1930 – 『パテーの自家現像』(吉川新形式寫眞叢書・第一篇、吉川速男著、アルス社)

今回9.5ミリ動画カメラを実使用するに当たってまず参考にしたのは歸山教正氏の『シネ・ハンドブック』(1930年)でした。もう一冊9.5ミリ専用の書籍が欲しいな…と見つけ出したのがこちらの『パテーの自家現像』。某古書店ブログで触れられているように直線をベースにした素敵なデザイン(フォントやその配列を含む)にはバウハウス等の影響を見ることができます。

第五章と第七章だけを御覧下さるだけでも、獨りで容易に好結果を擧げる事が出來ます。

冒頭にある通り現像の具体的な流れを詳述したのが第5章(薬品の配合)と第7章(現像の手順)。吉川氏本人の自筆イラストが多くあしらわれ9.5ミリフィルム現像の実際を視覚的に追うことができます。

現像用薬品(現像液/反転液)の配合については『シネ・ハンドブック』とほぼ同じ。ただし『パテーの自家現像』には9.5ミリ用の作業時間配分の一覧が掲載されていて参考になりました。

1930年頃に撮影された9.5ミリの個人撮影動画では時々画面に液体が流れたような跡を見ることができます。長期保管による褪色や変色だと思っていたのですが、現像液や反転液の洗浄不足による現像ムラなのだと気づきました。撮影者・現像者視点からフィルムを見てみるとまた違った発見があるものですね。

自家現像時の現像ムラの一例
(『池掃除』、1929年頃、個人コレクションより)

[出版年]
1930年

[発行所]
アルス

[定価]
壹円

[ページ数]
150

[フォーマット]
13.0 × 19.5 cm、函入

戦前・戦中期の9.5ミリ動画カメラを使ってみた [03] 現像篇 その1 道具を探す

1920年代にパテベビー映写機・撮影機が市販された折に、仏パテ社から現像用具の一式も発売されていました。現存数が極端に少なく、一般公開されているものとしてはパリのフォンダシオン・ジェローム・セドゥ=パテが唯一と思われます。

フォンダシオン・ジェローム・セドゥ=パテ所有の9.5ミリ現像機
(同組織所属のPaolo Bernardiniさん撮影)
https://www.instagram.com/p/BAYFaSQI-Of/

上下に歯のついた平枠に9.5ミリフィルムを巻きつけて左の箱に収め、台になっている四角い箱にセットし現像液を注入する仕掛けになっています。

『シネ・ハンドブック』(歸山教正著、1930年)より

歸山教正氏の著書『シネ・ハンドブック』(1930年)でも同種の現像用ツールが紹介されていました。同氏は平枠を木材で自作する手法も公開。複雑な構造ではないため今回は3Dプリンタで自作しようと考えていました。

ところが別な手法で9.5ミリフィルムを現像している人を発見!

『ロモ・タンクで9.5ミリフィルムを現像してみた』
https://www.filmkorn.org/develop-9-5mm-film-in-a-lomo-tank/?lang=en

ドイツの方で、9.5ミリのカラーリバーサルフィルム現像に成功しています。

数日前にサンクトペテルブルクから届いた実物。

ロモ社の8ミリ映写機やロモグラフィーは知っていますがロモ・タンクは初耳。8ミリ愛好家の一部では割とよく知られた方法なんですね。内側にらせん状の溝が刻まれたリールがあってフィルムを立てていく形をとります。リールを円形タンクに収めてホースから薬剤を注入。上部のつまみを回すとリールが回転し撹拌される仕組みとなっています。元々8ミリ用なので9.5ミリではリールの厚みが変わりますが、2ミリほどのワッシャーを噛ませると上手くいくそうです。

] 映画の郷 [ 電子工作部:フィルムスキャナーにおけるディフューザーの使用

昨年まとめていた「綺乃 九五式・開発記録」で、写真を撮っていなかったため記事にできなかったコンテンツが幾つかありました。その一つが「ディフューザー」の設定でした。

