] 映画の郷 [ 電子工作部:パテベビー映写機のシャッター羽根を自作する

pathe-baby-projector-replacement-shutter19

1920年代に設計・市販されたパテベビー映写機は、本体のほとんどが金属製となっています。樹脂パーツを使っていないため寿命が非常に長く、一世紀近く経った今でも現役の機体も少なくありません。

そんなパテベビー映写機の最大の弱点として知られているのが円形のシャッターです。

元々の材質は金属なのですが、遠心力で回りやすくするため重さを確保する必要があって他のパーツと異なった材質が使われています。この素材が曲者で、早くからひび割れを起こしたり膨張して映写機内一杯に広がってギアを動かなくしたり多くの問題を引き起こしています。

手元の4台のパテベビー映写機で、1台がシャッター羽根を外した状態になっていました。この個体用に3Dプリンタでシャッターを自作してみました。

Replacement Shutter for Pathe Baby Projector

pathe-baby-projector-replacement-shutter05

Tinkercadでデザインしたデータを印刷し、塗装までしたのがこちら。

まずは六角レンチを使って映写機正面のナット(大、銀色)を外していきます。ナットとワッシャーを外すと本体のケース部分を取り外すことができます。

続いてシャッター羽根と軸を受ける板を外していきます。ナット(小、金色)2個を外し、横長の長方形の板をそっと手前に引き抜いていきます。軸の先端が見えますので、シャッター羽根をギザギザの滑り止めが付いた部分に差しこんでいきます。

pathe-baby-projector-replacement-shutter17

分解した手順を逆に戻って組み立て直していきます。金色のナットを固定する際、緩すぎたり逆に固定しすぎたりすると羽根が回らなくなりますので、クランクを回して動作確認しながら組み立てを行っていきます。

pathe-baby-projector-replacement-shutter18

2020030-flywheel-shutter-testb

ケース部分と蓋の部分を戻して作業完了。一時間ほどかかりました。パテベビー映写機の分解・組立ては何度か経験があるためそこまで時間はかかりませんでしたが、久しぶりだったため作業の手順を一部忘れて居たところもあって途中何度かヒヤッとしました。

] 映画の郷 [ 電子工作部:Python + Kivyによるスキャン画像修復システムを構築する(2)

restoration-sample-m

昨年末から作り始めているスキャン画像修復システムの進捗報告です。

フィルムによって、時によっては同じフィルムでも場面によってノイズの出方が様々で、一つのパターンだけ作ってはい完成!とはいかないな、と試行錯誤している感じではあります。それでも修復の精度は間違いなく上がっている実感があります。

数日前に手掛けていた日本の個人撮影動画の一部をGIFアニメにしてみました。

anigif
『初秋の頃』(9.5ミリ個人撮影動画、日本、1930年前後)

] 映画の郷 [ 電子工作部:戦前9.5mmアルマ映写機のパーツを3Dプリンターで自作する

1月から3Dプリンターを使い始めていて、ようやく何ができて何ができないか分かるようになってきました。そこで先日、国産のアルマ9.5ミリ映写機のランプハウスのフード自作に挑戦。ふたつのパーツを別々に印刷して接着剤で貼りつける形になっています。

alma-projector-lamp-house-hood-02

成形が完了したのが上の写真。傾斜の部分に凸凹が見られます。

alma-projector-lamp-house-hood-03

パテで穴埋めした後に黒で塗装。左がデザインの下になったオリジナルのフード。右が今回自作したものです。オリジナルは一部に金属が使われています。

alma-projector-lamp-house-hood-04

完成品をランプハウスに乗せてみました。

alma-projector-lamp-house-hood-05

裏側から見るとこんな感じ。

alma-projector-lamp-house-hood-06

元々フードがあったアルマB型(手前)と今回自作パーツで補完したアルマA型(奥)。思った以上にデザインが複雑だったため完全コピーとはいきませんでした。違和感はそこまでないかな、と。戦前映写機のパーツを自作できるとリストアがはかどりそうです。

◇◇◇

合間に9.5mmフィルム用ホルダーも作ってみました。

フィルムが増えてくると管理が難しくなってきて、時に行方不明者も出てくる事態に。紐を通してまとめることが多いのですが、それだと真っ直ぐに並ばずに今度はケースの中でごちゃごちゃしてしまうのです。タグをつけて内容が分かるようにしつつ、整理しやすいようにとこの形になりました。フィルムケース穴に棒を通して端を円形パーツで留めるだけですがとても便利です。

