1917-22 忘れじの独り花(9)レオンティーン・キューンベルク Leontine Kühnberg (1890 – ?)

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Leontine Kühnberg 1921 Autographed Postcard
Leontine Kühnberg 1921 Autographed Postcard

第一次大戦以前(1912年)から活動を始めており、比較的長いキャリアを持った女優さんです。

貴族風とも呼べる華奢な容貌と感情豊かな大きな眼を生まれながらに兼ね備え、外見もまた彼女の芸術を完成させるに申し分ない働きをしている。店の売り子から洗練された貴婦人まで人の多彩な感情を演じ分けることができる。[…]

これまでの実績で最も際立っているのが『ジュディット・トランヒテンベルク(ユダヤの娘)』であるのに異存はないであろう。本作での彼女は自身の民の娘たちが辿りがちな運命を体現してみせた。あれほどまでの心の動き、心の折れ方はとても強烈で、情け心を備えた者は二度と忘れえぬほどであった。この役にせよ数多ある他の役にせよ、レオンティーン・キューンベルクが最高位の表現者であると示しているのである。

「今月の表紙」、フィルムヴェルト誌、1921年25号

Sie vermag alle Nuancen menschlicher Leidenschaft vom kleinen Ladenmädchen bis zur mondänen Weltdame zu interpretieren. […] Ihre wertvollste Leistung was bisher entschieden die « Judith Trachtenberg », in der sie das tzpische Schicksal einer der Töchter ihres Volkes mit soviel seelischem Miterleben, so starkem innerlichen Hingegebensein darstellt, dass keinem künstlerisch unempfindsamen Zuschauer diese Leistung jemals wird vergessarbar sein können. Diese und noch viele andere Rollen zeigen, dass Leontine Kühnberg eine Darstellerin vonhohem Grade ist.(« Zu unserem Titlebilde », Die Filmwelt, 1921, Heft 25)

1921-die-filmwelt-25-08-leontine-kuhnberg-s

1921年に映画誌の表紙を飾った際に残されていた文章の一部です。様々な映画に出演していたこともあり同時代の愛好家なら幾つかの役柄をパッと思い出せる女優さんだったと分かります。

また文中で引用されている『ジュディット・トランヒテンベルク(ユダヤの娘)』について、「自身の民の娘たち」というややぼかした表現で女優自身がユダヤ系であることも示されています。訳出した文章の少し前に「異国風の(エキゾチックな)印象」とあり、アーリア系女優と異なった雰囲気も評価されていたようです。

Leontine Kühnberg in So rächt sich die Sonne
『お天道様は忘れない』(So rächt sich die Sonne, 1915年)

1920年公開の『ジュディット・トランヒテンベル(ユダヤの娘)』、翌年公開の表現主義作品『月上の家』でヒロインを務めるなど、実力と経験値に相応しい活躍を見せていましたが、それでも時代の流れには抗えず1923年には映画界を離れています。

[IMDB]
nm0478147

[Movie Walker]
レオンティーン・キューンベルク

[誕生日]
未詳

[出身]
不明

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
Aufnahme Karl Schenker. Verlag W.J. Morlins/Berlin W. 15. Vertrieb. Ross-Verlag/Berlin SW68 9008/2

ベルト・ボヴィ Berthe Bovy (1887 – 1977) ベルギー 大正10年のサイン絵葉書と明治43年の主演作『ダビデとゴリアテ』

「フランス [France]」より

Berthe Bovy 大正10年直筆サイン入り絵葉書

1900年代中盤にシャルル・ル・バルジの元で演劇を学び、コメディ・フランセーズ入りして舞台デビュー。美人女優として話題を呼び、雑誌の表紙を幾度となく飾りました。20年代にはコクトーやコレットなど当時の文壇の最先端と交流を重ね、存在感を増していきます。

1960年代までの長いキャリアを持つ舞台女優さんですが、第一次大戦前(1908-14)には映画にも多く出演していました。有名な『ギーズ公の暗殺』(1908年)ではまだ端役だったもののすぐに主演がつくようになり、旧約聖書を元にした『ダビデとゴリアテ』(1910年)は後に9.5mmフィルムでも市販されています。

明治期の作品でもあり、野外の寸劇を収めたような粗い仕上り。本来は男であるダビデ王を女優が演じているためか不思議な倒錯感があります。

[IMDB]
nm0100664

[誕生日]
1月6日

[出身]
ベルギー(リエージュ)

[サイズ]
8.6 × 13.7cm

[コンディション]
B+

1921 – 9.5mm『ロヴェルのお嬢さん』 (ジャン・ケム監督)