フィルムをスキャンしていく際に必ず光源が必要となるのですが、ハロゲン/LED電球どちらを使用するにせよ光のムラができてしまいます。それを避けるため光を「散らす(ディフューズ)」仕組みを組みこまないといけない、という話でした。

室内で被写体をストロボ・フラッシュ撮影撮影する際に用いられるのが一般的な「ディフューザー」です。今回は幅一センチにも満たない小さなフィルムのコマを相手にしているため大掛かりなものは必要ありません。調べてみたところ、乳白色で半透明の樹脂かガラス、最悪薄手の白い紙をかませれば良いと分かりました。

Matthias Melchier氏自作の16ミリ用スキャナー(上)と
サンプル画像(下)

上の画像は2015年頃にMatthias Melcher氏が公開していた16ミリフィルム専用自作スキャナーです。フィルムに近い場所に白い紙を置いてディフューザに使用しているのが分かります。スキャン画像(下)を見ると光はきちんと散らばっています。

当初、綺乃九五式では乳白色の樹脂をLED電球とフィルムの間に置いたのですが上手くいきませんでした。ネットですりガラスを探し始めます。スキャナー自作ユーザーの集まるサイトで紹介されていた中国の「Plexiglas」は日本への発送に対応していなかったため断念。米エドモンド・オプティクス社の日本法人が扱っている25ミリ角のディフューザーを購入しました。

2020年8月に交換用で再購入したもの

スキャナーへの組みこみは3Dプリンタを使って固定用の補助部品を作り、すりガラスをはめこんで接着する方法を取りました。フィルムを固定するちょうつがい式の可動部分があるのでそこに貼りつけた形です。

光の拡散が均質となり画像が安定するようになりました。自作スキャナー作家の間で話題になる機会は少ないのですが画質に直結する部分で手間暇かける価値はあると思います。

] 映画の郷 [ 電子工作部:ラズパイHQカメラで戦後9.5ミリカラーフィルムをスキャンしてみた

『ガラパゴス諸島~アフリカ旅行記』
(1960年、仏9.5ミリ個人撮影動画より)
ラズパイHQカメラ+タムロンH21レンズ

先日、綺乃九五式スキャナーにラズパイHQカメラを移植しました。このスキャナーにとっては大きな一歩となります。V2カメラを前提に設計された綺乃九五式は白黒フィルムしか処理できなかったのですが、このアップデートでカラーフィルムを扱うことができるようになったからです。

今回、1960年に撮影されたガラパゴス諸島~アフリカ旅行動画をスキャンしてみました。上がその際の無加工スキャン画像。

悪くない、と思います。後に触れるように幾つか問題はあるものの、設定次第では16ミリ並の再現度までいける手応えがありました。

ちなみに一回目に行ったスキャンは失敗でした。何も考えずに白黒設定(彩度/saturation)のみを変更しスキャンしたところ、連続撮影の結果が次の形に。

数回に一度自動の補正フィルターがかかっています。

パイカメラ・ライブラリーのオートホワイトバランス(awb_mode)初期設定で「’auto’」となっているため悪さをしているのだろうと考え「’off’」に変更したものの結果は変わらず。露出モード「exposure_mode」が未設定(=デフォルト「’auto’」)になっていたのが問題で、こちらを「’off’」に変えると安定しました。

ところが別なショットで新たな問題が発生しました。

ウミイグアナの群れを捉えた一枚。解像度は良いのですが…色合いが奇妙です。このフィルムは2017年に一度映写機で実写しており、その時のスクリーンショットが残っています。

絵としての解像度はHQカメラに劣りますが、色合い/カラーバランスはこちらの方が自然な感じがします。HQカメラは青の発色がやや人工的で、画面全体に強く出ています。ヒストグラムで確認してみると:

映写機版のヒストグラム(写真上)から分かるように、光の三原色の中で青がやや強く出ています。こういった被写体を撮ろうとした時、処理が上手くいかず青味が極端に強調される形で残ってしまうようです。冒頭の鳥のように青があまり含まれていない画像では綺麗な結果が出てきます。下のスキャンも似たような感じです。

