1925 – スーパー 8 『月形半平太』(澤田正二郎主演、衣笠貞之助監督)

「8ミリ 劇映画」より

1925 Super8 月形半平太(衣笠貞之助監督/沢田正二郎主演)
Super8 « Tsukigata Hanpeita »
(1925, dir. Teinosuke Kinugasa, starring Shojiro Sawada)

『国定忠治』と並ぶ澤正映画の代表作で監督は衣笠貞之助。

フィルムの長さにして30m、映写時間7分弱の再編集版で、内容は大きく1)遠景で捉えられた橋の上での立ち回り、2)祇園での芸妓との会食、3)襲撃してきた新撰組とのチャンバラの3つに分けることができます。

01050607

冒頭の橋での斬り合いはロングショットで撮影されカメラの切り返しなどはありません。抜いてから終わるまでが一瞬で凄まじい速さ。

この後、夜に浮かぶ花などが映し出され、祇園の華やかな雰囲気が醸し出されていきます。久松喜代子、春野歌子、二葉早苗など新国劇の女優陣が舞妓、芸妓として登場、荒ぶる幕末の風景にロマンチックな色合いを添えていきます。

081113

その後夜道を歩いていた主人公を覆面姿の男たちが襲撃、「長藩、月形半平太と知つてか。卑怯者、名を名乗れ」「新撰組!」のやりとりがあって立ち回りになだれこんでいきます。

17181920

カメラアングル、構図に対する意識、コントラストの強い絵作りなど、マキノ省三監督の『国定忠治』と比べても衣笠監督の美的センスをより鮮明に感じ取ることができる内容。殺陣にしても舞台の動きを単純に撮影したものではなく、エディティングで効果を強めていく意思が伝わってきます。

澤正の殺陣を見ていくと、敵との対峙場面でカメラを正眼に直視した際、刀身をまっすぐに立てているため、顔を縦断する細い線に見えています。

17b

刀のデザイン性を考えるとやや斜めに立てた方が見栄えが良いのでしょうが、一瞬でも早く相手を斬った方が勝ち、そんな命がけの闘いにポージングは要らないのかな、という気もします。舞台では見れないこの角度と距離感、映画でこそ表現可能となった「澤正の本気度」なのでしょう。

1925-tsukigata-hanpeita01

[タイトル]
月形半平太

[公開年]
1925年

[JMDb]
ba001650

[IMDB]
tt0016460

[フォーマット]
スーパー8
白黒30メートル 18コマ/秒 約7分
株式会社サングラフ

1917-22 忘れじの独り花(5)マルガレーテ・ランネル Margarete Lanner (1896 – 1981)

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

マルガレーテ・ランネル サイン入り絵葉書
Margarete Lanner 1925 Autographed Postcard

「1925年8月21日、ベルリン」の日付入り。

『メトロポリス』の冒頭、 永遠の園で主人公(グスタフ・フレーリッヒ)が華やかな女性陣と戯れている場面が描写されています。噴水のほとりで女性を抱きしめた際、地下世界からやってきたマリア(ブリギッテ・ヘルム)と子供たちに見つかる展開は良く知られています。

グスタフ・フレーリッヒ&マルガレーテ・ランネル
『メトロポリス』(Metropolis、1927)の永遠の園の場面より
グスタフ・フレーリッヒと並んで

この場面でフレーリッヒの抱擁を受けていたのがマルガレーテ・ランネルでした。1919年に女優デビュー後、ヴェラ映画作品社の中心女優として頭角を現し、ヒロイン〜準ヒロイン級のオファーを受けるようになっていきました。

20年台半ばに難易度の高い役柄にも挑戦し始め、トップ女優とは言えないまでも安定した知名度と人気を獲得していきます。『メトロポリス』では配役のクレジットがない小さな扱いでしたが当時それなりに知られていた女優さんでもありました。

1927年をキャリアの頂点とし無声映画の終焉と共に引退。短期間の復帰はあるものの以後舞台に転じていきます。

[IMDB]
nm0486938

[Movie Walker]
マルガレーテ・ランネル

[誕生日]
2月17日

[出身]
ドイツ(ハンブルグ)

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
Verlag Herm. Leiser, Berlin Wilm. 6013. photo. Rembrandt.

