色抽出プログラムで抜き出し、各コマごとにマスク画像を自動生成、自動修復していきます。
参考画像07(マスク画像2)参考画像08参考画像09(第二段階終了時)
画面のあちこちに発生していたノイズの点々をある程度除去できました。

【ステップ3:薄い傷の個別修復】ステップ1では大きな傷、ステップ2で細かなゴミの影を除去した後、今度はコマ個別に発生している薄く細い縦線(映写機由来の傷)を消していきます。OpenCVの線描画機能(Line関数)を使用し、画面上の細かな傷をなぞった跡をマスク画像として保存、三度「INPAINT_TELEA」関数でノイズ除去を行います。細かな傷が対象ですので描線はステップ1より一段階細くしています。
参考画像10(マスク画像3)参考画像11(第三段階終了)

【ステップ4:最終調整】メイン作業はここまでで終了。最後は明度や輝度など微修正を施していきます。OpenCVでガンマ輝度を0.9に下げ、完成画像をオリジナルと比べてみます。
参考画像11(オリジナルと完成画像比較)
課題は山積みで精度もまだ上げられそう。でも今のプログラミング能力だと1週間で組めるのはこの辺まででした。

compared

もう一枚もこの程度まで回復。「綺乃九五式スキャナー」と同様、次段階ではユーザーインターフェイスを自作しモニター画面を見ながらボタンでステップ1~4の作業を行えるようしていきます。

1928 – 9.5mm 『城下町の決闘』(ジャン・ルノワール監督)

「9.5ミリ 劇映画」より

1928 -『城下町の決闘』00
画家オーギュスト・ルノワールの長男、ジャンはフランス映画史上最も重要な監督の一人として知られています。しかしその初期作『城下町の決闘』(1928年)は長らく幻の作品とされてきました。35ミリ、16ミリのオリジナルネガが見つかっておらず完全版が残っていないのです。30年代末に英パテスコープ社が編集した9.5ミリ短縮版が唯一の現存版とされています。

時は16世紀、 カトリーヌ・ド・メディシス(ブランシュ・ベルニ)が権力を握っていたフランスで、剣術の達人である大公フランソワ・ド・ベイン(アルド・ナディ)が宮廷の美女イザベル(ジャッキー・モニエ)に懸想し、カトリーヌの許可を受けイザベルを己の妻にしようとします。イザベルの兄が異議を唱えるのですが、フランソワは決闘の末彼を殺し邪魔者を片付けるのでした。イザベルと相思相愛の仲だったアンリ・ド・ロジエは結納の場に乗りこみイザベルの強奪を試みるも失敗、事件の経緯はカトリーヌ・ド・メディシスの耳に入り、フランソワとアンリの馬上槍試合で決着をつけることになります…

『城下町の決闘』は監督自身の発案で製作されたものではなく映画会社から委託された仕事でした。そのためルノワール監督の本領が発揮されていない、のネガティヴな評価を受けやすい一作です。

軽めの恋愛や派手な剣術を前面に出して大衆受けを狙う辺り確かにルノワールらしくない内容と言えます。とはいえ、よく見てみるとメディシス役のブランシュ・ベルニやフランソワの母親役のシュザンヌ・デプレのベテラン勢も存在感を放っています。『城下町の決闘』は若手(ナディ、モニエ)を中心に繰り広げられるロマンスやアクションを前面に出しつつ、他方でドロドロした政治・宗教の側面(ベルニ)や悩める母の物語(デプレ)を読みこんでいける重層構造になっているのです。正直、真の主演はベルニ、デプレだと言って良いくらいです。

ルノワールは決して大衆芸術としての映画を低く見ていた訳ではありませんし、エンタメ路線と監督のこだわりをきっちり両立させた点で『城下町の決闘』は優れていると言えます。またそう考えるとルノワール監督作で9.5ミリソフト化されたのが本作だけなのもしっくりきますよね。

二年前にこのフィルムを映写機で観た時、右側に白い点々のノイズが入っているのは気がついていました。今回スキャンしてみて予想以上に深い傷があちこちにあると判明。傷そのものよりも、映写機では気づけなかった自分に軽い衝撃を受けています。

sample

[タイトル]
The Tournament

[原題]
Le Tournoi dans la cité

[製作年]
1928年

[IMDB]
tt0019486

[メーカー]
英パテスコープ社

[フォーマット]
9.5mm

1929 – 森静子 昭和4年の年賀状

明けましてお芽出たう御座います
本年もどうぞ御ひゐきに……
昭和四年一月元旦
松竹キネマ京都撮影所
森 静子

未使用。葉書にしては薄手の紙質で全体に赤みがかった褪色が見られます。本文で複数のフォントを使用し「森静子」には1920年代後半に時折見られる独特の書体(澤村春子さん1927年暑中見舞いも同様)を採用しています。ハート型の小窓も本人がデザインした訳ではないでしょうが…「静ちゃんから年賀状がきた!」元旦にフアンが小躍りしていた様子が目に浮かびそうですね。