] 映画の郷 [ 電子工作部: 百年前の蛇腹カメラにMicro4/3用マウントを組みこんで初期テッサーをミラーレスで使う

この連休に3Dプリンターデビューしました。

設定のシビアさに初日は大苦戦。精神を削られながらも一通りアウトプットまで辿りつきました。連休二日目はCADを使ってデザインした小作品に挑戦。3Dプリンターが音を立て、白い樹脂を積み上げていくと…

一時間半ほどで完成したのがこちらのパーツ。元々1920年頃のICA社の蛇腹カメラのパーツを元にしています。元のパーツには赤窓があり、窓をふさぐための金属製の覆いがついていました。

このIcaretteは初期のやや特殊なモデルで、630判のフィルムとアトム版の乾板どちらでも撮影ができるようになっていました。ガラス乾板を使用する際は裏の蓋を引いて外し、乾板を差し入れて撮影する形になっています。今回はこの部分を3Dプリンタで差し替え、円い穴を開けてミラーレスに丸ごとマウントしていきます。

Icaretteの方は上手くはまったのですがミラーレス側(マイクロ4/3)が微妙にサイズがあわず一旦作り直し。

二回目の出力分は逆にやや甘くなってガタつく感じ。それでも光漏れなどなくマウントすることは出来ました。ミラーレスの電源をオンにすると百年前の初期テッサーレンズ(f=6.5、75mm、シリアル209080)が古風で繊細な画像を返してきます。買い物がてら試写をしてきました。良いレンズですが曇りでこの感じだとフードが必須?再度3Dプリンターの出番ですかね…

] 映画の郷 [ 電子工作部:PythonとOpenCVでスキャン画像の修復プログラムを作る

昨年10月に自作スキャナーを完成させこれまでに数十本のフィルムをデジタル化したのですが、気になったのがフィルム上の傷や埃がノイズとして入りこんでしまう点でした。

年末の休みを利用し、スキャンした画像の連続自動修復を行うプログラムを書いてみました。作業は基本パソコン上で行いプログラミング言語としてpythonを使用。画像処理ライブラリOpenCVで動かしていきます。

時系列を追った試行錯誤は別枠で詳述。本稿では現時点までの成果をご紹介していきます。

修復対象は1928年公開のジャン・ルノワール作品『城下町の決闘』。スキャンをしてみたところ、以前の映写に由来する深い傷が目立ちました。旧所有者があまり良くない映写機を使っていたと思われ、フィルムの各コマのほぼ同じ位置に大きな傷が入っています。

参考画像01

その他にも埃や繊維と思われるゴミの影が黒く映りこんでいます。それでも画像一枚ならフォトショップで何とかなるのですが、総コマ数が数千~数万となる映画フィルム修復ではあまり現実的とは言えません。或る程度のコマ数を一括処理できるプログラムを書く方が早そうです。

試行錯誤の末、以下の4ステップで修復を行う流れを考えてみました。

【ステップ1:深い傷の一括修復】複数枚の画像に繰り返し現れる傷にOpenCVの「インペイント」で一括修正をかける。

『城下町の決闘』から連続する画像10枚を選んでみました。

参考画像02参考画像03(オリジナル)
まずは各コマの右側に多く見られる斜めの傷に修正をかけていきます。黒地に手描きの白で傷を示したマスク画像を一枚用意します。
参考画像04(マスク画像01)
OpenCVの「INPAINT_TELEA」関数を使い、ファイル名の連番で自動修復を行う設定をかけながらマスク画像の白い部分を画像の周辺データから修復していきます。
参考画像05参考画像06(第一段階完了時)
白いパッチ部分をもう少し広めに取れば良かったですね。

【ステップ2:ノイズの一括除去】続いて、スキャン画像に個別で現れてくる黒い点状のノイズ(埃やゴミ)を認識させ一括で除去していきます。ステップ1同様にマスク画像と「INPAINT_TELEA」関数を使用していくのですが、先のステップではマスク画像が手描きだったのに対し、今回は画面上の一定の黒さ以上の部分を色抽出プログラムで抜き出し、各コマごとにマスク画像を自動生成、自動修復していきます。
参考画像07(マスク画像2)参考画像08参考画像09(第二段階終了時)
画面のあちこちに発生していたノイズの点々をある程度除去できました。