空が澄んだ青になるのは良いとして、引きずられるように背後の島が真っ青になり、人の肌や植物も青みがかっています。カラーバランスを修正したところ下の感じになりました。

修正前(左)と修正後(右)

肉眼で見えていたのは右の感じだったのでしょうね。HQカメラを使用した際にカラーバランスが青に寄る話は海外ユーザーからも報告 (« The whitebalance is also very “blue” ») されています。使用するレンズやセッティングに依存している可能性もありますが、今後HQカメラを使って実用的な作品を作ってみたいという方は留意しておいて良い話かと思われます。

] 映画の郷 [ 電子工作部:「綺乃九五式」にラズベリーパイのHQカメラを移植する

ラズパイ4Bが発売された時「カメラモジュールのV3が出ないかな」と密かに期待していました。そちらの音沙汰がなく不思議に思っていたところ、5月初めに新作のカメラモジュール「ハイクオリティカメラ V1」(以下「HQカメラ」)が発売されました。

センサーにSony IMX477R(英語規格書)を使用。1/2.3型で対角長7.857ミリ。センサーの縦横は実寸で4.7ミリ(高さ) ×6.2ミリ(幅)。有効画素数は12.3MピクセルでV2(8M)の約1.5倍になっています。ラズパイ4Bに接続し「vcgencmd get_camera」で確認すると無事認識されていました。

対応レンズはCS/Cマウントとなっています。手持ちのレンズを幾つか組みあわせてみましょう。

モビルスーツ風の風格があります。実際に試写した感想としてはV2カメラで発生していた「口径蝕」問題が解消されたのが何より一番の進化だと思います。

上の写真は2020年1月の雪の日にV2カメラで撮影したものです。このカメラモジュールはオリジナル以外のレンズを使うと四隅を中心に赤みがかった変色が出てしまいます。「キャリブレーション」という方法で補正をかけないと直せないもので、ラズパイベースでフィルムスキャナーを製作する際に大きな障害となっていました。

HQカメラ + ベルティオ Cinor (F20 1:1.9)で撮影した一枚。ヒストグラム右端にやや怪しい動きが見られるものの、V2カメラの欠点を修正した形になっています。

動作確認ができたので綺乃九五式スキャナーにHQカメラを移植していきます。

レンズは以前と同じくタムロンの21HA(Cマウント)。

HQカメラではイメージセンサーの幅が6.2ミリ程に広くなっています。目標としてはタムロンレンズと接写リングを組みあわせながら、この画角一杯に9.5ミリ(実際に映像が映っている部分の幅は8.5ミリほど)のフィルムを映し出していきます。

まずは必要となる接写リングの長さを計算していきます。

V2カメラの場合はセンサー幅が3.68ミリだったため3.68÷8.5=0.47。0.47倍の倍率を得るため20ミリの接写リングをあわせ、フィルム面からレンズの先端までの距離を168ミリ(16.8センチ)に設定していました。

今回センサー幅が変わりましたのでパラメーターが変わっています。

35ミリの接写リングを間に挟みます。この時CSマウント(HQカメラ)とCマウント(タムロンレンズ)の差分の5ミリがあるため、元々56ミリの焦点距離を備えていたレンズに30ミリの接写リングを組みあわせたことになります。

タムロンの仕様書に従うと、30ミリの接写リングをつけた際の最短撮影距離が119.6ミリで、その際に横幅12.1ミリの対象を画面に収めることができるようになっています。

この時、センサー面上に投影される画像の幅xは12.1:x = 119.6:86(56+30なので)となり、xは8.7ミリとなります。元々12.1ミリだった被写体がセンサー面では8.7ミリになったので0.71倍マクロレンズとして機能している訳です(ラズパイHQカメラのセンサー幅は6.2ミリですので、このセッティングで撮影すると幅8.7ミリの画像の中央の6.2ミリ分だけが切り取られて出力されます)。

最短撮影距離119.6ミリの場所に9.5ミリフィルムを置いてみます。フィルムの中で実際に映像が映っている部分の幅は8.5ミリほどです。これが0.71倍されると6.11ミリになります。ラズパイHQカメラのセンサー幅6.20ミリに上手く収まります。

V2カメラ+20ミリ接写リングの時は最短撮影距離が約16.8センチでしたが、今回のHQカメラ+35ミリ接写リングの場合は最短撮影距離が約12センチ。いままでより4.8センチカメラの先端をフィルム面に近づける必要があります。空間の余裕はあるので上手くいきそうです!

