1930年代前半 – 9.5mm『海豹島の膃肭獸』 (伴野商店、樺太/オットセイ)

「9.5ミリ動画 05c 伴野商店」より

海豹島(露名、チェレニ島、ロッペン島)は樺太の東海岸、オホーツク海にうかぶ絶海の孤島で、敷香から海上八十浬、長さ二百五十間、幅三十間、全島第三紀の岩層からなる、テーブル状の小さな岩山の四周を、寂然たる砂浜がとり巻いている。

米領ブリビロッツ群島、露領コマンドルスキー群島とともに、世界に三つしかない膃肭獣(おっとせい)の蕃殖場で、この無人の砂浜は、毎年、五月の中旬から九月の末ごろまで、膃肭獣どもの産褥となり、逞しい情欲の寝床となる。[…]

明治三十八年、この特異な島が日本のものになると、猟獲を禁じ、樺太庁では、年々、この島に監視員を送って膃肭獣を保護していたが、四十四年に日米露間で条約(一九一一年の「膃肭獣保護条約」のこと)を締結する見通しがあったので、条約締結と同時に猟獲を開始することにし、同年夏、大工と土工を送り、膃肭獣計算櫓、看視所、剥皮場、獣皮塩蔵所、乾燥室などの急造にとりかかった[…]。

『海豹島』 久生十蘭
(初出: 『大陸』1939(昭和14)年2月号)
[青空文庫]

樺太東部に位置する海豹島は、時期になると数万頭のオットセイがやってくる繁殖地として知られていました。海岸を埋め尽くすオットセイの群れは壮観で多くの観光客が船でやってきていたそうです。

『海豹島の膃肭獸』はその戦前の様子を今に伝える映像です。前半は島の全景と、オットセイたちが映し出されていきます。後半は岩場に集うロッペン鳥が登場、最後は樺太庁による保護と捕獲の話題に転じ、海岸の社屋と海風にたなびく日本国旗の映像で幕を閉じています。

1011

また同地は戦前作家(北原白秋、林芙美子)も多く足を踏み入れていたようです。『ジゴマ』邦訳などで知られる久生十蘭は北海道出身で、「海豹島」と題されたミステリ仕立ての奇譚を残しています。

[メーカー]
伴野商店

[メーカー番号]
042

[フォーマット]
20m(約2分半)、無声、ノッチ有

1931年頃 9.5mm 仏個人撮影動画『踊る子等』( »Enfants dansant » c1931)

「9.5ミリ動画 05b 個人撮影動画」より

c1931 Enfants dansant

お祭りか何かの催しで、仮装した人々が躍る様子を記録した個人撮影動画。タイトルには子供たちとありますが年配の方も含まれています。前半は古代~中世をイメージした感じで子供たちが花飾りをかぶって踊っています。

途中には二人の子供のクローズアップ、撮影者自身のお子様ではないかと思われます。フィルムケースには『踊る子等』の後に「オデット(ODETTE)」の名が手書きされており、二番目に出てくる少女が対応しているのでしょう。

後半は衣装を変え、料理人姿に着替えての舞踏が捉えられています。

天候の良い日に撮影されており、真っ白な服やシャツの部分がハレーション気味に表現されています。

1930年代初頭 9.5mm 個人撮影動画 『かごめかごめ』(自作スキャナー「綺乃九五式」サンプル動画)

「9.5ミリ動画 05b 個人撮影動画」より

Early 1930s 9.5mm Home Movie « Kagome Kagome »
(Kino Type 95 Film Scanner Sampler)

かごめかごめ、かごのなかの鳥は
いついつ出やる 夜明けの晩に
鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ?

昭和6年頃に撮影されたと思われる動画。

自宅の中庭で遊んでいる子供4人を父親が撮影した内容です。冒頭は乳母と思われる女性を交えて「かごめかごめ」をしています。その後末っ子のおちびちゃんがカメラを前にポーズを取り始めます。場面は続いて縁側へと移り、兄姉弟が仲良く戯れている様子が映し出されます。大きな飼い犬も登場。最後は再び中庭へと戻って映像が終了。

元々は11本組で入手したフィルムセットのひとつで子供を中心とした動画が他に数本含まれています。その他にも仕事絡みの動画があって、その内容から撮影者が東京帝国大学の朝比奈教授の下で化学/薬草学を学んでいた研究者さんだったと推測できます。

20メートルフィルム/1175フレーム/再生速度11フレーム毎秒
2400×1800の解像度でスキャンを実施、YouTube版は1080×810まで解像度を下げています

