] 映画の郷 [ 電子工作部:ラズパイHQカメラで戦後9.5ミリカラーフィルムをスキャンしてみた

『ガラパゴス諸島~アフリカ旅行記』
(1960年、仏9.5ミリ個人撮影動画より)
ラズパイHQカメラ+タムロンH21レンズ

先日、綺乃九五式スキャナーにラズパイHQカメラを移植しました。このスキャナーにとっては大きな一歩となります。V2カメラを前提に設計された綺乃九五式は白黒フィルムしか処理できなかったのですが、このアップデートでカラーフィルムを扱うことができるようになったからです。

今回、1960年に撮影されたガラパゴス諸島~アフリカ旅行動画をスキャンしてみました。上がその際の無加工スキャン画像。

悪くない、と思います。後に触れるように幾つか問題はあるものの、設定次第では16ミリ並の再現度までいける手応えがありました。

ちなみに一回目に行ったスキャンは失敗でした。何も考えずに白黒設定(彩度/saturation)のみを変更しスキャンしたところ、連続撮影の結果が次の形に。

数回に一度自動の補正フィルターがかかっています。

パイカメラ・ライブラリーのオートホワイトバランス(awb_mode)初期設定で「’auto’」となっているため悪さをしているのだろうと考え「’off’」に変更したものの結果は変わらず。露出モード「exposure_mode」が未設定(=デフォルト「’auto’」)になっていたのが問題で、こちらを「’off’」に変えると安定しました。

ところが別なショットで新たな問題が発生しました。

ウミイグアナの群れを捉えた一枚。解像度は良いのですが…色合いが奇妙です。このフィルムは2017年に一度映写機で実写しており、その時のスクリーンショットが残っています。

絵としての解像度はHQカメラに劣りますが、色合い/カラーバランスはこちらの方が自然な感じがします。HQカメラは青の発色がやや人工的で、画面全体に強く出ています。ヒストグラムで確認してみると:

映写機版のヒストグラム(写真上)から分かるように、光の三原色の中で青がやや強く出ています。こういった被写体を撮ろうとした時、処理が上手くいかず青味が極端に強調される形で残ってしまうようです。冒頭の鳥のように青があまり含まれていない画像では綺麗な結果が出てきます。下のスキャンも似たような感じです。

空が澄んだ青になるのは良いとして、引きずられるように背後の島が真っ青になり、人の肌や植物も青みがかっています。カラーバランスを修正したところ下の感じになりました。

修正前(左)と修正後(右)

肉眼で見えていたのは右の感じだったのでしょうね。HQカメラを使用した際にカラーバランスが青に寄る話は海外ユーザーからも報告 (« The whitebalance is also very “blue” ») されています。使用するレンズやセッティングに依存している可能性もありますが、今後HQカメラを使って実用的な作品を作ってみたいという方は留意しておいて良い話かと思われます。

1960年代 ベル&ハウエル社 Filmosound 7302 16mm映写機と真空管ギターアンプ

Filmosound 7302 16mm sound projector 01

1950年代後半に合衆国で発売されたフィルモサウンド302型を日本が60年代にライセンス契約して発売した一台。型名の先頭についた「7」で区別されます。パーツは日本製とアメリカ製が混ざっていて組み立てを日本で行っています。1960年代にベル&ハウエルはキャノンと業務提携しカメラを発売していましたが、やや先立って大沢商会とも資本・技術提携して日本映画機械株式会社(後の日本べルハウエル)を設立しており、後者が製造したメイドインジャパンの映写機が「ベル&ハウエル」として国内発売されていた、という形の様です。

映写機の流れで言うならば、フィルモサウンド7302型はB&H社の戦前の名機「129型」の血を受け継いでいます。

B&H Filmo 129D silent projector (late 1930s)
ベル&ハウエル社 129型 16ミリ映写機(1930年代後半)

1930年代後半に発売された129型はひっくり返した「凹」字型の土台に湾曲した一対のアームを配した美しいデザインの映写機でした。「凹」の字の左側の突き出した部分にスイッチが置かれています。

戦後、箱型の映写機が主流になるに従い、デザインのコンセプトはそのままに矩形のケースに収め、アームを外付けにし、光学/磁気サウンド双方に対応したアンプシステムを土台に組みこんでいきます。