「綺乃九五式」にセッティングしたところ。

ラズパイHQカメラ + タムロン21HAレンズでの9.5ミリフィルムスキャン例(2400*1800)

1923年に発売された『パテ・マガジン 第1巻』より「金魚」の動画をスキャンしたものです。フレーム内に9.5ミリフィルムのコマがピッタリと収まっています。一部にガタツキが見られ微調整が必要ですが実用には使えそうです。

Pathé-Magazine Vol.1 « Les Cyprins Chinois »

Cマウントレンズは現在でも監視カメラなど産業用として市販されていますが、そもそも戦後の16ミリ動画カメラによく使われていた規格でした。今後クラシック・カメラ/オールド・レンズの愛好家も巻きこんで面白い作品が出てきそうな気がします。

] 映画の郷 [ 電子工作部:「綺乃九五式」スキャン画像修復プログラム(4)マウスクリックで矩形を指定しピンポイント修正を行う

この数日行っていたのがマウスクリックで画面上に領域を指定し、その部分をピンポイントで修正するプログラム製作です。画像の一部を処理する作業は「ROI(Region Of Interest)」と呼ばれているそうで、参考になるプログラムがオンラインで見つかりました。

【OpenCV】画像の一部のみ処理するROIの設定について【Python版】

このプログラムでは座標は予めコード内に記述しておく設定になっています。マウスクリックで座標を取得するプログラムは別に探しました。

OpenCVを使ってマウスイベント(手動)でテニスコート領域を選択できるようにする

クリックを4回するとその4点のxy座標をリストに格納し、その4点を頂点とする矩形を描くことができます。

「ROI」は矩形(台形などを含む)ではなく長方形しか処理できないようでしたので、4点クリックではなく左上と右下の2点クリックで座標を取得する形に修正します。ざっと書いたのが「denoising-roi2.py」(左)です。

先日スキャンした『聖女ベアトリクス伝説』からの一コマ。額の辺りに楕円形の汚れが付着しています。この部分をピンポイントで修復していきます。

sample18-roi01

プログラムを起動します。額の汚れの部分を左上と右下で挟みこむように2回クリック。すると自動でマスク画像が生成され、inpaint関数がそのマスク画像を介して元画像を修復していきます。

もう少し詳しい流れとしては:
1)加工用に元画像全体を一旦複製する(「dst_img」)
2)クリックした2点を対角線上の頂点とした長方形の画像「s_roi」を「dst_img」から抽出する
3)「s_roi」をhsv変換してからマスク画像「hsv_mask」を生成する
4)「hsv_mask」をパッチとし、inpaint関数で「s_roi」に修復をかけ画像「dst」を生成する
5)「dst」を「dst_img」の元の位置に置き換える
6)修復完了した画像を別名義で保存する(必要なら元画像を上書きする)

