南光明、昭和15年(1940年)の残暑見舞い

「戦前・戦中 髙島栄一・康彰氏旧蔵の葉書群」より

Minami Koumei 1940 Late Summer Greeting Card
Minami Koumei 1940 Late Summer Greeting Card

本名鈴木光。明治37年生れ、築地立教中學出身、大正九年松竹の俳優學校に入り又小山内氏の研究所にも學ぶ、初演は『路上の靈魂』後蒲田スタヂオに入り『母いづこ』『山谷堀』等に出演し十一年日活に入り『現代の女王』『故郷』『旅の女藝人』『八一三』『神州男兒の意氣』『シベリアお龍』最近の主演は『赤城の夕映』『砂繪呪縛』(第二編)等。浅岡信夫と相伍してスポーツ俳優として日活幹部俳優の一人。

『玉麗佳集』(1928年)

大林梅子は名古屋の大きな牛肉屋の愛娘、下加茂に入り、時代劇の妖婦役として鳴らした。南光明と結婚し毎年子供を産んで、今や五人の母となつてゐる。五人目をお腹に宿したとき、『所長はん、あて、また、赤ン坊を産みますねん。かう毎年では撮影にさしつかへますさかい、やめさして貰ひまつさ』と申出たので、井上所長も心よく許した。
『その代り、うちの人(南光明)を使うて下さい』
『南くんなら、赤ン坊を産まんやろ』
てンで、マキノ以来失業してゐた、夫の南をスクリーンに復活さした。

「噂のスター今何處へ?」『最新映画大鑑』
(冨士9月號附録 1934年8月)

Minami Koumei in Ronin Gai Chap.2
『浪人街 第二話楽屋風呂』(1928年)で傳五左を演じる南光明

[IMDB]
nm0590911

[JMDB]
p0315760

[Movei Walker]
南光明(ミナミコウメイ)

[出身]
日本(東京)

[生年月日]
6月30日

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
髙島栄一氏宛、昭和15年8月22日京都の消印有。

『無題』 戦前 フランスの遠足/校外学習風景? 1930年代) (Sortie scolaire? 9.5mm film d’amateur français des années 30?)

「9.5ミリ動画 05b 個人撮影動画」より

1930年代と思われるフランスの遠足風景を捉えた一本。

France Sortie scolairerance Sortie scolaire 01

冒頭はカメラを固定し、その前を子供たちが次々と通り過ぎていきます。まずは男の子、次いで女の子、その後に保護者か先生らしき大人が続いてきます。背後には大きな川が流れていて、採掘か何かをしている労働者の姿も見えています。

場面が変わり、男の先生が女の子4人と輪を組んで踊り始めました。踊りの輪が周りにも伝わっていったようで、他の生徒たちも手をつないで大きなうねりになっていきます。

最後は男の子たちが馬跳びをしている様子。遠出を楽しんでいる子供たちの姿に癒される一本です。

ルネ・ナヴァール René Navarre (1877 – 1968) 仏

「国別サインリスト フランス [France]」より

1913年の活劇『ファントマ』で怪盗ファントマを演じたのがルネ・ナヴァールでした。同作は仏活劇の中心がヴィクトラン・ジャッセ監督(『ジゴマ』『プロテア』)からルイ・フイヤード(『レ・ヴァンピール』『ジュデックス』)へと移り変わっていく転換点となった一作でもあります。

ナヴァールは1910年代にフイヤード作品で活動した後、20年代に同監督が亡くなった後も『ヴィドック』(1923年)や『ジャン・シューアン』(1926年)など活劇色濃い諸作で存在感を見せました。

ゴードラン夫人さま
R・ナヴァールの雄姿を
記憶に留めていただいていたことに
感謝の気持ちをこめて

A Madame Gaudran,
En remerciement du bon
souvenir qu’elle a gardé
de
R. Navarre

第二次大戦中、パリ解放直前の1944年5月に残された一枚です。

[IMDb]
nm0622772

[出身]
フランス(リモージュ)

[誕生日]
7月8日

[データ]
Studio G.L. Manuel Frères Paris-Etoile

[サイズ]
8.8 × 13.8cm

仏シネジェル社 ライネット9.5mm動画カメラ (1940年代末~50年代)

フランスのル・マンに拠点を置くシネジェル社が1949年に市販を始めた動画用のカメラ。8mm用と9.5mm用の2種類が用意されていました。録画速度は16コマ/秒で、静止画撮影モードもついています。

戦前のフランスの動画カメラは黒基調で、ダイキャスト製のどっしりしたものが主流でした。ライネットはオリーヴ色をしていてより軽やかな印象を与えます。

[メーカー名] 仏シネジェル社

[レンズ] H Russel Kynor 1:2.5 f=20mm

テオフィル・パテ Jr. Théophile Pathé (1901 – 1968) 仏

パテ社(映画、映写機)、パテ・マルコーニ社(音楽、蓄音機)で使われている「パテ」の名は、創業者であるパテ四兄弟から来ています。末っ子のテオフィル氏は早世されていますが、名を継いだ息子のテオフィルJr.さんは第二次大戦後まで映画業界と接点を持っていました。

息子さんが大戦中に出版した『シネマ』という書籍に残した献辞がこちら。

「アマール夫人へ。著者からのとても楽しかった思い出として」

映画史への洞察では物足りなさが残るものの、同氏がパテ社で担当していたニュース映画とアニメーションについて興味深いエピソードが多く含まれています。

[IMDB]
nm0665574

[出身]
フランス

[コンディション]
B-

[出版社]
Paris: Corréa

[出版年]
1942年

仏サダル ハンディー(アンディ) 9.5mm映写機

1947年頃に市販されていた記録が残っており9.5mm用の映写機としては後期のモデルとなります。ベークライト製の土台と本体で軽量化を実現しながらもデザインは戦前に良く見られた背後にアームがなびく形式を採用していました。

「サダル」はおそらくは人名で、同氏が立ち上げた会社の映写機になるのではないかと思われます。8mm型と9.5mm型の二種類が確認されていますが後継機は見当たらず、同社唯一の映写機のようです。

エントリーレベルよりやや上のスペックで本格的な実写には向きませんがフィルム装填が容易で動作も安定しています。

シリアルナンバー: –
対応フィルム: 9.5mm
製造国:フランス
製造時期: 1940年代後半
レンズ:Elumix F=35mm
対応電圧: 250v
ランプ: 220V 60W

2016年5月購入

米 リヴェア社 48型 16mm映写機

元々日本のオークションで8mmのRevere85型として販売されていた一台。届いていると16mmの48型でした。

レンズがなかったため規格が合いそうなSomtar社のレンズを別途購入し装着しています。大きなダメージなどもなく動きも安定している安心の定番機、という感じです。

シリアルナンバー: H25955
対応フィルム: 16mm
製造国:米国
製造時期: 1940年代後半
レンズ: Somtar 2inch f=1.6
対応電圧: 105-120v
ランプ: 1000w