1920年代中頃 9.5mm ベルギー 個人撮影フィルム 6本

「05b 個人撮影動画」より

1920年代中盤にベルギーで撮影された家族動画。仏パテ社の20mリール×6本。元々フィルム1本+3本の組みあわせで購入したのですがが、2本おまけを付けてくれました。

自然に囲まれ、多くの動物(ウサギやヤギ、猫)を飼っている若夫婦一家を舞台とし、おそらくネリーさんという名前の娘の成長を追った内容。

1920年代中頃 9.5mm ベルギー 個人撮影フィルム 6本
Mid 1920s Belgium 6 Private Films

[01] 『絵本』Le Livre d’images – 1924
    ・テーブルで熊の人形と一緒におままごとをしている様子
[02] 『ピトゥチュ一家』La Famille de Pitoutch – 1925
    ・1925年8月30日、娘さんの3歳の誕生日に撮影された一本
[03] 『ネリーの友達』Les Amis de Nelly – 1925
    ・家で飼っているウサギや猫を主に撮影したもの
[04] 『無題』
    ・母親と一緒にヤギと戯れている様子
[05] 『無題』
    ・前半は猫を抱いてお座りしている様子、後半は屋内での入浴
[06] 『無題』
    ・この一本だけ数年の時間を置いて撮影されており、
     一人で自転車に乗っている場面と母親との菜園いじりが収められています。

9.5mm動画カメラが市販されて間もない1924年の年号が見られ、時期の特定できている手持ちのフィルムとしては最も古いものです。一部に手書き字幕が挿入されているなど技術力が伝わってきます。

2013年2月に購入したセットで何度か映写機で実写しています。左が今回行った解像度4800dpiでのスキャニング、右は1920年代末のアレフ映写機での実写(2015年7月)。アナログは上下トリミングされて粒子感が強く、画面四隅にレンズの球面収差によるボケが出ています。それでも25ワットの微弱な光源でこの解像度はなかなかではないかと。

時代劇 『魔保露詩』 (大正15年、明文館 映画文庫)

阪東妻三郎、1925年の出世作『雄呂血』(おろち)の人気を受け同年末に公開されたのが『魔保露詩』(まぼろし)。フィルムが現存しておらず当時のパンフレットなど断片情報が残るのみ…と思っていたところ偶然に1926年の小説版を発見しました。

市中で見つけた父の仇の命を助けた主人公が、その果てに辿りついた凄惨な運命を描いた一作。阪妻初期作にしばしば指摘される虚無感、反権力の要素を小説にも見て取ることができます。

紙の一部がインク印刷の部分だけくり貫いたように消え失せているなど、紙質による特殊な劣化が見られます。

[出版者]
明文館書店

[出版年]
1926年

[定価]
25銭

[フォーマット]
10.6×14.5センチ、136ページ。口絵4ページ。

大正14年の日活俳優揃え


大正末期の絵葉書。

関東大震災で東京を離れた日活現代劇が京都で展開を続け、復興後の東京に新メンバーの紹介イベントを行った時の一枚。同行したヘアデザイナーさんが著書で詳しい説明をされています(『髪と女優』 伊奈もと著、1961年、日本週報社)

前列右から岡田嘉子梅村蓉子酒井米子原光代高島愛子
後列右から鈴木伝明沢村春子市川春衛宮部静子水木京子浦辺粂子滝沢静子妹尾松子徳川良子山本嘉一(敬称略)

「大震災で東京向島をあとに京都に移った日活現代劇は、日増しに活気も出、作品も立派なものがどんどん出てくる一方、この一、二年のうちに女優陣の充実も一段と活発になって、当時の他社を完全に圧した感がありました。したがって東京本社宣伝部の力の入れようも物すごく、手をかえ品をかえて撮影所への注文も多くなってまいりました。

大正十四年一月、ちょうどそのころ前後して正式入社したのが岡田嘉子、梅村蓉子、原光代さんで本社はこの時とばかり、その威容を天下に誇るためか、いわゆる「オールスター総動員で上京せよ」となり、当時男優陣でのナンバーワン鈴木伝明さんと老優山本嘉一先生をまじえて計十五人のスターが上京したものでした。

帝国ホテルロビーに勢揃いした当時のスターをご覧下さい。なんと壮観なものではありませんか」

『髪と女優』(伊奈もと著、1961年、日本週報社)

宮部 静子 (1896 – ?)

Miyabe_Shizuko

淫婦或は毒婦に扮して、毎時成功を収めてゐる。現代女優中、稀に見る智的な美を、その大寫しに見る。明治卅年東京に生る。文藝協會第二期卒業生。『本牧夜話』の彌生はその當り役である。

『世界のキネマスター』(大正14年)

舞台女優の修業を積み、文芸協会から新劇へと移ってそこで松井須磨子らと共演、当時大ヒットとなった『復活』にも出演しています。1924年に日活で女優デビューを果たし、翌年の帝国ホテルでの披露会にも参加。しかし監督との恋愛沙汰で立場を落とし1926年には同社を離れました。

こちらの絵葉書は大正14年(1925年)1月13日の日付が入っていて、翌日盛岡宛に投函されたもの。写真面にダメージが多いのですがサインにかかっていないのが幸運でした。