おでこの汚れを一か所消すだけにしては複雑な作業をしています。

参考サイトでは「ぼかし処理(blur関数)」を使っていて、これだと一行で済みます。ただぼかし処理は修復ではないんですよね。blur関数では下の結果になります。

copy-2836b-blurredcopy-2836b-blurred-detail

散らした感じとなり四角い跡が残ってしまいます。

一方のinpaint関数は設定次第でかなり綺麗な修復結果になります。設定値「uppervalue(uv)」を変えながら修正結果の違いを比較してみます。

copy-2836b-uv50
uv = 50 (7.896 秒)
ほとんど変化なし

copy-2836b-uv90
uv = 90(9.26 秒)
輪郭部分が残ってシミの様に見えます

copy-2836b-uv120
uv = 120(9.028 秒)
だいぶ薄くなりました

copy-2836b-uv150
uv = 150(9.091 秒)
かなり綺麗に消えています

copy-2836b-uv150b
uv = 150の拡大

uppervalueを150まであげるとダメージはほとんど見えなくなります。拡大するとうっすら輪郭は残っていますが、blur関数の様な不自然な感覚はありません。

フィルムのスキャン画像でダメージが一か所しかない、というのはあり得ない話で、傷や汚れは数ヶ所〜数十か所に及びます。そのまま修復システムに組みこむ感じではなさそう。それでもマウスクリック2回でxy座標を格納し、画像領域を指定してピンポイント修復出来るようになったのは収穫でした。

パテベビー映写機・解体新書 [簡易版]

anigif

5月末にジャンク扱いのパテベビー映写機を3台入手しました。どれも欠品や破損が目立ち実写には使えませんでしたがパーツ取りして一台分の組立てに挑戦。写真撮影を含めて1時間半くらいかかっています。

こちらの記事は簡易版で、個々のパーツの役割や組立て時の注意点は別項にまとめていきます。


1)背面部を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-01-back-plate-02

鉤爪の機構を含んだ背面部を取りつけていきます。スプリングを正しく装着しないと映写できなくなるデリケートな部分です。

2)シャッター羽根を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-02-shutter-wheel-02

円形のシャッター羽根(3Dプリンタでの自作代用品)と、おにぎり型の変形ギアを噛みあわせていきます。1)と並んでパテベビー映写機の組み立てでは一番難易度が高い作業です。

3)正面部を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-03-front-piece-01

4)ランプハウスを取りつける [詳細版]

pathebaby-process-04-lamp-house-01

5)ギアカバーを取りつける [詳細版]

pathebaby-process-05-gear-cover-03

6)土台部を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-06-base-01

7)蓋部分を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-07-top-piece-02

8)フィルム保護用のガラスパーツを取りつける [詳細版]

pathebaby-process-08-glass-cover-02


以上で基本的な流れは完了します。それ以外にもパテベビー映写機の実使用で役に立つノウハウは色々あります。折角ですのでこの機会にまとめてみることにしました。

補足1)ノッチ機構の仕組みを理解する [詳細版]

pathebaby-process-sup-notch-03b

補足2)レンズの分解とパテクソール・クラウス f=25mmの話 [詳細版]

pathebaby-process-sup-lens-01

補足3)鉤爪によるフィルム送りの仕組み [詳細版]

pathebaby-process-sup-03-04b

補足4)コンセントの形状と電圧の問題 [詳細版]

pathebaby-process-sup-power--supply-01

補足5)ベビー映写機専用ランプについて [詳細版]

pathebaby-process-sup-lamps-01

補足6)カタログとマニュアル類


] 映画の郷 [ 電子工作部:パテベビー映写機のシャッター羽根を自作する

pathe-baby-projector-replacement-shutter19

1920年代に設計・市販されたパテベビー映写機は、本体のほとんどが金属製となっています。樹脂パーツを使っていないため寿命が非常に長く、一世紀近く経った今でも現役の機体も少なくありません。

そんなパテベビー映写機の最大の弱点として知られているのが円形のシャッターです。

元々の材質は金属なのですが、遠心力で回りやすくするため重さを確保する必要があって他のパーツと異なった材質が使われています。この素材が曲者で、早くからひび割れを起こしたり膨張して映写機内一杯に広がってギアを動かなくしたり多くの問題を引き起こしています。