いつの間にやら2020年代。本年もよろしくお願いいたします。

1923年頃 – 豆ブロマイド 『原色版・松竹キネマ 第二集』(女優篇)

c1923 - 豆ブロマイド 『原色版・松竹キネマ 第二集』(女優篇)

以前に紹介済みの『手彩色版小型ブロマイド』より少し後、『白黒版小型ブロマイド』とほぼ同時期、『松竹花形キネマカード』の2、3年前に出版された豆ブロ集です。水谷八重子さんと五月信子さんが同じセットに含まれているのは珍しい、とか洋傘を和装にあわせるのが流行っていたのかと見てるだけで楽しくなってきます。

1922 – 9.5mm 『カマルグ王』(アンドレ・ユゴン監督)

「9.5ミリ 劇映画」より

1922-le-roi-de-camargue01

魔法をつかふ一人のボヘミアの女がルノ婚約女であるリヴエットに或る運命を告げました。所がその勇氣と武功とから人々の賞讃を得た傲慢なルノーはカマルグ王の綽名を受けたのであります。而してリヴエットを怖れさせた魔法つかひを罸しやうと思ひました。併しそのボヘミアの女に出會つた彼はその女から發する不思議なチヤームに捕へられたのであります。でその眼の權威とその輝やくほゝ笑みから彼女はルノーに泥地の眞中の一軒家であひゞきを約束しました。とその婚約者の裏切りを知らされたリヴエットは不實ものに出會ふべく同じ場所へと赴いたのであります。けれどルノーは人々が踏込むたゞ一つの淺瀬を示したその標示杭を變へたのであります。それでリヴエツトは彼女を葬むつた泥水よりも尚一層ルノーの裏切りから死んだのであります。この立派なドラマのその感動させる演出の所作にプロヴアンスの美しき空がまた詩的なありさまを加へます。

『パテーベビーフヰルム 解説書 No. 1』
(大橋善次郎編集・出版、1926年)

1890年に公刊された地方色の色濃い運命劇をアンドレ・ユゴン監督が自身の脚本を元に映像化した一作。ゴーモン=パテ社アーカイヴに35ミリを元にした一時間版が現存。

冒頭から西部劇風の世界が展開し驚かされますが、南仏カマルグに伝わる独自の土着文化を元にしたものです。二枚目俳優として人気のあったシャルル・ド・ロシュフォールが「カマルグ王」を演じ、若手女優として台頭していたエルミール・ヴォーティエがヒロイン役、呪術的な力を持つ流浪の女にクロード・メレルを配しています。

アンドレ・ユゴンは大手制作会社と一線を画した独立系/仏インディ系映画監督の祖に位置づけられる人物です。ユゴン映画社製作による本作は宿命劇、土着風味やメロドラマの要素を上手く絡めて要を得た作品に仕上がっています。

本作の特徴としてはあまり強調したくないのですが、『カマルグの王』はフランスで初めて長編劇映画に女性の全裸を登場させた作品になるのではないかと思われます(9.5ミリ版ではカット)。1920年代のフランスの規制はアメリカや日本に比べて緩く、濡れ場とは違う、文脈に沿った裸体は許容される傾向にありました。倫理規制の強い時代ですし、原作に基くとは言え当時も賛否両論あったと思われます。それでも商業的リスクの大きいチャレンジに取り組む辺りが大手の監督とはやはり異なった姿勢となっています。

le-roi-de-camargue-sample
9.5ミリ版ではカットされた場面より
9.5ミリ版は1924年発売。早い時期に絶版になったタイトルで今回入手したフィルムもほぼ一世紀前のものとなります。1/4程に切り詰められていてもオリジナルの良さをある程度伝えているのかな、と。脚本の完成度、演技・演出の質も高く1920年の『労働』(アンリ・プクタル監督)、1919年の『恋するスルタン』と並び1920年前後の仏映画を代表する隠れた名作の一つです。
le-roi-de-camargue-m

[原題]
Le Roi de Camargue

[公開年]
1922年

[IMDB]
tt0192537

[メーカー]
仏パテ社

[メーカー記号]
692

[9.5ミリ版発売年]
1924年

[フォーマット]
9.5mm 無声 10m×6巻