マリア・ヤコビニ Maria Jacobini (1892 – 1944) 伊

イタリア [Italy]より

Maria Jacobini Autographed Postcard

藝風。打ち沈んだ面影、何とない寂しみを含むその頬笑み、胸の悩みに悶える女の性格、其を表す事に於て卓越した技巧を有するマリア・ヤコビニ。彼女は過去に於てはサヴオイア社作『ジヤンダーク』『生ける屍』で我々に好評を得たが、近く輸入された杜翁[トルストイ]の『復活』(チベル社作)が封切の暁には、更に卓絶した彼女の藝を味ひ得る事と信ずる。

経歴。マリア・ヤコビニ嬢が斯界に入つての第一歩はトリノ市のサヴオイア會社に於てであつた。永くの間舞臺上の經驗を積んだ嬢は、斯界に於ても忽ち好評を得た。さうして同社の、南歐映畫界にも誇るに足る傑作『ジヤンダーク』及び『全勝』(勝利の徽章)に主演を演ずるに至つた。尚數多の映畫に名優ヂロ・ロンバルヂー氏と共演し好評を得たが、一九一三年暮パスクワリ社に轉じ、翌一九一四年更にチエリオ社に入り、『悲しき集』『死なない爲』『死の恐ろしき翼』『アナンケ』等に主役を演じて世評に昇り、嬢の斯界に於る人気は一躍してエスペリア夫人、リダ・ボレリ嬢を凌がうといふ勢になつた。

「伊太利活動俳優列傳」 『活動画報』1919年6月号


『生ける屍』(1913年) 広告

1914年、パスクワリ社広告

第一次大戦前、イタリア映画の勃興期に女優としての活動を開始し、サヴオイア社、チベリ社、イタラ社など多くの映画会社で花形女優として活躍したのがマリア・ヤコビニでした。当時のディーヴァ女優の多くが女王様然としたオーラを漂わせていた中で、マリア・ヤコビニは一味違った柔らかで親しみやすい雰囲気を備えており、町娘役を演じた『さらば靑春』でもそういった個性は発揮されています。

第一次大戦後は他のイタリア女優同様国外へと拠点を求めていくことになります。20年代に苦戦したベルティーニやマコウスカ等と対照的に、マリア・ヤコビニは監督(デュヴィヴィエ、オツェップ)にも恵まれ無声映画末期にも観るべき作品を幾つか残しています。なかでも1929年の『ママン・コリブリ(Maman Colibri)』は彼女のエモーショナルな表現力を再確認できる優れた作品です。

『ママン・コリブリ(Maman Colibri)』
(ジュリアン・デュヴィヴィエ監督)より

[IMDb]
Maria Jacobini

[Movie Walker]
マリア・ヤコビニ

[出身地]
イタリア(ローマ)

[誕生日]
2月17日

ロミュアルド・ジュベ Romuald Joubé (1876 – 1949) 仏

「フランス [France]」より

Romuald Joubé Autographed Postcard
Romuald Joubé Autographed Postcard

ジュベ氏は南仏、本物の南仏出身である。微かな訛りが残っていて喋りに謡の抑揚があり、デュマが描いたダルタニアンを思い出させる。実際舞台で何度も演じている。

「それからパリにやってきました。二年の間、国立高等音楽・舞踊学校に入ろうと苦労したものの結果はでず、ポスター描きの仕事で生計を立てていました。コメディ・フランセーズのシルヴァン氏が一枚注文をくれたんです。彼がルイ11世を演じるためにイタリアと全フランスを巡業することになっていて、私は付き添って行きました。パリに戻るとシルヴァンは高等音楽・舞踊学校の自分のクラスに私を入れてくれたんです」

「仏映画界のエース:ロミュアルド・ジュベ」
モンシネ誌1923年5月10日付64号

Joubé est du Midi, du vrai. Il garde une pointe d’accent qui rend sa parole chantante et fait penser à un d’Artagnan, celui de Dumas, qu’il a incarné bien des fois au théâtre. […]

Puis j’arrive à Paris. Pendant deux ans, en vain, j’essaie d’entrer au Conservatoire et je gagne ma vie en faisant des affiches. Sylvain, de la comédie-Françaoise, m’en commande une. Il devait partir en tournée en Italie et dans toute la France pour jouer Louis XI. Je pars avec lui Au retour, il me prend dans sa classe au Conservatoire.