手元の4台のパテベビー映写機で、1台がシャッター羽根を外した状態になっていました。この個体用に3Dプリンタでシャッターを自作してみました。

Replacement Shutter for Pathe Baby Projector

pathe-baby-projector-replacement-shutter05

Tinkercadでデザインしたデータを印刷し、塗装までしたのがこちら。

まずは六角レンチを使って映写機正面のナット(大、銀色)を外していきます。ナットとワッシャーを外すと本体のケース部分を取り外すことができます。

続いてシャッター羽根と軸を受ける板を外していきます。ナット(小、金色)2個を外し、横長の長方形の板をそっと手前に引き抜いていきます。軸の先端が見えますので、シャッター羽根をギザギザの滑り止めが付いた部分に差しこんでいきます。

pathe-baby-projector-replacement-shutter17

分解した手順を逆に戻って組み立て直していきます。金色のナットを固定する際、緩すぎたり逆に固定しすぎたりすると羽根が回らなくなりますので、クランクを回して動作確認しながら組み立てを行っていきます。

pathe-baby-projector-replacement-shutter18

2020030-flywheel-shutter-testb

ケース部分と蓋の部分を戻して作業完了。一時間ほどかかりました。パテベビー映写機の分解・組立ては何度か経験があるためそこまで時間はかかりませんでしたが、久しぶりだったため作業の手順を一部忘れて居たところもあって途中何度かヒヤッとしました。

] 映画の郷 [ 電子工作部:Python + Kivyによるスキャン画像修復システムを構築する(2)

restoration-sample-m

昨年末から作り始めているスキャン画像修復システムの進捗報告です。

フィルムによって、時によっては同じフィルムでも場面によってノイズの出方が様々で、一つのパターンだけ作ってはい完成!とはいかないな、と試行錯誤している感じではあります。それでも修復の精度は間違いなく上がっている実感があります。

数日前に手掛けていた日本の個人撮影動画の一部をGIFアニメにしてみました。

anigif
『初秋の頃』(9.5ミリ個人撮影動画、日本、1930年前後)

] 映画の郷 [ 電子工作部:戦前9.5mmアルマ映写機のパーツを3Dプリンターで自作する

1月から3Dプリンターを使い始めていて、ようやく何ができて何ができないか分かるようになってきました。そこで先日、国産のアルマ9.5ミリ映写機のランプハウスのフード自作に挑戦。ふたつのパーツを別々に印刷して接着剤で貼りつける形になっています。

alma-projector-lamp-house-hood-02

成形が完了したのが上の写真。傾斜の部分に凸凹が見られます。

alma-projector-lamp-house-hood-03

パテで穴埋めした後に黒で塗装。左がデザインの下になったオリジナルのフード。右が今回自作したものです。オリジナルは一部に金属が使われています。

alma-projector-lamp-house-hood-04

完成品をランプハウスに乗せてみました。

alma-projector-lamp-house-hood-05

裏側から見るとこんな感じ。

alma-projector-lamp-house-hood-06

元々フードがあったアルマB型(手前)と今回自作パーツで補完したアルマA型(奥)。思った以上にデザインが複雑だったため完全コピーとはいきませんでした。違和感はそこまでないかな、と。戦前映写機のパーツを自作できるとリストアがはかどりそうです。

◇◇◇

合間に9.5mmフィルム用ホルダーも作ってみました。

フィルムが増えてくると管理が難しくなってきて、時に行方不明者も出てくる事態に。紐を通してまとめることが多いのですが、それだと真っ直ぐに並ばずに今度はケースの中でごちゃごちゃしてしまうのです。タグをつけて内容が分かるようにしつつ、整理しやすいようにとこの形になりました。フィルムケース穴に棒を通して端を円形パーツで留めるだけですがとても便利です。

] 映画の郷 [ 電子工作部: 百年前の蛇腹カメラにMicro4/3用マウントを組みこんで初期テッサーをミラーレスで使う

この連休に3Dプリンターデビューしました。

設定のシビアさに初日は大苦戦。精神を削られながらも一通りアウトプットまで辿りつきました。連休二日目はCADを使ってデザインした小作品に挑戦。3Dプリンターが音を立て、白い樹脂を積み上げていくと…

一時間半ほどで完成したのがこちらのパーツ。元々1920年頃のICA社の蛇腹カメラのパーツを元にしています。元のパーツには赤窓があり、窓をふさぐための金属製の覆いがついていました。

