1957 – Super8 『松竹8mmライブラリー 日本映画史 前編』(Japanese Cinema History Part I, super8)

8ミリ 劇映画より

c1970 Super8 日本映画史 前編

« Japanese Cinema History : Part I 1887-1949 » (1957, Shochiku Ofuna, dir/Iwaki Kimio)
c1970 Sungraph Super8 Print

1957年に公開された松竹制作による短編ドキュメンタリー。同社が制作した戦前作品を中心とし、活動寫眞の到来から戦後までの映画史の展開を貴重な映像でまとめ上げた一作。

8ミリ版は1960年代末~70年代初頭に発売されたと思われ、前後編の2巻構成。前編は19世紀末の映画前史から終戦後の1949年までを扱っています。2年前の購入時に一度紹介しているのですが画質が悪く、今回綺乃九五式で再度スキャンし直しました。


1887年 『疾走中の馬の連続写真』 エドワード・マイブリッジ

Sallie Gardner at a Gallop [imdb]

まずは明治時代まで遡り「動く写真」の発明としてエジソンの功績と並びマイブリッジ作品が紹介されていきます。


1899年 『紅葉狩』 柴田常吉監督

Momijigari [imdb] [jmdb]

現存する最古の日本映画として知られた『紅葉狩』。九代目市川団十郎、五代目尾上菊五郎出演。現在は国立映画アーカイヴの「映像で見る明治の日本」の動画紹介ページで閲覧が可能です。


1900年 『鳩の浮巣』土屋常二撮影

Nio No Ukisu imdbjmdb

『明治二十八年の両國大相撲』(別名『回向院夏場所大相撲』)でも知られる土屋常二(ジョージ)氏が残したもう一本の映像作品。初代中村鴈治郎出演。


1911-12年 『白瀬中尉の南極探検』 記録映画 田泉保直撮影

Japanese Expedition to Antarctica imdbjmdb

明治末期に行われた白瀬矗注意による南極探検の実録もの。JMDbでは『南極実景』として登録されている一篇で、こちらも「映像で見る明治の日本」で高画質なバージョンを閲覧できます。


1911年 『ジゴマ』ヴィクトラン・ジャッセ監督

Zigomar imdb

日本で大規模な社会現象を引き起こした仏エクレール社の悪漢活劇。ジゴマの百面相を描いた紹介場面と物語途中の抜粋が収録されています。


製作年不明 『自雷也』尾上松之介主演

Jiraiya (Unidentified Version)

松之助十八番。自雷也が妖術を使う場面ながら松之助版自雷也のどれに当たるのか未特定。明治42年ではなくもう少し後年の作品と思われます。


1913年 『アントニィとクレオパトラ』 エンリコ・ガッツォーニ監督

Marcantonio e Cleopatra imdb

絢爛たる古代ローマ世界を描き出し日本でも大きな話題を呼んだ一作。8ミリ版では弁士・玉井旭洋の語りが付されていました。


1913年 『天馬』ハリー・ピール監督

Die Millionenmine imdb

第一次大戦開戦直前に輸入され、国内でのドイツ冒険活劇流行のきっかけとなった一作。ブラウン探偵(ルートヴィヒ・トラウトマン)が囚われの美女(ヘッダ・ヴェルノン)を救い出す場面で弁士・泉天嶺の語りが付されています。


1915年 『後のカチューシャ』細山喜代松監督

Nochi no Katyusha imdbjmdb

向島に新設されたばかりの初期ガラススタジオで撮影された初期日活現代劇。出演は立花貞二郎と関根達発ほか。国立映画アーカイヴやマツダ映画社にも所蔵記録のない作品で、断片を見れたのは感動でした。


1921年 『路上の霊魂』村田実監督

Souls on the Road (Rojô no reikion) imdbjmdb

日本の映画制作が新しい段階に入った様子を告げるモダンな現代劇。国外からの評価が高いことでも知られる一作です。


1921年 『虞美人草』小谷ヘンリー監督

Gubijinsô imdbjmdb

歸山教正氏と並び国産映画の近代化に功あった小谷ヘンリー監督の代表作。グリフィスの影響が濃く、戦闘場面での流動的な表現など日本映画になかった新しい試みを持ちこんでいます。


