1912 – ノーマル8 『コレッティを探せ』(1912年、マックス・マック監督)

defa-wo-ist-coletti-normal8s

1912年に公開されたドタバタ喜劇。「探偵コレッティを48時間以内に捕まえることができたら100万マルク進呈!」の広告に人々が踊らされていく様子をコミカルに描いていきます。定番の追跡から女装まで様々な要素をコンパクトに詰めこみ、ベルリン市街地での撮影で都市風景をうまく取りこんでいます。

ヒロイン役で登場しているのは英女優のマッジ・レッシング。1900~10年代の綺麗目ポストカードも多く残っている女優さんながら、本作ではかなりはっちゃけた感じでドタバタを楽しんでいます。また途中に初期の個性派俳優として知られるハインリヒ・ピール(Heinrich Peer)も登場しています。

wo-ist-coletti-13-madge-lessing
女装中のマックス・マック(左)とマッジ・レッシング(右)
wo-ist-coletti-03
ハインリヒ・ピール(右)

[原題]
Wo ist Coletti?

[製作年]
1912年

[IMDB]
tt0003565

[メーカー]
独DEFA社

[カタログ番号]
222

[フォーマット]
ノーマル/スタンダード8 60m(無声)

1913 – standard 8『プラーグの大学生』(1913年)

「8ミリ 劇映画」より

自身の分身(ドッペルゲンガー)に遭遇し破滅していく大学生を描いたもので、初期ドイツ映画の秀作として有名な一作。

主役の大学生を演じるのは後に『ゴーレム』で地位を確立する名優パウル・ウェゲナー。同氏の奥さんで助演にも名を連ねているリディア・サルモノワは以前にサイン物を紹介させていただいております。

日本ではVHSで見ることができましたがその後デジタル版が発売されていないのが残念なところです。

[タイトル]
Der Student aus Prag

[原題]
Der Student von Prag

[製作年]
1913年

[IMDB]
tt0003419

[メーカー]
独DEFA社

[カタログ番号]
223

[フォーマット]
ノーマル8mm 60m(無声)

1922 – 8ミリ 『ドクトル・マブゼ』 第4巻 (フリッツ・ラング監督)

「フリッツ・ラング関連 [Fritz Lang Related Items]」 & 「8ミリ 劇映画」より

「テロ事件」と題された第4巻では、第2巻に登場してきた御曹司ハルが再登場してきます。マブゼは情婦の踊り子カーラをハルに接近させますが、そこから逆に足が付きカーラが逮捕されます。

敵の包囲網を感じ取ったマブゼ一味はハルとカーラの殺害を図り、さらには検事たちが集まっている警察への爆破を仕掛けていきます。

本来はこの次に完結編の第5巻があるのですがこちらは入手できなかったため今回の上映はこれまで。物語のポイントを上手く押さえ、作品の骨格にある連続活劇のリズム感を強調した素晴らしい編集でした。

[タイトル]
Dr. Mabuse: Das Attentat

[原題]
Dr. Mabuse, der Spieler – Ein Bild der Zeit

[製作年]
1922年

[IMDB]
tt0013086

[メーカー]
独DEFA社

[カタログ番号]
231

[フォーマット]
ノーマル8mm 60m(無声)

1922 – 8ミリ 『ドクトル・マブゼ』 第3巻 (フリッツ・ラング監督)

「フリッツ・ラング関連 [Fritz Lang Related Items]」 & 「8ミリ 劇映画」より

この第3巻からマブゼ博士の宿敵フォン・ヴェンク検事が新キャラクターとして登場。

ヴェンクは富裕な老人になりすまし悪党団がたむろする賭博場へ足を運びます。催眠術を使ったマブゼを現行犯逮捕しようとしますが、悪党一味は辛くも脱出、ヴェンクは返り討ちにあい危うく命を落としかけます。

タクシーに仕掛けられた催眠ガス装置やナンバープレート交換など、人目を欺くギミックが司法と悪漢とのし烈なやりとりを彩っていきます。

[タイトル]
Dr. Mabuse: Gejagt vom Staatsanwalt

[原題]
Dr. Mabuse, der Spieler – Ein Bild der Zeit

[製作年]
1922年

[IMDB]
tt0013086

[メーカー]
独DEFA社

[カタログ番号]
230

[フォーマット]
ノーマル8mm 60m(無声)

1922 – 8ミリ 『ドクトル・マブゼ』 第2巻 (フリッツ・ラング監督)

「フリッツ・ラング関連 [Fritz Lang Related Items]」 & 「8ミリ 劇映画」より

『ドクトル・マブゼ』第2巻はマブゼ博士の特殊能力である「催眠術」に焦点を当てた内容です。

前半では観劇中に目を付けた富豪の青年に催眠術をかけ、ポーカーで有り金をむしりとっていきます。後半はターゲットを変え、伯爵夫妻をカジノで破産させ、妻を我が物にしようと画策していきます。

どちらのエピソードも短いながらも起承転結がはっきりしており、初期のラングが意識していた連続活劇的な早い物語展開を生み出していきます。

[タイトル]
Dr. Mabuse: I. Macht der Hypnose, II. Die Entführung

[原題]
Dr. Mabuse, der Spieler – Ein Bild der Zeit

[製作年]
1922年

[IMDB]
tt0013086

[メーカー]
独DEFA社

[カタログ番号]
229

[フォーマット]
ノーマル8mm 60m(無声)

1922 – 8ミリ 『ドクトル・マブゼ』 第1巻 (フリッツ・ラング監督)

「フリッツ・ラング関連 [Fritz Lang Related Items]」 & 「8ミリ 劇映画」より

『ドクトル・マブゼ』は大正11年(1922年)に公開されたフリッツ・ラング初期の長編映画です。悪漢マブゼ博士の一大絵巻は評判を呼び続編も幾度か作られました。

こちらは1950年代後半~60年代に市販されていた8ミリ版。元々は4時間以上ある大部な作品のエッセンスを5巻(計1時間強)に分けた短縮版となります。

第1巻は「株式取引所」と題されています。

冒頭では客車内での機密書類強奪事件が描き出され、後半は同事件に連動した株価格の上下動を利用してマブゼ博士が一儲けを企てていきます。

[タイトル]
Dr. Mabuse: Unternehmen Börse

[原題]
Dr. Mabuse, der Spieler – Ein Bild der Zeit

[製作年]
1922年

[IMDB]
tt0013086

[メーカー]
独DEFA社

[カタログ番号]
228

[フォーマット]
ノーマル8mm 60m(無声)

米ベル&ハウエル社 フィルモ リージェント 122L型 8mm映写機

本体シリアルナンバー : 643600
対応電圧:100~120v
対応フィルム:シングル/レギュラー8
製造: アメリカ合衆国
ランプ:DAR 120V 500W
コンセント:日本/合衆国タイプ

1930年代後半に発表されたシングル/ノーマル/レギュラー8用の映写機(122L型)。2014年12月5日に購入。

米イーストマン・コダック社 ショウタイム8 A500型 レギュラー8mm映写機

米イーストマン・コダック社が1950年代半ばに市販していたレギュラー8用の映写機。樹脂(ベークライト)を使用した穏やかなデザインが程良いレトロ感を醸し出しています。

シリアルナンバー: –
対応フィルム: シングル/レギュラー-ノーマル8mm
製造国:米国
製造時期: 1950年代半ば
レンズ: Kodak Projection Ektanar Lens f=1.6 3/4inch
対応電圧: 105~125v
ランプ: 500w (CZX/DAB 500W 120V Blue Top)

2014年11月17日購入