このIcaretteは初期のやや特殊なモデルで、630判のフィルムとアトム版の乾板どちらでも撮影ができるようになっていました。ガラス乾板を使用する際は裏の蓋を引いて外し、乾板を差し入れて撮影する形になっています。今回はこの部分を3Dプリンタで差し替え、円い穴を開けてミラーレスに丸ごとマウントしていきます。

Icaretteの方は上手くはまったのですがミラーレス側(マイクロ4/3)が微妙にサイズがあわず一旦作り直し。

二回目の出力分は逆にやや甘くなってガタつく感じ。それでも光漏れなどなくマウントすることは出来ました。ミラーレスの電源をオンにすると百年前の初期テッサーレンズ(f=6.5、75mm、シリアル209080)が古風で繊細な画像を返してきます。買い物がてら試写をしてきました。良いレンズですが曇りでこの感じだとフードが必須?再度3Dプリンターの出番ですかね…

] 映画の郷 [ 電子工作部:PythonとOpenCVでスキャン画像の修復プログラムを作る

昨年10月に自作スキャナーを完成させこれまでに数十本のフィルムをデジタル化したのですが、気になったのがフィルム上の傷や埃がノイズとして入りこんでしまう点でした。

年末の休みを利用し、スキャンした画像の連続自動修復を行うプログラムを書いてみました。作業は基本パソコン上で行いプログラミング言語としてpythonを使用。画像処理ライブラリOpenCVで動かしていきます。

時系列を追った試行錯誤は別枠で詳述。本稿では現時点までの成果をご紹介していきます。

修復対象は1928年公開のジャン・ルノワール作品『城下町の決闘』。スキャンをしてみたところ、以前の映写に由来する深い傷が目立ちました。旧所有者があまり良くない映写機を使っていたと思われ、フィルムの各コマのほぼ同じ位置に大きな傷が入っています。

参考画像01

その他にも埃や繊維と思われるゴミの影が黒く映りこんでいます。それでも画像一枚ならフォトショップで何とかなるのですが、総コマ数が数千~数万となる映画フィルム修復ではあまり現実的とは言えません。或る程度のコマ数を一括処理できるプログラムを書く方が早そうです。

試行錯誤の末、以下の4ステップで修復を行う流れを考えてみました。

【ステップ1:深い傷の一括修復】複数枚の画像に繰り返し現れる傷にOpenCVの「インペイント」で一括修正をかける。

『城下町の決闘』から連続する画像10枚を選んでみました。

参考画像02参考画像03(オリジナル)
まずは各コマの右側に多く見られる斜めの傷に修正をかけていきます。黒地に手描きの白で傷を示したマスク画像を一枚用意します。
参考画像04(マスク画像01)
OpenCVの「INPAINT_TELEA」関数を使い、ファイル名の連番で自動修復を行う設定をかけながらマスク画像の白い部分を画像の周辺データから修復していきます。
参考画像05参考画像06(第一段階完了時)
白いパッチ部分をもう少し広めに取れば良かったですね。

【ステップ2:ノイズの一括除去】続いて、スキャン画像に個別で現れてくる黒い点状のノイズ(埃やゴミ)を認識させ一括で除去していきます。ステップ1同様にマスク画像と「INPAINT_TELEA」関数を使用していくのですが、先のステップではマスク画像が手描きだったのに対し、今回は画面上の一定の黒さ以上の部分を色抽出プログラムで抜き出し、各コマごとにマスク画像を自動生成、自動修復していきます。
参考画像07(マスク画像2)参考画像08参考画像09(第二段階終了時)
画面のあちこちに発生していたノイズの点々をある程度除去できました。

【ステップ3:薄い傷の個別修復】ステップ1では大きな傷、ステップ2で細かなゴミの影を除去した後、今度はコマ個別に発生している薄く細い縦線(映写機由来の傷)を消していきます。OpenCVの線描画機能(Line関数)を使用し、画面上の細かな傷をなぞった跡をマスク画像として保存、三度「INPAINT_TELEA」関数でノイズ除去を行います。細かな傷が対象ですので描線はステップ1より一段階細くしています。
参考画像10(マスク画像3)参考画像11(第三段階終了)