1923年 『船頭小唄』池田義信監督

Sendô kouta imdbjmdb

帝キネの『籠の鳥』と並ぶ小唄映画ブームの先駆け作品。栗島すみ子の健気で可憐なイメージ戦略をさらに一歩推し進めたものでもあります。


1923年 『関東大震災』記録映画

The Great Kantō earthquake

被災直後、瓦礫の山と化した街並みや、炊き出しに並ぶ被災者たちの姿などを生々しく記録した巨大災害の記録。首都圏を襲った未曽有の災害は初期日本映画の展開にも少なからぬ影響を与えました。


1931年 『マダムと女房』五所平之助監督

Madame and Wife imdbjmdb

斉藤達雄と田中絹代のかけあいが楽しい初期トーキー。


1938年 『愛染かつら』野村浩将監督

The Tree of Love imdbjmdb

看護婦として働くシングルマザーと医学者との悲恋を描いた戦前を代表する和製メロドラマ秀作。


1939年 『暖流』吉村公三郎監督

Warm Current imdbjmdb

高峰三枝子、水戸光子、佐分利信の入り組んだ人間模様を背景に描かれる、硬質な叙情性を帯びた恋愛ドラマ。


1943年 『花咲く港』 木下恵介監督

Port of Flowers imdbjmdb

九州の離島を訪れたペテン師二人組の行く末を軽妙に描いた木下恵介監督デビュー作。


1945年 『そよかぜ』 佐々木康監督

Soyokaze imdbjmdb

「リンゴの唄」の朗らかな響きと共に終戦直後の人々に希望を与える一作となりました。


1949年 『悲しき口笛』家城巳代治監督

Sad Whistling imdbjmdb

笠木シズ子をアップデートする形で日本歌謡を刷新した不世出の歌姫の映画デビュー作。10代前半でこの貫禄はさすが。


1949年 『晩春』 小津安二郎

Late Spring imdbjmdb

20世紀前半の(松竹版)日本映画史は小津の形式美と情緒によって完成された…とまとめたくなる編集です。


白黒110メートル(約18分)
光学録音
サングラフ/松竹

昭和7年(1932年) 川島実市氏の絵葉書帳

1932 Postcard Collection
(formerly owned by Jitsuichi Kawashima,
a Saitama-based household goods dealer)

1932年(昭和7年)、埼玉県羽生市の川島実市氏が作成した絵葉書帳。表紙に「日活・松竹 寫眞」の文字が墨書きされ、裏表紙見返しに同氏が経営していた会社の印(« 萬荒物 »)が押されています。

屋号入会社印
屋号入会社印
(埼玉縣羽生町 川島…[一部不明])

絵葉書は30枚ほど。1920年代後半~30年代初頭に人気のあった男女優が集められています。梅村蓉子と松井千枝子が複数枚見られ、綺麗な和服姿が多いのも特徴だと思います。

国島荘一 (國島莊一/國島昇) & 岩崎繁

「昭和4~5年 (1929-30年) 東亞キネマ サイン帖」より

國島昇-岩崎繁 直筆サイン

1902年、福島に生まれた。1914年、井上正夫の門下に入り、本郷座で初舞台を踏む。1922年、松竹蒲田に入社。当時の芸名は国島昇。池田義信監督の『水藻の花』では、都会の青年役で認められ、野村芳亭監督の新時代劇『雁の群』では高崎の重吉を演じ、清水宏監督の『白菊の歌』で木下千代子と共演。1924年、芸名を国島荘一と改める。

1929年、河合映画に移り、『彼女は何うなるか』で琴糸路と共演。時代劇『浅草丹次』『旗本の下に』に主演後、東亜キネマに入社。『処女戦線』で宮城直枝と、『一度はすべての女に』で岡田静江と共演。1931年、松竹蒲田に戻り、『深夜の溜息』『三太郎満州出征』に出演。五所平之助監督の『天国に結ぶ恋』で色敵役を好演するが、これが遺作となった。

