カローラ・テーレ (Carola Toelle 1892 – 1958) 独

Carola Toelle Autographed Postcard

フリッツ・ラング監督初期作のひとつ『彼女をめぐる四人』(Vier um die Frau、1921年)で主演を務めたのがこちらのカローラ・テーレです。

第一次大戦終戦前後にドイツで数多デビューしてきた女優の一人で、当時はヘラ・モヤと並んで知名度が高かったようです。デビュー間もない時期の主演作『Das Lied der Colombine』でのリュートを手に歌う場面が印象的で、今回入手したサイン絵葉書はその場面をモチーフにしています。

本作のヒロインを演じているカローラ・テーレは品があって愛らしく、演技にも共感できる。

Carola Toelle, die hier die Hauptrolle inne hat, ist eine anmutige, liebreizende Erscheinung, deren Spiel sympathisch berührt.(Neue Kino-Rundschau vom 17. Oktober 1918. S. 59)

Carola Toelle in Das Lied der Colombine (1918)
『Das Lied der Colombine』(1918年)より
Carola Toelle in Vier um die Frau (1921, Fritz Lang)
『彼女をめぐる四人』より

[IMDB]
nm0865438

[Movie Walker]
カローラ・テーレ(Carola Toelle)

[誕生日]
4月2日

[出身]
ドイツ(ベルリン)

[サイズ]
8.6 × 13.4cm

[データ]
Verlag Herm. Leiser, Berlin Wilm. 5661 Phot. Deutsche Bioscop Ges.

ディオミラ・ヤコビニ (Diomira Jacobini 1899 – 1959) 伊

「国別サインリスト イタリア [Italy]」より

Diomira Jacobini 1929 Autographed Postcard

若くしてデビューした姉のマリア・ヤコビニを追うように1912年に女優デビュー、第一次大戦中に20作以上の映画に出演し知名度を上げていきます。

終戦後イタリア映画界が陰りを見せ始めるとマリアを含む多くの俳優は海外に活躍の場を求めました。ディオミラもドイツに渡り再スタートを切っています。

『死の花嫁』(1928年)
『死の花嫁』でのディオミラ(右はカリーナ・ベル)

この時期の作品で、1928年の歴史メロドラマ『死の花嫁』(Revolutionshochzeit)が現存。ディオミラは結婚式当日に革命派に見つけ出され、軟禁されてしまう花嫁を演じています。名監督A・W・サンドベルグの力量が発揮された同作は評判を呼び日本でも公開されました。

姉マリアの圧倒的な存在感、実績にややもすると隠れがちですが、『死の花嫁』からはお姉さんにはない硬質な透明感も伝わってきます。

[IMDB]
nm0414293

[Movie Walker]
ディオミラ・ヤコビニ

[誕生日]
5月21日

[出身]
イタリア(ローマ)

[サイズ]
9.0 × 13.9cm

[データ]
「1929年10月29日ベルリンにて」 « Ross » B.V.G. Berlin SW 68

ギルダ・ランガー Gilda Langer (1896 – 1920) チェコ/独

「国別サインリスト ドイツ/オーストリア [Germany/Austria]」より

Gilda Langer Autograph/Autogramm/Autographe

1910年代後半、名プロデューサーのカール・メイヤーの目に留まり、ベルリンにやってきて舞台女優としてのキャリアを積み始めます。1917年に映画女優としてデビュー、フリッツ・ラングの最初期作『混血児』『愛のあるじ』(後者ではヒロイン役。どちらも現存せず)に出演を果たしています。

カール・メイヤーが『カリガリ博士』の映画化企画に着手した際、ヒロイン役にギルダ・ランガーを念頭に置いていたそうです。しかし1920年1月にインフルエンザで体調を崩しそのまま病没、わずか24歳にしてそのキャリアを閉じました。

[IMDb]
nm0486300

[出身]
チェコ(オストラヴァ プジーヴォス)

[誕生日]
5月16日

[データ]
Verl. Herm Leiser, Berlin-Wilm. 2222. phot Zander & Labisch

[サイズ]
8.7 × 13.4cm

エルンスト・ルビッチ(Ernst Lubtsch)、大正9年のサイン入り絵葉書

「国別サインリスト ドイツ/オーストリア [Germany/Austria]」より

Ernst_Lubitsch01-m

エルンスト・ルビッチ監督が1920年に残したと思われるサイン入りの絵葉書。時期的には『カルメン』(1918年)、『パッション』(1919年)、『寵姫ズムルン』(1920年)などコスチュームやモブシーンに贅を凝らした大作を発表、名実ともにドイツを代表する監督になっていった頃です。