Un As du Cinéma : Romuald Joubé
(Mon Ciné No 64, 10 Mai 1923)

Romuald_Joube02

舞台活動が中心の男優さんながら端整な雰囲気を生かして1910~20年代の仏サイレント映画に多く出演、『私は弾劾する』(1919年)や『狼の奇跡』(1924年)など、多くの名作で重要な役を演じました。

[IMDB]
nm0431069

[誕生日]
6月20日

[出身]
フランス

[コンディション]
B

[サイズ]
13.5 × 8.5 cm

ニコラ・リムスキー Nicolas Rimsky (1886 – 1942) 露

Nicolas Rimsky Autographed Postcard
Nicolas Rimsky Autographed Postcard
ロシア革命後、モジューヒンらとともに亡命しアルバトロス社を中心に活躍した俳優さん。モジューヒンとは違って喜劇を得意としており、『5日間パリ一周』(Paris en cinq jours, 1925)ではドリー・デイヴィスと、『カーニヴァルの夜』(Nuit de carnaval, 1922)ではナタリー・コヴァンコと共演しています。

エドヴィーゲ・トニさん旧蔵の一枚、「楽しかった思い出に、エドヴィーゲ・トニさんへ、パリにて(Au bon souvenir, Edvige Tonni, Paris)」のメッセージ付。日付は1927年1月ではないかと思われます。

アンナ・フゲツ Anna Fougez(1894 – 1986)

Anna Fougez

エドヴィーゲ・トニさん旧蔵コレクションより。

映画の出演は少ないながらグスタヴォ・セレーナ監督作品に出ていた記録があります。他に紹介しているネラ・レジーニと同じように、カフェ・レストランなどで歌や演技を披露するシャントーザ(sciantosa)の位置づけだったではないかと思われます。

歌手として1919年に録音された「Vipera」がユーチューブで紹介されていました。

Anna Fougez Autographed Postcard

[IMDb]
nm2313315

[出身]
イタリア

[誕生日]
7月8日

[入手]
2015年4月30日

 

ソアヴァ・ガローネ Soava Gallone(1880 – 1957)

ブレシア(Brescia)在住のエドヴィーゲ・トニさん旧蔵コレクションより。

2枚の絵葉書はいずれも夫カルミネ・ガローネが監督した『愛国の騎士』(La Cavalcata Ardente)』より。一枚は単独のポートレートで右下にサインがほどこされています。

もう一枚は尼姿で、裏面に「エドヴィーゲ・トニさんへ、親愛をこめて(A Edvige Tonni, con simpatia)。1926年の3月18日」の一文が付されています。

Soava Gallone 1926 Postcard Inscribed to Edvige Tonni

[IMDb]
nm0303122

[出身]
イタリア

[誕生日]
5月30日

[入手]
2015年4月30日

ミミ・エイルマー Mimì Aylmer (1896-1992)

1910年代イタリアにはディーヴァになり損ねた女優も数多くいました。

エイルマーは幾つかの無声映画に出演している[…]。悲劇調だったり喜劇風の役で出演しているこれらの映画は知られる限り現存していない。そのため、彼女の演技スタイルがどのようなものだったか知る由はない。

出演作は現存していないとされていますが、「ミミ」単独名義で映画出演していたと思われ、そちらの方でフィルムが残っていたのを確認できました。

エドヴィーゲ・トニさん旧蔵の一枚で1925年の年号が添えられています。

Mimì Aylmer 1925 Autographed Postcard from the Edvige Tonni Collection