『日本無声映画大全』(マツダ映画社)

東亜のサイン帖でサインで解読できなかったものがあったのですが、一件が國島昇氏と判明しました。松竹蒲田を中心に活動されていた男優さんで、1930年後半からのごく短い期間に東亜にも在席されていました。國島昇は初期芸名で途中から国島荘一名義で活動しています。病気がちで1932年に亡くなったとされており、非常に珍しいサインではないかと思われます。

添えられているのは東亜キネマで撮影監督として働いていた岩崎繁氏。主に時代劇(『竜虎八天狗』『建国黒頭巾』『薩南大評定』)を担当し、東亜が傾くと東活~宝塚キネマに転籍していきました

1928-29 – 羽衣館 しおり 4点

「阪東妻三郎関連」より

hagoromo-kan

1928年末から29年前半に東京牛込の羽衣館で宣材として配布されていた栞4点。

1)1928年12月『鳥辺山心中』(松竹下加茂)林長二郎主演
2)1928年12月『喧嘩安兵衛』(阪妻プロ太奏)阪東妻三郎主演
3)1929年3月『花骨牌(はなかるた)』(阪妻プロ太奏)阪東妻三郎主演
4)1929年5月『浮世小路』(松竹蒲田)栗島すみ子主演

『花骨牌』と『浮世小路』の二枚には穴が開けられ紐がついています。スタイリッシュにロゴ化された映画館名からもデザイン感覚の洒脱さが伝わってきます。

hagoromo-kan 02

松竹花形キネマカード(手彩色版・元箱入り 1920年代後半)

「昭和2年(1927年)頃、手彩色版「松竹花形キネマカード No.2」」より

大正14年(1923年)頃の松竹俳優ブロマイド(手彩色版)

大正時代の終わり(1923年頃)と思われる5.6 × 8.2 cmの小型ブロマイド20枚。

手彩色による色付けは写真の細やかな陰影を消してしまう欠点があるとはいえ、モノクロでは伝わってこない艶やかな色遣いを窺い知ることができます。これより数年後に市販された一回り小さな(4.6 × 7.0 cm)ブロマイドは古本屋さんなどで時折取り扱っているのを見かけますが、このサイズの物は初めてでした。

入手した20枚の内訳は:

1)栗島すみ子11枚
2)川田芳子1枚
3)東榮子1枚
4)歌川八重子1枚
5)英百合子1枚
6)五月信子1枚
7)井上正夫1枚
8)岩田祐吉1枚
9)寺島榮一1枚
10) 井上正夫&栗島すみ子(1923年の『嗚無情』より)1枚。

このうち栗島すみ子、歌川八重子、川田芳子、東榮子、五月信子さんの5人についてはサイン物のコレクションにて直筆を紹介しております。

2017年4月30日 柳さく子地蔵 [京都・吟松寺]

2017年4月30日、京都市の北西に位置する吟松寺を訪れ、柳さく子地蔵のお参りをしてきました。

GW中だったため朝早くでも金閣寺の周辺は賑わっていました。それでも混雑を抜け、寺脇の道を北上していくと人だかりは消え、静かな住宅地となっています。たまにすれ違う地元の人がこんな一角まで何をしに来ているのだろうの訝し気な顔をしていました。

川のせせらぎの音が聞こえてきます。木立の影にきらめいている紙屋川を左手に進んでいくと次第に道が細くなり、やがて苔むした石垣とお寺が見えてきます。

京の紅葉の裏名所として知られている浄土宗のお寺です。この季節には訪れる人もいないようでした。

墓地の奥に柳さく子地蔵がありました。1920年代半ばに松竹でトップクラスの人気を誇った女優さんが、身よりもなくひっそりと亡くなり、危うく無縁仏となりかけたところを旧友の武井龍三氏に救われこのお寺へと流れ着いたものです。

2年前に一度訪れた際、手ぶらではあれなのでと古い舶来のネックレスを持参しました。今回訪れた時、雨風にさらされた首飾りは鈍く錆びついていて辺りの風景に馴染んでいました。