市川 右太衛門 (1907 – 1999)

「日本 [Japan]」より

Ichikawa Utaemon Autographed Photo
Ichikawa Utaemon Autographed Photo

本名淺井善之助。明治卅九年、大阪市に生る。幼少より子役として舞臺に立ち、後市川右團次の門に入り、現在の藝名を名乗つて大正十五年マキノへ入社。昭和二年獨立して右太衛門プロダクシヨンを起し翌年より松竹と提携して現在。主な近作は「一殺多生剣」「雁金文七」「上州無宿陣」等、身長五尺七寸、體重十六貫二百目。趣味讀書、釣り。

『芝居と映画 名流花形大寫眞帖』
(1931年1月、冨士新年號附録)

[JMDb]
市川右太衛門

[IMDb]
Utaemon Ichikawa

[出身地]
大阪府(大阪市西区)

[誕生日]
2月25日

[データ]
11.3 × 16.3cm

1920~30年代 – 9.5mm 仏ソフトコアポルノ短編集

「9.5ミリ 成人向け動画」より

WARNING :This page may contain explicit content which may offend some.
You must be over eighteen (18) years old or the age of majority in your jurisdiction to view the content.

警告:これより先は成人向け表現が含まれます。18歳未満の方又は成人向け表現が苦手な方はご退出下さい。

Film pornographique des années 1920-30
1920-30s 9.5mm French Softcore Porno Short Movies

1920年代から30年代に闇取引されていた9.5ミリのポルノ短編7本をまとめた一本。それぞれ2分程で全体の長さは15分。1930年代中盤から後半に編集されたと思われます。


1)「運転はお嬢様にお任せ」(Vous me conduirez, Mademoiselle!)

建物の玄関口に立つワンピース姿の女性。お迎えの車が来たようですがどうも様子が変。エンジンの調子がおかしいようです。それなら私が!、とばかりボンネットを開けて修理に挑戦。服を汚してなるものか、エイヤと脱ぎ捨ててしまうのでした。



2)「無題」

受付に現れた帽子姿のエレガントな女性。受付に座っていた男性が何やら言葉で促すと女性が服を脱ぎ始めます。その腰へ伸びていく男の指先…



3)「ピエレット嬢うたた寝危機一髪の巻」(Pierette s’était endormie et …!) エレム映画社

納屋の入口に積み重ねられた藁。ピエレット嬢は疲れた体を横たえうたた寝を始めます。何度も足を組み替えスカートがめくれあがっています。通りすがりのバプティスタン君がこっそり近づいていますよ…



4)「水辺にて」(Au fil de l’eau)エレム映画社

ロジーヌとピエレット嬢の二人は川に洗濯へ。仕事中、洗濯桶が川に落ちてしまいピエレット嬢が引き寄せにいきます。びしょ濡れになり、上着も流されたピエレット嬢は半裸のまま洗濯を続けていきます。3)と同じエレム社作品で素朴な田舎風味。



5)「無題」(レズ絡み)

壁に絵が掛けられた小綺麗な一室、二人の女性が半裸姿でじゃれあう様子を収めた一作。



6)「無題」(ヌーディスム)エレム映画社

ベランダで男性が本を読んでいると外から音楽が聞こえてきました。何だろうと顔を出すとリュートを弾いている女性が一人。すぐ次の場面でなぜか半裸となり、下着姿で音楽を奏でています。降りていった男が声をかけてあげるのでした。



7)「無題」(レズ寄りのライトなSM、盗撮風)

日傘を手に散歩しているサングラス姿の女家庭教師。ベンチで女子生徒?が読書中。背後から近づいていき、指揮棒のようなもので文字を追っていきます。生徒の手から本を取り上げると服を脱ぐよう指示。指揮棒で叩くと女の子は恍惚の表情を浮かべるのでした…


確認できた限り欧米圏でこれまで発売されたVHSやDVDに収められている作品は一つもありませんでした。ただ3)と4)については、2006年にカルト・エピックス社から発売されたDVD『1920年代ヴィンテージ・エロティカ』(Vintage Erotica Anno 1920)に「ピエレット嬢、川に洗濯の巻」という同系作品が収録されています。

vlcsnap-2019-06-30-12h07m24s074vlcsnap-2019-06-30-12h09m04s620vlcsnap-2019-06-30-12h10m27s966

戦前に違法流通していたポルノは製作会社の表記がないものが大半です。1920年代に活動していたトリブレ映画社を幾つか保有しているのですが、今回エレム社作品が3つ追加されたことで比較対象が出来た形です。

sample29

浜口 富士子 (1909 – 1935)

