1928 – 9.5mm 『城下町の決闘』(ジャン・ルノワール監督)

「9.5ミリ 劇映画」より

画家オーギュスト・ルノワールの長男、ジャンはフランス映画史上最も重要な監督の一人として知られています。しかしその初期作『城下町の決闘』(1928年)は長らく幻の作品とされてきました。35ミリ、16ミリのオリジナルネガが見つかっておらず完全版が残っていないのです。30年代末に英パテスコープ社が編集した9.5ミリ短縮版が唯一の現存版とされています。

時は16世紀、 カトリーヌ・ド・メディシス(ブランシュ・ベルニ)が権力を握っていたフランスで、剣術の達人である大公フランソワ・ド・ベイン(アルド・ナディ)が宮廷の美女イザベル(ジャッキー・モニエ)に懸想し、カトリーヌの許可を受けイザベルを己の妻にしようとします。イザベルの兄が異議を唱えるのですが、フランソワは決闘の末彼を殺し邪魔者を片付けるのでした。イザベルと相思相愛の仲だったアンリ・ド・ロジエは結納の場に乗りこみイザベルの強奪を試みるも失敗、事件の経緯はカトリーヌ・ド・メディシスの耳に入り、フランソワとアンリの馬上槍試合で決着をつけることになります…

『城下町の決闘』は監督自身の発案で製作されたものではなく映画会社から委託された仕事でした。そのためルノワール監督の本領が発揮されていない、のネガティヴな評価を受けやすい一作です。

軽めの恋愛や派手な剣術を前面に出して大衆受けを狙う辺り確かにルノワールらしくない内容と言えます。とはいえ、よく見てみるとメディシス役のブランシュ・ベルニやフランソワの母親役のシュザンヌ・デプレのベテラン勢も存在感を放っています。『城下町の決闘』は若手(ナディ、モニエ)を中心に繰り広げられるロマンスやアクションを前面に出しつつ、他方でドロドロした政治・宗教の側面(ベルニ)や悩める母の物語(デプレ)を読みこんでいける重層構造になっているのです。正直、真の主演はベルニ、デプレだと言って良いくらいです。

ルノワールは決して大衆芸術としての映画を低く見ていた訳ではありませんし、エンタメ路線と監督のこだわりをきっちり両立させた点で『城下町の決闘』は優れていると言えます。またそう考えるとルノワール監督作で9.5ミリソフト化されたのが本作だけなのもしっくりきますよね。

二年前にこのフィルムを映写機で観た時、右側に白い点々のノイズが入っているのは気がついていました。今回スキャンしてみて予想以上に深い傷があちこちにあると判明。傷そのものよりも、映写機では気づけなかった自分に軽い衝撃を受けています。

sample

[タイトル]
The Tournament

[原題]
Le Tournoi dans la cité

[製作年]
1928年

[IMDB]
tt0019486

[メーカー]
英パテスコープ社

[フォーマット]
9.5mm

1929 – VHS 『ジャンヌ・ダルクの驚異の一生』 (マルコ・ド・ガスティーヌ、白黒リストア版)

「『ジャンヌ・ダルクの驚異の一生』[La Merveilleuse vie de Jeanne D’Arc, 1929]」より

2011~12年頃に入手した仏VHS版。

主演のシモーヌ・ジュヌヴォワは1930年代半ばには結婚して女優業を退いていましたが、戦後、晩年の1980年代になって夫であり元映画プロデューサーのコンティ氏と共に本作の修復プロジェクトを始動させました。実際に作業の中心となったのはルネ・リヒティグ女史で1985年には琥珀色に染色された125分のリストア版が完成。この修復版を白黒で収録したのがVHS版となります。

1990年代半ばのVHSからDVDに切り替わった時期に発売されたため自国フランスでもほとんど流通せず、中古市場でも見かけることが少ない一作。1929年の初公開時にはドライヤー版のインパクトとトーキーの到来にかすんでしまった上、VHSの発売ではDVDにかき消されてしまう辺りが「フランス無声映画史上最も不運な映画」の面目躍如でしょうか。

元々2010年頃、本作をデジタル化した動画が(ユーチューブではない、そして今ではもう存在していない)動画サイトに投稿されていました。そこで初めて見て完成度の高さに驚きVHSを探し始めました。海外発送不可のセラーさんの手元にあるのを見つけ、輸入代行業者に委託して送ってもらいます。VHSの規格が日仏では異なっており手持ちのデッキでは再生できずさらに別な業者に依頼してデジタル化してもらった覚えがあります。

