「神戸発掘映画祭2021」が始まりました

Kobe Descovery Film Festival 2021

すでにご存じの方もおられるでしょうが10月16日より2021年度「神戸発掘映画祭」が始まりました。昨年はコロナ禍で中止となっていたもので2年ぶりの開催となります。

好企画が目白押しのラインナップには「9ミリ半フィルム特集」も含まれており、目玉作品の一つである『海の宮殿』(1927年、政岡憲三)を筆頭に歌右衛門の『浄魂』、高木新平の『怪傑鬼』、廣瀬恒美&夏川静江主演『漕艇王』など1920年代の重要作が上映予定となっています。

2021 – 『ティーミン』(1919、ゴーモン社、ルイ・フイヤード監督) DVD/ブルーレイ先行予約開始

2021年10月第1週、ルイ・フイヤード監督による連続活劇『ティーミン』のデジタル版先行予約が始まりました。正式な発売は12月8日。併せて『ジュデックス』のブルーレイ版も発売されます。ひとまず予約を済ませたので後は粛々と到着を待ちます。