ジュヌヴィエーヴ・フェリクス主演によるホームコメディ。人間嫌いで郊外で姉と生活している主人公(ジョン・ウォルム)と、隣家の娘(フェリクス)の恋愛模様に焦点を当てています。

テンポが悪く物語としては凡作。それでも1)冒頭に挿入されたジャズ演奏の場面が時代表現として興味深く、2)戸外ロケ撮影を重視し、木漏れ日など繊細な描写が成功しているなど見るべき点があります。

また、主人公の姉役で登場する女優さんの表情が多彩で飽きません。彼女はシャルロット・バルビエ=クラウスといって名優アンリ・クラウス氏の奥さんです。若いころはバルビエ名義で小さな舞台で活躍、デュヴィヴィエの名作映画『にんじん』(1925年版)でも意地悪な母親役を好演しています。

[タイトル]
Miss Rovel

[原題]
Miss Rovel

[製作年]
1921年

[IMDB]
tt0011471

[メーカー]
仏パテ社

マーゲリット・クラーク Marguerite Clark (1883 – 1940) 米

Marguerite Clark Autographed Photo (1921)
クラークは19世紀最後の年(1900年)に舞台デビュー、映画女優の契約を結んだ時にはすでに15年のキャリアを積んだベテランでした。1916年に映画『白雪姫』に主演。年齢的には三十台半ばでしたがそうは思えないほど見事に少女役を演じきっています。

1918年モーション・ピクチャー誌による人気投票ではメアリー・ピックフォードに次いで堂々の2位を獲得、1920年に引退しています。こちらのサイン入り写真は仏コレクターのジュール・デロルム氏の旧蔵品で、裏面に「1921年7月4日受領」のメモ書きが残されていました。

[IMDB]
nm0164244

[誕生日]
2月22日

[出身]
合衆国

ファニー・ワード Fannie Ward/Fanny Ward (1872 – 1952)

「 合衆国・カナダ・オーストラリア [USA/Canada/Australia]」より

嬢をして今日の人氣を博せしめた作品は、一千九百十四年に、早川雪洲氏やヂャック・ディーン氏などと一座して撮影した日本劇「チート」である。この映畫を製作して以来、嬢は米国映畫界の首腦女優となつた。

爾来、「テネッシーの赦罪者」「國防の爲めに」などを撮影して、益々名聲を昂めたが、昨年の始めに、パセ會社のエストラ映畫の專属女優となつた。

目下は、ラスキー會社の初舞臺當時に戀に落ちたヂャック・ディーン氏と結婚して、幸福な樂しい生活を送って居る。

當年四十四であるけれども、尚未だ二八の少女のやうに、若々しい容貌と豊かな肉體とを持つてゐる。嬢が斯界に喧傳される所以も一つには、この絢爛たる名花の趣を備へて居る爲めである。しかし、技藝そのものから云つても、嬢は優に大花形の中に加へられるだけの天分を持つて居る。

『活動名優寫眞帳』(花形臨時増刊、大正8年、玄文社)

手に入れたのは仏シネマガジン製の写真で表に印刷サインあり、裏側に直筆で日付、仏語メッセージ、名前、住所が書かれています。1920年代、女優としての活動の場が減っていくとパリに化粧品ビジネスの店を立ち上げたそうです。

謹しんで、1921年8月10日
ファニー・ワード
シャンゼリゼ通り114番

Sincèrement à vous, 10-8-21
Fanny Ward 114 Av. des Champs-Elysées

[IMDB]
nm0911531

[誕生日]
2月22日

[出身]

[サイズ]
23.8 × 17.2cm

[メーカー]
シネマガジン

[コンディション]
C+

[入手年月日]
2017年10月

ウェラ・オルロワ Vera Orlova (1894–1977)

こちらは1910年代から活動を続けていた女優ウェラ・オルロワ。以前に紹介したオリガ・クニッペル同様、1921年にモスクワ芸術座がクロアチア首都ザグレブを訪れた際に残されたサインと思われます。サイン日付は1921年1月28日。

舞台が中心ではあるものの映画でも重要な役どころを多く演じており、1916年の『スペードの女王』、1923年の『罪と罰』、1924年の『アエリータ』など現在でも評価の高いロシア・ソ連初期映画で演技力を発揮しています。

[Movie Walker]
ウェラ・オルロワ

[IMDb]
nm0650153

[誕生日]
5月27日

[撮影]
トンカ・スタジオ(ザグレブ)