[原題]
La Merveilleuse Vie de Jeanne D’Arc

[公開年]
1929年

[IMDB]
tt0020165

[メーカー]
仏ルネ・シャトー社

[発売年]
1995年頃

[フォーマット]
VHS

1920年代 -9.5mm 個人撮影動画 フランス『森の精』

「9.5ミリ動画 05b 個人撮影動画」より

« Le Faune », film d’amateur français des années 20

1920年代の半ば~後半に撮影されたと思われるフランスの個人撮影動画。観光で南仏を訪れた家族が寸劇を披露している様子が記録されています。

まずは字幕で場所の説明がされています。南仏ニース近郊を訪れたようで、キャンピング地として人気のあるルー川付近(Les Gorges du Loup)で撮影されたようです。

冒頭、木陰から登場人物たちが順に登場、ファッションショーのランウェイよろしくカメラに向かって歩いてきます。先頭に娘さん、続いて奥さんが登場、最後にお父さんが姿を見せます。

画面が切り替わりと木陰で休んでいる女性二人。奥の方から毛皮をまとった「森の精」が出現、逃げ出した女性を追いかけ始めます。特にオチのようなものはなく、最後は三人が仲良く肩を寄せあって幕を閉じます。

他愛ない即興の素人劇ながら素敵な思い出作りではないでしょうか。

撮影者は息子さんと思われますが、もう一台別に手回しのパテベビー動画カメラを携行していたようで画面に写りこんでいました。

2台目のカメラ
2台目の手回し動画カメラ

ベルト・ボヴィ Berthe Bovy (1887 – 1977) ベルギー 大正10年のサイン絵葉書と明治43年の主演作『ダビデとゴリアテ』

「フランス [France]」より

Berthe Bovy 大正10年直筆サイン入り絵葉書

1900年代中盤にシャルル・ル・バルジの元で演劇を学び、コメディ・フランセーズ入りして舞台デビュー。美人女優として話題を呼び、雑誌の表紙を幾度となく飾りました。20年代にはコクトーやコレットなど当時の文壇の最先端と交流を重ね、存在感を増していきます。

1960年代までの長いキャリアを持つ舞台女優さんですが、第一次大戦前(1908-14)には映画にも多く出演していました。有名な『ギーズ公の暗殺』(1908年)ではまだ端役だったもののすぐに主演がつくようになり、旧約聖書を元にした『ダビデとゴリアテ』(1910年)は後に9.5mmフィルムでも市販されています。

明治期の作品でもあり、野外の寸劇を収めたような粗い仕上り。本来は男であるダビデ王を女優が演じているためか不思議な倒錯感があります。

[IMDB]
nm0100664

[誕生日]
1月6日

[出身]
ベルギー(リエージュ)

[サイズ]
8.6 × 13.7cm

[コンディション]
B+

1923 – 9.5mm 『いろり』 (ロベール・ブドリオズ監督)

「9.5ミリ動画 05a 劇映画」より

後に性格俳優として評価を確立していくシャルル・ヴァネル(Charles Vanel)が初めて注目を浴びた長編として知られています。

捨て子として育てられた女性アルレットをめぐり、兄弟の間で奪い合いが始まります。アルレットは弟のジャンに好意を持っていたのですが、養父は芸術家肌のジャンを認めず、兄のベルナールに無理矢理嫁がせてしまうのです。失意のうちに家を出るジャン。しかし夫の暴力に耐えきれなくなったアルレットは手紙でジャンに助けを求めるのでした…

物語は暗めで配役にも華やかさはありません。しかし兄(ヴァネル)、弟(ジャック・ド・フェロディ)、父(モーリス・シュルツ)の三者三様の演技は見応えがあり、田舎の封建的な様子をえぐっていく展開もなかなかで硬派な秀作と見ました。

[タイトル]
L’Atre

[公開年]
1923年

[IMDB]
tt0011901

[メーカー]
仏パテ社

[フォーマット]
9.5mm (ノッチ有) 200m *1リール

1987 – 『ファルコネッティ伝』 エレーヌ・ファルコネッティ著

1987-Falconetti 01

『裁かるるジャンヌ』の主演女優、ルネ・ファルコネッティの伝記。近親者による著作としては1987年の本書が唯一となります。

いつもなら深夜でも起きているルネ が早寝をしようと心がけていた。それでも寝付くことができずにベッドで朝まで読書に耽っている。(61ページ)