10年以上京都に住んでいたのでお気に入りの場所はたくさんあるのですが、今一番落ち着くのはこの一角かなという気もします。焚かれた線香が頭を垂れている中、持ってきた古銭と絵銭を土産代わりに置くと最後にもう一度手を合わし、吟松寺を後にしました。

坪内美子 (1915 – 1985)

日本・女優 [Japanese actresses]より

Tsubouchi Yoshiko 1930s Autographed Postcard

昭和七年十二月松竹蒲田撮影所に入社早々『涙の渡り鳥』を主演させられたという幸運女。その時彼女は十八だつた。『水谷八重子が若くなつたゾ。』といふ評判は、その時からぱツと立つた。事實彼女には八重子そつくりの所がある。

續いて主演したのが『島の娘』で何れも一世を風靡した小唄の映畫化だけに大變な當り方。かうしたお蔭で彼女の事を今日でも『小唄女優』といふ。身長五尺二寸、體重十三貫五百匁 – 東京市小石川區白山御殿町に生れ、本名は山崎登美子(松竹・大船)

『日本映画年鑑 大正十五年昭和二年 第三年版』
(朝日出版社、1927年4月)

坪内は東京銀座の女給だったが、一昨年蒲田に入り、『島の娘』『涙の渡り鳥』の二本の小唄映画で忽ち売り出した。一時、そのはれぼったい眼を手術して、野村芳亭監督に叱られたが、手術に失敗して依然たるはれぼったい眼なので『けがの功名とは、このことやで-』と、監督に云はれた

『最新映画大鑑』

『浮草物語』(1934年、小津安二郎)より

[JMDb]
坪内美子 [IMDb]
Yoshiko Tsubouchi [出身]
日本 [生年月日]
6月22日

柏 美枝 (1904 – 1966)

日本・女優 [Japanese actresses]より

Kashiwa Yoshie c1927 Autographed Postcard
Kashiwa Yoshie c1927 Autographed Postcard

大正期のショートボブ流行のさなかに和製ルイーズ・ブルックスの評判を呼んだのが柏美枝さんでした。1927年の数作のみで引退した幻の女優さんで、出演作のひとつ『海浜の女王』の現存フィルム一部発見に愛好家が狂喜していました。

直筆サインはインクが劣化して読みにくくなっています。文面は To Mrs Matsumoto/With my best wishes/Yoçie Kaçiwa でしょうか。名前のアルファベット書きで「sh」を使わずにフランス語のセディーユ付「c」(ç)を用いているようです。若き日の鈴木伝明と並んだ一枚です。

[IMDB]
nm2298042

[JMDB]
p0323200

[出身]
日本

[誕生日]
2月20日

[コンディション]
B-

鈴木 傳明/伝明 (1900 – 1985)

日本・男優 [Japanese actors]より

Suzuki Denmei 1935 Autographed Postcard

Suzuki Denmei 1935 Autographed Postcard

スポーツ俳優の第一人者でフアンの人氣を一人で背負つて立つ彼。素人しては驚くべき成功といはねばなるまい。

彼は下谷區上野櫻木町の炭屋に生れたチヤキチヤキの東京ツ子。明治三十三年生れ、往年明大の経濟科に通學の傍ら神田神保町に『すゞき』といふ喫茶店を從妹と經營したという變り者。元来映畫が好きなところから學業の餘暇小山内氏の松竹キネマ研究所で映畫を研究し第一囘試作映畫『路上の靈魂』で主役を振られたを皮切りに大正十一年に模範活動寫眞が創立され『大親鸞』で善鸞に扮して大に天才を發揮して好評を博した。超えて大正十三年明大商科を卒へて商學士の肩書付となつたが算盤の桁を外して遂に京都の日活撮影所に現はれ『塵境』『我等の若き日』『金色夜叉』に主演して好評を博す。後松竹に轉じて『海人』『受難華』『海濱の女王』『海の勇者』『森の若者』に主演し益々人氣を高め、蒲田の最高幹部俳優として一般フアンから騒がれ就中若き男女の共鳴を享けてゐる。最近の人氣投票では見事に最高點を獲ち得てゐる。

