カローラ・テーレ (Carola Toelle 1892 – 1958) 独

Carola Toelle Autographed Postcard

フリッツ・ラング監督初期作のひとつ『彼女をめぐる四人』(Vier um die Frau、1921年)で主演を務めたのがこちらのカローラ・テーレです。

第一次大戦終戦前後にドイツで数多デビューしてきた女優の一人で、当時はヘラ・モヤと並んで知名度が高かったようです。デビュー間もない時期の主演作『Das Lied der Colombine』でのリュートを手に歌う場面が印象的で、今回入手したサイン絵葉書はその場面をモチーフにしています。

本作のヒロインを演じているカローラ・テーレは品があって愛らしく、演技にも共感できる。

Carola Toelle, die hier die Hauptrolle inne hat, ist eine anmutige, liebreizende Erscheinung, deren Spiel sympathisch berührt.(Neue Kino-Rundschau vom 17. Oktober 1918. S. 59)

Carola Toelle in Das Lied der Colombine (1918)
『Das Lied der Colombine』(1918年)より
Carola Toelle in Vier um die Frau (1921, Fritz Lang)
『彼女をめぐる四人』より

[IMDB]
nm0865438

[Movie Walker]
カローラ・テーレ(Carola Toelle)

[誕生日]
4月2日

[出身]
ドイツ(ベルリン)

[サイズ]
8.6 × 13.4cm

[データ]
Verlag Herm. Leiser, Berlin Wilm. 5661 Phot. Deutsche Bioscop Ges.

1915 – アニタ・スチュワート主演 『The Juggernaut』 DVD

グリフィスの『国民の創生』(1915年4月25日公開)とほぼ同時期(4月19日)に公開されたヴァイタグラフ社の5巻物ドラマ。監督はラルフ・インス。

今回入手した2012年のDVDには第5巻目のラストシーンのみが収められています。その後残りのフィルムが一部見つかっており、版元ハーポディオン社のサイトで改良バージョンの視聴が可能です。

最終巻に蒸気機関車が煙を上げながら脱線し、川に転落する場面が収められています。本物の機関車を使った撮影で驚くほどの迫力があります。

ただ『The Juggernaut』の面白さは20年という歳月をまたいだ運命劇にあるような気がします。主演のアニタ・スチュワートが母と娘の二役を好演、その他の俳優の演技も申し分なくこの傑作サイレントを忘れがたい作品にしています。

※作品の背景や修復のプロセスについてはThose Awful Reviewsに詳しい記事あり。