古典に親しみ、新しい情報にも貪欲で、いつも寝不足続きだった若き女優の姿。こんなエピソードを紹介しているのは実の娘エレーヌさんで、幼い頃から母の言動を間近で見てきたからこその証言が多く含まれています。

本書では:

・旧知の仲だった老実業家の愛人となり認知されない娘(エレーヌ)を身ごもった
・この実業家が亡くなった際に遺産分与を受け、20年代末に自身の劇団を立ち上げた
・男優シャルル・ボワイエとの恋愛関係
・晩年、南米に移住後は不遇の生活を送り、家具もほとんどない部屋で生活をしていた

などこれまで知られていなかった女優の実像が明らかにされています。やや長くなりますが別稿(『ファルコネッティ伝』を読む)にて詳しい分析を行っています。


原題:Falconetti
著者名: Hélène Falconetti

著者による1988年7月22日付の献辞あり

出版社: Du Cerf
出版: 1987年12月1日
叢書:リストワール・ア・ヴィフ
フォーマット:ソフトカバー 274 ページ
ISBN-10: 2204028452
ISBN-13: 978-2204028455

ロミュアルド・ジュベ Romuald Joubé (1876 – 1949) 仏

「フランス [France]」より

Romuald Joubé Autographed Postcard
Romuald Joubé Autographed Postcard

ジュベ氏は南仏、本物の南仏出身である。微かな訛りが残っていて喋りに謡の抑揚があり、デュマが描いたダルタニアンを思い出させる。実際舞台で何度も演じている。

「それからパリにやってきました。二年の間、国立高等音楽・舞踊学校に入ろうと苦労したものの結果はでず、ポスター描きの仕事で生計を立てていました。コメディ・フランセーズのシルヴァン氏が一枚注文をくれたんです。彼がルイ11世を演じるためにイタリアと全フランスを巡業することになっていて、私は付き添って行きました。パリに戻るとシルヴァンは高等音楽・舞踊学校の自分のクラスに私を入れてくれたんです」

「仏映画界のエース:ロミュアルド・ジュベ」
モンシネ誌1923年5月10日付64号

Joubé est du Midi, du vrai. Il garde une pointe d’accent qui rend sa parole chantante et fait penser à un d’Artagnan, celui de Dumas, qu’il a incarné bien des fois au théâtre. […]

Puis j’arrive à Paris. Pendant deux ans, en vain, j’essaie d’entrer au Conservatoire et je gagne ma vie en faisant des affiches. Sylvain, de la comédie-Françaoise, m’en commande une. Il devait partir en tournée en Italie et dans toute la France pour jouer Louis XI. Je pars avec lui Au retour, il me prend dans sa classe au Conservatoire.

Un As du Cinéma : Romuald Joubé
(Mon Ciné No 64, 10 Mai 1923)

Romuald_Joube02

舞台活動が中心の男優さんながら端整な雰囲気を生かして1910~20年代の仏サイレント映画に多く出演、『私は弾劾する』(1919年)や『狼の奇跡』(1924年)など、多くの名作で重要な役を演じました。

[IMDB]
nm0431069

[誕生日]
6月20日

[出身]
フランス

[コンディション]
B

[サイズ]
13.5 × 8.5 cm

ミュジドラ Musidora (1889 – 1957)

「国別サインリスト フランス [France]」より

Musidora

1930年代中頃と思われるメッセージ&サイン入りの家族写真。

メッセージはエティエンヌ・ミシェル氏に宛てたもので、「一家の « 強き » 母である、ミュジドラ (Une « brave » mère de famille…. Musidora)」の文言になっています。先行するやり取りに同様の表現が使われていたと推察されます。

隣に写っているのは愛息のクレマンJr君、愛称「ザズー」。映画界を離れ、執筆に精を出す中で息子さんは精神的な拠り所となっていて、写真からもその溺愛ぶりは伝わってきます。1938年に出版された女性誌にも近況を伝える記事で同じ写真が掲載されています。

Musidora 01

Musidora with « Zazou » Inscribed & Autographed Photo

仏シネジェル社 ライネット9.5mm動画カメラ (1940年代末~50年代)

フランスのル・マンに拠点を置くシネジェル社が1949年に市販を始めた動画用のカメラ。8mm用と9.5mm用の2種類が用意されていました。録画速度は16コマ/秒で、静止画撮影モードもついています。