【ステップ4:最終調整】メイン作業はここまでで終了。最後は明度や輝度など微修正を施していきます。OpenCVでガンマ輝度を0.9に下げ、完成画像をオリジナルと比べてみます。
参考画像11(オリジナルと完成画像比較)
課題は山積みで精度もまだ上げられそう。でも今のプログラミング能力だと1週間で組めるのはこの辺まででした。

compared

もう一枚もこの程度まで回復。「綺乃九五式スキャナー」と同様、次段階ではユーザーインターフェイスを自作しモニター画面を見ながらボタンでステップ1~4の作業を行えるようしていきます。

【祝】「綺乃九五式」が本年度「みんなのラズパイコンテスト」グランプリを受賞しました

「綺乃九五式」9.5ミリ専用 フィルムスキャナー

「みんなのラズパイコンテスト」は日経BP(ラズパイマガジン/日経Linux/日経ソフトウェア)が主催する電子工作のコンテストです。第6回目を迎えた本年度、「【ラズベリーパイ × 戦前映写機】綺乃九五式 フィルムスキャナー」で初参加させていただき、栄えあるグランプリを頂戴する名誉に預かりました。大きな賞を頂き恐縮かつ光栄に思っております。プログラミングはまだまだ初心者ですので精進して参ります。

仕様詳細はこちら

【「綺乃九五式」で甦る戦前日本の風景】

c1929 「かごめかごめ」 9.5mm 個人撮影動画
「かごめかごめ」1929年頃 9.5mm 個人撮影動画
1930年 「鳩と戯れる進一」 9.5mm 個人撮影動画
「鳩と戯れる進一」 1930年5月28日大阪四天王寺にて 9.5mm 川口光羊氏撮影
1929年頃 「池の掃除」9.5mm 個人撮影動画
「池の掃除」1929年頃 9.5mm 個人撮影動画
1923年 「震災のその後」 9.5mm 仏ニュースリール
「震災のその後」1923年撮影 9.5mm 仏パテ社ニュースリール
1910年代後半~20年代初頭 「日本雪景色」 仏ドキュメンタリー短編
「日本雪景色」1910年代後半~20年代初頭 9.5mm 仏ドキュメンタリー短編

「綺乃九五式」は全くのゼロから作り出されたシステムではありません。様々なアプローチで電子工作に挑戦しソースコードや記録をGithub、Qiitaに残してくれた沢山のプログラマーさんや自作愛好家様たち、そして個人的にご支援を頂いた廣田昌義、北原ルミ御夫妻に心より感謝申し上げます。

2019年11月28日

1930年代初頭 9.5mm 個人撮影動画 『かごめかごめ』(自作スキャナー「綺乃九五式」サンプル動画)

「9.5ミリ動画 05b 個人撮影動画」より

Early 1930s 9.5mm Home Movie « Kagome Kagome »
(Kino Type 95 Film Scanner Sampler)

かごめかごめ、かごのなかの鳥は
いついつ出やる 夜明けの晩に
鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ?

昭和6年(1931年)頃に撮影されたと思われる動画。

自宅の中庭で遊んでいる子供4人を父親が撮影した内容です。冒頭はお手伝いさんと思われる女性を交え「かごめかごめ」をしています。その後末っ子のおちびちゃんがカメラを前にポーズを取り始めます。場面は続いて縁側へと移り、兄姉弟が仲良く戯れている様子。大きな飼い犬も登場。最後は再び中庭へと戻って映像が終了。

元々は15本組で入手したフィルムセットのひとつで同じ兄姉弟を中心とした動画が他に数本含まれています。末っ子の坊やが披露していた両手をぐるりと回す動きは学校か何かで習う踊りのようで、別フィルムでお姉さんたちが完全版を披露。他にも仕事絡みの動画があって、内容から撮影者が東京帝国大学の朝比奈教授の下で化学/薬草学を学んでいた研究者さんだったと推測できます。

20メートルフィルム/1175フレーム/再生速度11フレーム毎秒
2400×1800の解像度でスキャンを実施、YouTube版は1080×810まで解像度を下げています