「日本 [Japan]」より

Hamaguchi Fuijiko Autographed Postcard
Hamaguchi Fuijiko Autographed Postcard

美人投票に當選したのがキツカケで日活に入社、幸運と云ふべく、余りに幸運にも「蒼白きバラ」に一躍主演級に据ゑられて大カツ躍。古くは澤正一座に加はるて居り、多少の舞台度胸もあつた事とて、第一回主演に失敗もせず、續いて「一番目の女」や「摩天樓」にも現はれて、日活映畫に一脈の若さとモダーン味を加へてゐる。年も廿二歳なら、之からはしつかりした藝を見せ樣し、とまれ若手新進中では、皆から目を付けられてゐる人。

『日本映画年鑑 昭和四年昭和五年 第五年版』
(朝日出版社、1930年4月)

私が書くよりその記事の主要な部分を抜き書きしますから読んでいただきましょう。

— 富士子は九月に入って全く重態に陥った。富士子の実母がかけつけた時には、手のつけられないほどだった。もう注射と酸素吸入だけでようやく命をつないでいるだけだった。それなのに俊二はもちろん、可愛いい誠之助もいない。富士子危篤の報にようやく二十九日の朝、俊二は生母杉山ふきと誠之助を連れて病院にきた。百日目に見舞う妻は全く明日をもしれない容体なのだ。

「ホウこれならまだ大丈夫だ。それぢァまたくるよ」

と慰めの言葉一つかけるでもなくさっさと帰るのだった。無情、冷酷、富士子の母はその翌日警視庁人事相談課に出頭して泣いて訴えた。しかしそれも富士子の死は時間の問題だった。華やかなスタート、きらびやかな映画スター、彼女は夫を心から憎み、愛児の名を呼びつつ二日後哀れにも悲惨な人生の終末を告げたのでああった。

『髪と女優』 伊奈もと著(1954年)

『髪と女優』からは筆者伊奈もとさんの穏やかで人懐っこい性格が伝わってきます。それでも例外的に調子の異なった章がひとつあってそれが浜口富士子さんを扱ったものでした。「仕事の上で二、三年ばかりのおつき合い」で「二人の恋愛ざた以外これという印象はありません」と前置きしつつ、無責任な夫から見捨てられた死の様子に「深い義憤を感ぜずにはおられません」と添えてありました。

一方ではあまりにもあっけなく辿りついてしまったスターダムに安住し、肝心の芸事の修練を怠っていた慢心を批判する文章もちらほら差し挟まれています。単純な夫婦問題のもつれではなく、安易にシンデレラを量産し消費するようになっていた当時の邦画界への自戒が含まれているようにも思えます。

[JMDb]
浜口富士子

[IMDb]
Fujiko Hamaguchi

[出身地]
日本(東京市神田)

[誕生日]
9月

[データ]
8.2 × 13.3cm

1930年代中盤 – 9.5mm 個人撮影動画『淡路島のだんじり祭り』

「9.5ミリ動画 05b 個人撮影動画」より

Mid 1930s Awaji Island Danjiri Festival

1930s-awaji-danjiri-00
1930年代中頃に淡路島で撮影されただんじり祭りの様子を撮影した9.5mm個人撮影動画。カメラを固定せず持ち歩きながらの撮影となり手ブレが非常に多いものの、青年たちが布団だんじりを担いで練り歩く勇壮な姿を見ることができます。
sample01sample02
冒頭は通りを練り歩く山車で始まります。そこまで広くはない道幅に結構な数の人々が集まっています。静止画で確認すると「山際写真館」「クラヤ洋品店」など幾つかの看板を読むことができました。その後、カメラが真下を向いた一瞬にバス停が映りこみます(一コマのみなので動画では見えません)。
sample03
180度反転すると「全淡バスのりば」の文字。全淡バスは戦前に淡路島を走っていたバスの名称で、この情報から撮影場所を特定することができました。
sample04sample05
次の場面から撮影者は路上に下りて通りの撮影を始めます。「最上醤油」や「遊技場」などの看板が見え、はっぴ姿の青年衆たちが何やら準備中。途中に「新興キネマ」と書かれた映画館を発見できました。

sample00後半に登場してくるのは淡路島のだんじり祭りで使用される「布団だんじり」です。明治中頃からこの形が定着したそうで、祭りが若者たちで賑わってきた時期の貴重な動画となりました。