戦前のフランスの動画カメラは黒基調で、ダイキャスト製のどっしりしたものが主流でした。ライネットはオリーヴ色をしていてより軽やかな印象を与えます。

[メーカー名] 仏シネジェル社

[レンズ] H Russel Kynor 1:2.5 f=20mm

フラッター嬢の『転生の舞』(1907年、仏、セグンド・ド・ショーモン監督、モノクロ版)

「9.5ミリ動画 05a 劇映画」より

フリユツテ孃は人間の美しい蝶々であります。で、その羽根は我々の眼であらゆる不思議な變化を受けます。パテー ベビーはあなた方にかずかずの色をもつとその翼のこの可愛いゝ蟲を御覧に入れます。

『パテーベビーフヰルム 解説書 No. 1』
(大橋善次郎編集・出版、1926年)

仏パテ社の9.5mmフィルムカタログで12番となる初期の一本。

映画の誕生当初からリアリティを追及する動きと、ファンタジーに向かう動きの二つが見られました。メリエス作品などは後者に位置づけられ、今回ご紹介するスペイン出身のセグンド・ド・ショーモン作品もその流れに属しています。『転生の舞』は最初期の特撮/トリックフィルムで、蝶に扮した女性の羽が羽ばたくごとに模様と形を変えていきます。

パテ社9.5㎜版では手彩色(ステンシルカラー)の物も発売されておりますが今回入手できたのはモノクロ版。華やかな彩色版とはまた違った繊細な美しさがあります。

[タイトル]
Miss Flutter: Metempsycose

[原題]
Métempsycose

[製作年]
1907年

[IMDB]
tt0451432

[メーカー]
仏パテ社

[カタログ番号]
12

[フォーマット]
9.5mm (ノッチ有) 10m *1リール

手彩色版のデジタル化はこちらから(YouTube)

1929 – 9.5mm 『栄光に包まれて:ジャンヌダルク五百年祭 1429-1929』

1929年5月、ジャンヌ・ダルクのオルレアン解放から五百年を記念して行われた大規模な祭典の様子を収めたドキュメンタリー短編。6巻物で第1巻が欠。

フィルム側面のラベルが赤地となっていますが、これはキリスト教系出版社ボンヌ・プレス社が制作を手掛けたものを意味しています。

第2巻でお祝いムードに包まれるオルレアンの町と、ジャンヌにゆかりのある場所を紹介。3巻目以降は雨模様の中行われたパレード、旗の贈呈式の様子などが映し出されていきます。

自治体だけではなく、時の首相、枢機卿、アカデミー・フランセーズからの代表者、仏軍が参加した大掛かりなお祭りに街路も見物人で一杯。最後はイリュミネーションで照らされた夜の風景で幕となりました。

[原題]
Dans la gloire : Fêtes du Cinquième Centenaire de Jeanne d’Arc 1429-1929

[メーカー]
仏ボンヌ・プレス社

[公開]
1929

[仏パテ社版カタログ番号]
3042

[フォーマット]
60フィート(ノッチ有)*5

『シユーケツトと空の勇者』(1920年、シャルル・プランス監督)

「9.5ミリ動画 05a 劇映画」より

才智のひしめくこの一篇はまことに面白い間違ひの連續であります。一人の空の勇士がフオルカルキエド シストロンでクララトロンペツト孃と許可を得て出會つたのであります。それで二人はその輝くスターのシユーケツト孃とはからず同じホテルへ泊り合はせたのであります。で、空の勇士は身分を隠さうと思つてゐました。所が町の人のル ミノアがシユーケツト孃の心を得るがため勇士の制服をつけて彼女を誘惑し而してその勝利をほしいまゝにして居つたのであります。

『パテーベビーフヰルム 解説書 No. 1』
(大橋善次郎編集・出版、1926年)

第一次大戦を背景とした恋愛コメディ物。

仏空軍のエースパイロットが休暇中に客車内で出会った女性と恋に落ち密会を始め、人目につかないよう軍服をホテルに預けます。その服をひょんなことから手に入れたのが冴えない主人公(シャルル・プランス)。まんまと空軍エースに成りすまし、片思いしていた舞台の歌姫(ジャンヌ・マルケン)にアプローチをかけていきます。

大戦中に「リガダン」の芸名で人気のあった喜劇役者シャルル・プランスの手によるもので、テンポの良い展開で見せてくれます。歌姫を演じているジャンヌ・マルケンは後年ルノワール監督の『ピクニック』で母親役を演じるなど興味深いキャリアを積み上げていきます。

[タイトル]
Chouquette et son as

[原題]
Chouquette et son as

[製作年]
1920年

[IMDB]
tt0193815

[メーカー]
仏パテ社

[カタログ番号]
681

[フォーマット]
9.5mm (ノッチ有) 10m *8リール

ジュヌヴィエーヴ・フェリクス Geneviève Félix (1901 – ?)