弱点はケース内部に貼ってあるスポンジが経年劣化でボロボロになりやすい所。今回入手した一台もその状態で機体を外して掃除機で取り除く作業が必要でした。

bell-and-howell-filmosound-7302-16
映写機ケースの内側全体がこんな感じ

本体やレンズのフレームの傷以外はまずまずのコンディション。手持ちのコリーン・ムーアで試写、真昼間に壁に向かって映してこの解像度はなかなか。モーター音が結構大きいです。

また、戦後のフィルモサウンドはギターアンプへの転用で知られています。特にフィルモサウンド385型のアンプは有名で、米ウォーラス社のオーバードライブ「385」の名前の由来になっています。

bell-and-howell-filmosound-7302-amplifier06bell-and-howell-filmosound-7302-amplifier07

映写機の底板を外していくとマイナスのネジが4つ見えます。これを外すとアンプを取り外すことができます。ベル&ハウエル社の真空管アンプとしては最後期のもので、この後トランジスタアンプに移行していきます。

7本の真空管を使用。
プリアンプ管12AX7 × 2
プリアンプ管12AY7 × 1
パワー管6V6 × 2
パワー管6AR5 × 1
整流管6CA4 × 1

この辺の話はあまり詳しくないのですが、ギターアンプ自作派垂涎のシステムになっているようです。

302/7302型のアンプは光学/磁気サウンド両方に対応した特殊モデルだったため385のアンプと構成が違います。385型アンプでは本体左上に変圧器が置かれていましたが、302型ではスペースがなかったため映写機ケースの内側に固定されています。また整流管用に6CA4真空管を採用していますが。385型アンプでは5Y3gtが使用されていました。ギターアンプとして使用する際に音の違いが出てくるようです。トレブルとベースのつまみが独立して動くのも個性になっている模様。

ユーチューブの実演を聞いてみるとあら素敵な歪み。普段無声フィルムしか扱っていない人間は「映写機にこのスペックのアンプ必要!?」と驚かされ通しでした。

晩年のフリッツ・ラングが送ったクリスマス&新年祝いのカード

「フリッツ・ラング関連 [Fritz Lang Related Items]」より

フリッツ・ラング監督が晩年(1970年頃)に送ったクリスマス&ニューイヤーカード。以前、フランスの女優マドレーヌ・オズレイさんに宛てた電報をご紹介いたしました。出所が同じでおそらくオズレイさんが保管していた一点と思われます。

二つ折りで開いた大きさは22.0×15.5cm。折った時、外側に幻想的なイラストが見えるようになっていて、裏面に5か国語で説明が付されています。開くと内側に「メリークリスマス&新年おめでとう フリッツ・ラング」の印刷メッセージ。

こちらはユニセフのチャリティ用カードで晩年を合衆国で過ごしたラング監督の慈善活動の一端を伺うことができます。イラストデザインは米国の画家キャロリン・ジョブロンスキー(Carolyn Jablonsky, 1939-1992)さんが担当。似たフォントやレイアウトを使用した別画家作品が1970年前後にユニセフのクリスマスカードに使用された記録があり、時期を60年代末から70年代初頭と見ています。

独バウアー T3型 Super8用サイレント映写機 (1960年代後半、イスコ・ゲッティンゲン・ヴァリオ・キプタゴン)

「映写機」より

先日入手したのが音響の分野で定評のあるバウアー社のT3映写機です。日本では取扱いされた記録がなく、電圧設定(110~250v)からみて海外から持ちこんだ一台と思われます。

驚いたのは機体のコンパクトさ。ボタン類も最小限に抑えられ子供向けと思わせる簡素さながら、レンズにはイスコ社によるヴァリオ=キプタゴンを搭載しています。

取っ手がついていて持ち運びやすく、パーティーなどで映像を流したり、手持ちのフィルムを取り急ぎ確認したい時などに真価を発揮しそうです。

対応フィルム:Super8 (60mまで)
対応電圧:110/130/150/220/240/250v
製造国:ドイツ
製造時期: 1966~67年
レンズ:Isco-Göttingen Vario Kiptagon 1 : 14 / 18-30
ランプ:8v/50w p30s (Osram 58.8007/Philips 13120/Sylvania CXR/KP-GT)