趣味は運動、有らゆる競技と讀書。

(『玉麗佳集』、1928年)


彼も今年(昭和八年)三十四歳。まつたくの男盛りになつた。

五尺九寸、十七貫の強靭な偉躯。その容貌は日本人として稀な泰西的現代味を持つ。明大出身で学生氣質の抜けない彼は常に明朗快活だ。その演技は青空高く千貫を巻き上ぐる起電機の溌溂さ、唸る發電機の壮烈さを見せる。

水泳は彼の本技だがその他あらゆる競技に理解と經驗とをもつ。スポーツ俳優として彼は實に空前である。『陸の王者』『若者よなぜ泣くか』『熊の出る開墾地』は傑作中の傑作だ。かうして今、彼は、『金色夜叉』に於る荒尾譲介にまで扮するやうになつた。彼が現在の苦闘は彼を鞭打つて更に幾多の佳作を世に送り、デンチ・フアンを満足せしめるに違いない。(不二映畫)

『東西映畫 人氣花形寫眞大鑑』
(1933年1月、『冨士』昭和8年新年號附録)


[JMDb]
鈴木伝明

[IMDb]
Denmei Suzuki

[出身地]
日本(東京・上野)

[誕生日]
3月1日

柳さく子 (1902 – 1963)

日本・女優 [Japanese actresses]より

Yanagi Sakuko Autographed Postcard

Yanagi Sakuko Autographed Postcard

本名畔柳千代、東京市淺草區に生る。幼少より藝道に精進、常磐津、踊は最も得意。永らく舞臺に活躍し大正十一年一月蒲田スタヂオに入社して現在。主な近作は『戀愛序曲』『黎明の世界』等。身長五尺一分。体重十一貫八百目。趣味は長唄。三味線舞踊。。

『芝居と映画 名流花形大寫眞帖』
(1931年1月、冨士新年號附録)


映畫界に、彼女の名はもうかなり古い。-が、あの、涼しい瞳は、いつも同じ幻を追ふやうに、ウツトリと開いてゐる。さうして夕顔の哀愁を持つた彼女の容姿は、少しも年齢によつて蝕まれてゐない。

純日本製の、内気と羞恥をもつた彼女の役々-淚につゞる義理人情を、圓熟な藝はシミジミと見物の胸に滲み込ませる。

だが彼女は所謂萬年娘と呼ばるべき女優ではない。風姿に嫋々たるを失はないの川田みで、いづれの階級、いづれの職業の女も確実に仕こなす。たゞ、彼女は飽くまで日本舊型の女性以外に扮し得ないと云ふだけである。(松竹下加茂)

『東西映画 人氣花形寫眞大鑑』
(1933年1月、冨士新年號附録)

「大正十四年三月、大阪毎日新聞が、初めて映画俳優の人気投票をやり、松竹下加茂の柳さく子が百三十万票を得て第一等になり、俄然映画女優のプロマイドが売れ出して来た」(『最新映画大鑑』)

一時期の人気には破竹の勢いがあり、また松竹の監督であった野村芳亭に気に入られたことで出演・主演本数も増えていきました。

「でもうんと苛めてやつたから胸がスーツとした。いい気味だ泣いていたもん」

大正十四年の『劇と映画』(「キネマ花形物語」)には花川環、五月信子、英百合子が集まって、柳さく子をいじめたエピソードが紹介されています。「彼女の凄腕は動いて容易に芳亭をまんまと恋の虜としてしまったのである。猫を被ってゐた丈に幹部連の反感はあんなに迄猛烈だったのである」。真偽の程ははっきりとしませんが、熾烈なポジション争いを続けていた女優に対立構造が生まれるのはありえる話かな、とも思います。

[JMDb]
柳さく子

[IMDb]
Sakuko Yanagi

[出身]
日本(東京・浅草)

[生年月日]
11月3日