「フランス [France]」より

Geneviève Félix

第一次大戦後にフランス映画界が停滞期に入ったタイミングで登場、1919年~25年に映画数本に主演するも忘れ去られていった女優さん。『ロヴェルのお嬢さん』が9.5mmで現存しています。

当時の仏映画がそのポテンシャルを活かしきれなかった印象もあります。こちらは仏パテ社が自社スタジオで撮影した写真に直筆サインがほどこされた一枚です

[IMDB]
nm0299649

[誕生日]
4月21日

[出身]
フランス

[撮影]
Pathé Consortium Cinéma

[サイズ]
16.8 × 22.8cm

[コンディション]
A-

1909 – 9.5mm 『好敵手(良き猫には良いネズミ)』(À bon chat, bon rat)

ベッドで仲良くごろごろしている猫とネズミを撮影した一分ほどの映像。カミーユ・ドゥ・モーロン監督による1909年作品。市販9.5㎜フィルムとしては最初期のカタログ番号14番で発売されました。

原題「ア・ボン・シャ・ボン・ラ」はフランスのことわざで、敵であっても尊敬できるなら切磋琢磨しあえる相手に変わる意味で使われます。

An Early Cat-and-Mouse-Styled Proverbial Short Film by Camille de Morlhon

[タイトル]
À bon chat, bon rat

[製作年]
1909年

[IMDB]
tt0432634

[メーカー]
仏パテ社

[カタログナンバー]
14

[フォーマット]
9.5mm (ノッチ有) 20m *1リール

大正2年 仏オデオン座プログラム寄書き(マリア・ヴァントーラ他)

このプログラムは1913年オデオン座の一冊で、表紙をマリア・ヴァントーラが飾り直筆サインが残されています。中を開くと他にも4名(ジャック・グレティア、ロミュアルド・ジュベ、ドゥ二・ディネス、ジルダ・ダルシー)のサイン有り。

マリア・ヴァントーラは1909~13年まで舞台女優と映画女優を並行して続けています。『レ・ミゼラブル』が最初に完全映画化された時(1912年)コゼットの母ファンティーヌを演じたのが彼女でした。

Marie Ventura in Les Misérables (1912)
1912年版『レ・ミゼラブル』より

大正期「蛇の舞」ロイ・フラーの直筆メッセージ Loïe Fuller (1862 – 1928)

「合衆国・カナダ・オーストラリア [USA/Canada/Australia]」より

Loïs Fuller Hand-written Letter
Loïs Fuller c1918 Hand-written Letter

私のサイン?そんなつまらないものでよろしければ喜んで。ロイ・フラー

My autograph? With great pleasure if you consider it worth having. Loïe Fuller

2016年に公開された伝記映画『ザ・ダンサー』は主にロイ・フラーの葛藤や人間関係、創造の苦しみに焦点を当てた一作でした。実際の彼女は短期間話題を集めた踊り子だった訳でなく、優秀な教育者でありまた優れたビジネスウーマンでもありました。さらに1920年には自身の教え子を出演させた『生の百合(Le lys de la vie)』を監督。フィルムが現存していないとされていますが当時のスチル写真や映画評を見ると監督としても特異な感性を見せていたようです。

Loïe Fuller (Cinéa Magazine 1921-06-24 Cover)
「蛇の舞」を踊るロイ・フラー
(『シネア』誌1921年6月24月号表紙)
Le Lys de La Vie (Cinéa 1921-06-24)
『生の百合』紹介ページ

[IMDB]
Loie Fuller

[出身]
米国

[生年月日]
米国

[コンディション]
A-

[入手年月日]
2017年5月

アルマン・ベルナール Armand Bernard (1893 – 1968)

パリ音楽院(コンセルヴァトワール)を卒業した音楽畑の人物で、コミカルなキャラを活かして映画でも三枚目を引き受けるようになります。レイモン・ベルナール監督作品の常連として『狼の奇蹟』や『チェスプレイヤー』に出演、一方で作曲やオケの指揮者(ブニュエルの『黄金時代』やクレールの『自由を我らに』)として映画音楽にも功績を残しました。を築いていきます。