Ernst Lubitsch 1920s Autographed Postcard 02

メッセージ欄を見ると様々な書きこみと消しこみがあります。1920年7月16日付の消印、アルフレート・ノエ氏宛の宛名書きが鉛筆で消されています。また「アルヒーフ・フォト(写真アーカイヴス)」というスタンプが押され、こちらはマジックで消されています。長旅を経て手元に辿りついたようです。

[IMDB]
nm0523932

[誕生日]
1月29日

[出身]
ドイツ

[コンディション]
B+

[サイズ]
13.5 × 8.5 cm

アリィ・コルベルグ Ally Kolberg-Kay (? – ?) 独

「国別サインリスト ドイツ/オーストリア [Germany/Austria]」より

Ally-Kolberg-Kay03-m

1910年代初頭、ドイツ映画で最初に活躍した女性監督としてハンナ・ヘニング(Hanna Henning、1884–1925)が知られています。初期は「ブビ君(Bubi)」という悪戯少年を描いた喜劇で人気を得ていました。

『ブビ君嫉妬する』(1916年)や『彼女も男の子』(1917年)など同シリーズの常連女優としてスクリーンに登場してきたのがアリィ・コルベルグでした。

1917年頃からハンナ・ヘニングが子供向け喜劇を離れより複雑なドラマに向かう中でアリィ・コルベルグも役柄を広げ始め、1919年にはカール・ルデルマン社に移籍、「アリィ・コルベルグ劇映画シリーズ」の名で主演作の連作を発表し始めました。

Ally Kolberg Dramen-Serie (in Kinema, 1919)
スイスの『キネマ』誌に掲載された主演作シリーズ広告(1919年)

翌1920年がキャリアの頂点となり、カール・ハインツ・ベーゼやリヒャルト・オズヴァルト監督作品に出演。しかしこの年を境に出演歴が途切れています。この後に唯一クレジットされた映画では名が「Ally Kay-Bing」と変わっているため、結婚を機に引退したのではないかと言われています。

[IMDB]
Ally Kay

[誕生日]
不明

[出身]
不明

[コンディション]
B+

[メーカー]
Film Sterne

[サイズ]
13.5 × 8.5 cm

1912 – Normal 8 『コレッティを探せ』(1912年、マックス・マック監督)

1912年は映画産業が軌道に乗り始め、あちこちに劇場が作られて盛り上がっていた時期です。

『コレッティを探せ』はこの時期のドイツでヒットした作品で、「探偵コレッティを48時間以内に捕まえることができたら100万マルク進呈!」の広告に人々が踊らされていく様子をコミカルに描いています。

定番のドタバタ追跡から女装まで様々な要素をコンパクトに詰めこみ、ベルリン市街地での撮影で都市風景をうまく取りこむなど、確かに今見ても面白い一作ではないかと思われます。

[タイトル]
Wo ist Coletti?

[原題]
Wo ist Coletti?

[製作年]
1912年

[IMDB]
tt0003565

[メーカー]
独DEFA社

[カタログ番号]
222

[フォーマット]
ノーマル8mm 60m(無声)

テオドル・ロース Theodor Loos (1883 -1954) 独

「国別サインリスト ドイツ/オーストリア [Germany/Austria]」より

Theodor Loos 1910s Autographed Postcard

グリンとした目が印象的な男優さん。

ドイツ映画では古株の一人で1916年の有名な連続活劇『ホムンクルス』にも姿を見ることができます。1920年代にラング映画の常連となり、『メトロポリス』で独裁者フレーダーを裏切る秘書、ヨザファート役を好演しました。

戦後までの長い俳優歴を持ち、30~40年代のサイン物は比較的容易に見つけることができます。今回入手できたのは1918年の『Getrennte Welten』主演時の絵葉書でキャリア初期と思われる一枚でした。

[IMDB]
nm0519765

[誕生日]
3月18日

[出身]
ドイツ

[コンディション]
B+

[メーカー]
Film Sterne

[サイズ]
13.5 × 8.5 cm