【ステップ3:薄い傷の個別修復】ステップ1では大きな傷、ステップ2で細かなゴミの影を除去した後、今度はコマ個別に発生している薄く細い縦線(映写機由来の傷)を消していきます。OpenCVの線描画機能(Line関数)を使用し、画面上の細かな傷をなぞった跡をマスク画像として保存、三度「INPAINT_TELEA」関数でノイズ除去を行います。細かな傷が対象ですので描線はステップ1より一段階細くしています。
参考画像10(マスク画像3)参考画像11(第三段階終了)

【ステップ4:最終調整】メイン作業はここまでで終了。最後は明度や輝度など微修正を施していきます。OpenCVでガンマ輝度を0.9に下げ、完成画像をオリジナルと比べてみます。
参考画像11(オリジナルと完成画像比較)
課題は山積みで精度もまだ上げられそう。でも今のプログラミング能力だと1週間で組めるのはこの辺まででした。

compared

もう一枚もこの程度まで回復。「綺乃九五式スキャナー」と同様、次段階ではユーザーインターフェイスを自作しモニター画面を見ながらボタンでステップ1~4の作業を行えるようしていきます。

【祝】「綺乃九五式」が本年度「みんなのラズパイコンテスト」グランプリを受賞しました

「綺乃九五式」9.5ミリ専用 フィルムスキャナー

「みんなのラズパイコンテスト」は日経BP(ラズパイマガジン/日経Linux/日経ソフトウェア)が主催する電子工作のコンテストです。第6回目を迎えた本年度、「【ラズベリーパイ × 戦前映写機】綺乃九五式 フィルムスキャナー」で初参加させていただき、栄えあるグランプリを頂戴する名誉に預かりました。大きな賞を頂き恐縮かつ光栄に思っております。プログラミングはまだまだ初心者ですので精進して参ります。

仕様詳細はこちら

【「綺乃九五式」で甦る戦前日本の風景】

c1929 「かごめかごめ」 9.5mm 個人撮影動画
「かごめかごめ」1929年頃 9.5mm 個人撮影動画
1930年 「鳩と戯れる進一」 9.5mm 個人撮影動画
「鳩と戯れる進一」 1930年5月28日大阪四天王寺にて 9.5mm 川口光羊氏撮影
1929年頃 「池の掃除」9.5mm 個人撮影動画
「池の掃除」1929年頃 9.5mm 個人撮影動画
1923年 「震災のその後」 9.5mm 仏ニュースリール
「震災のその後」1923年撮影 9.5mm 仏パテ社ニュースリール
1910年代後半~20年代初頭 「日本雪景色」 仏ドキュメンタリー短編
「日本雪景色」1910年代後半~20年代初頭 9.5mm 仏ドキュメンタリー短編

「綺乃九五式」は全くのゼロから作り出されたシステムではありません。様々なアプローチで電子工作に挑戦しソースコードや記録をGithub、Qiitaに残してくれた沢山のプログラマーさんや自作愛好家様たち、そして個人的にご支援を頂いた廣田昌義、北原ルミ御夫妻に心より感謝申し上げます。

2019年11月28日

1930年代初頭 9.5mm 個人撮影動画 『かごめかごめ』(自作スキャナー「綺乃九五式」サンプル動画)

「9.5ミリ動画 05b 個人撮影動画」より

Early 1930s 9.5mm Home Movie « Kagome Kagome »
(Kino Type 95 Film Scanner Sampler)

かごめかごめ、かごのなかの鳥は
いついつ出やる 夜明けの晩に
鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ?

昭和6年(1931年)頃に撮影されたと思われる動画。

自宅の中庭で遊んでいる子供4人を父親が撮影した内容です。冒頭はお手伝いさんと思われる女性を交え「かごめかごめ」をしています。その後末っ子のおちびちゃんがカメラを前にポーズを取り始めます。場面は続いて縁側へと移り、兄姉弟が仲良く戯れている様子。大きな飼い犬も登場。最後は再び中庭へと戻って映像が終了。

元々は11本組で入手したフィルムセットのひとつで同じ兄姉弟を中心とした動画が他に数本含まれています。末っ子の坊やが披露していた両手をぐるりと回す動きは学校か何かで習う踊りのようで、別フィルムでお姉さんたちが完全版を披露。他にも仕事絡みの動画があって、内容から撮影者が東京帝国大学の朝比奈教授の下で化学/薬草学を学んでいた研究者さんだったと推測できます。

20メートルフィルム/1175フレーム/再生速度11フレーム毎秒
2400×1800の解像度でスキャンを実施、YouTube版は1080×810まで解像度を下げています