1913 – standard 8『プラーグの大学生』(1913年)

「8ミリ 劇映画」より

自身の分身(ドッペルゲンガー)に遭遇し破滅していく大学生を描いたもので、初期ドイツ映画の秀作として有名な一作。

主役の大学生を演じるのは後に『ゴーレム』で地位を確立する名優パウル・ウェゲナー。同氏の奥さんで助演にも名を連ねているリディア・サルモノワは以前にサイン物を紹介させていただいております。

日本ではVHSで見ることができましたがその後デジタル版が発売されていないのが残念なところです。

[タイトル]
Der Student aus Prag

[原題]
Der Student von Prag

[製作年]
1913年

[IMDB]
tt0003419

[メーカー]
独DEFA社

[カタログ番号]
223

[フォーマット]
ノーマル8mm 60m(無声)

大正2年 仏オデオン座プログラム寄書き(マリア・ヴァントーラ他)

このプログラムは1913年オデオン座の一冊で、表紙をマリア・ヴァントーラが飾り直筆サインが残されています。中を開くと他にも4名(ジャック・グレティア、ロミュアルド・ジュベ、ドゥ二・ディネス、ジルダ・ダルシー)のサイン有り。

マリア・ヴァントーラは1909~13年まで舞台女優と映画女優を並行して続けています。『レ・ミゼラブル』が最初に完全映画化された時(1912年)コゼットの母ファンティーヌを演じたのが彼女でした。

Marie Ventura in Les Misérables (1912)
1912年版『レ・ミゼラブル』より