今回手に入れた絵葉書は1921年の『三銃士』に出演し、ダルタニャンの従者プランシェットを演じた際の写真です。

クロード・フランス Claude France (1893 – 1928)

Cloude France 1927 Autographed Postcard

先日1月3日は女優クロード・フランス(1893 – 1928)の命日でした。

1928年初頭、クロード・フランスの訃報に国内は驚きと悲しみで満たされました。死因はガスによる窒息。遺書が残されていたそうです。動機は「絶望」とされ、恋愛関係のもつれが大方の意見でした。ところが死から一ヵ月後、奇妙な噂が流れ始めます。

クロード・フランスは第一次大戦中に看護婦として働いていました。この時に知りあった貴族に見初められ結婚。ドゥ・チリィ夫人となりました。この夫が大戦中にスパイ活動に関わっており、クロード・フランスもまたマタハリの告発に重要な役割を果たしたというものです。

噂は次第に大きくなり、当局による自殺説まで広まっていきます。後に関係者より否定されていますが、突拍子もない噂にしては細部がリアルなのが不気味だったりします。

絵葉書は仏フィルマ社製。亡くなる数か月前と思われる1927年の一枚です。

[IMDB]
nm0289799

[出身]
ドイツ

[誕生日]
3月9日

[時期]
1927年

[メーカー]
Editions Filma

[サイズ]
13.4 × 8.2 cm

[入手]
2017年1月

イヴェット・アンドレヨール Yvette Andréyor (1891 – 1962)

「フランス [France]」より

Yvette Andreyor 1923 Autographed Postcard
Yvette Andreyor 1923 Autographed Postcard

最初に映画に参加したのはゲオ・ジャナン社の「イヴェット・アンドレヨール主演映画シリーズ」、當時主流だった400メートル程の作品でした。大戦が始まる直前の1914年8月に撮影した5本の映画でシリーズは幕を下ろしました。その後1916年からゴーモン社で多くの脚本を演じました。『ジュデックス』『脱走した女』『他人』『目隠し』 『自由の魂』『十三日の夜』などで、最後の作品は1921年にアンリ・フェスクール監督の下で撮ったものです。『シャントルーヴの城』『ジュディット』に最後もう一つ『モニーク嬢の罪』。これはジャン・トゥールー氏との共演作でバルバザ映画社で撮ったのですが監督はゲオ・ジャナン社時代に知り合った親友のロベール・ペギー氏です。

「イヴェット・アンドレヨール」
モンシネ誌1923年5月3日付63号

Ce fut, pour mes débuts, la série des films Yvette Andreyor chez Janin. Des films d’environs 400 mètres, comme on en faisait à ce moment. Cinq furent tournés avant la guerre aôut 1914, et ce fut la in de la série. Puis, à partir de 1916, je tourné de nombreux scénarios chez Gaumont: Judex, Déserteuse, L’Autre, Le Bandeau sur les Yeux, La Sandorf, La Nuit du Treize. Ce dernier en 1921 pour Fescourt. Chantelouve, Judith, enfin, un autre film, Le Crime de Monique que j’ai tourné avec Toulout pour les films Barbaza et où j’ai trouvé, comme metteur en scène, mon vrai ami Robert Péguy que j’ai connu chez Janin…

Yvette Andreyor
(Mon Ciné, No 63, 3 Mai 1923)

フランスの連続活劇『ジュデックス』(1916年)でヒロインを演じたイヴェット・アンドレヨール(1891 – 1962) のサイン絵葉書。1923年、ミシェル・ドリュエズ(Michel Druesue)氏に宛てた一枚となっています。

仏サダル ハンディー(アンディ) 9.5mm映写機

1947年頃に市販されていた記録が残っており9.5mm用の映写機としては後期のモデルとなります。ベークライト製の土台と本体で軽量化を実現しながらもデザインは戦前に良く見られた背後にアームがなびく形式を採用していました。

「サダル」はおそらくは人名で、同氏が立ち上げた会社の映写機になるのではないかと思われます。8mm型と9.5mm型の二種類が確認されていますが後継機は見当たらず、同社唯一の映写機のようです。

エントリーレベルよりやや上のスペックで本格的な実写には向きませんがフィルム装填が容易で動作も安定しています。

シリアルナンバー: –
対応フィルム: 9.5mm
製造国:フランス
製造時期: 1940年代後半
レンズ:Elumix F=35mm
対応電圧: 250v
ランプ: 220V 60W

2016年5月購入