1926 – 9.5mm『切紙細工 西遊記 孫悟空物語』(大藤信郎)

「9.5ミリ動画 05c 伴野商店」より


日本アニメーションの創始期、切紙細工アニメによる独自活動を展開した大藤信郎氏代表作の一つ。日本アニメーション映画クラシックス(JAFC)によるデジタル版がすでに公開されています。

JAFC版『切紙細工 西遊記 孫悟空物語』

JAFC版は現存するものとして最もオリジナルに近い16mm短縮版(約8分)を元にしています。伴野9.5mm版はその半分弱程の長さ。

JAFC版は大きく1)三蔵法師の出発、2)孫悟空の弟子入り、3)猪八戒登場と弟子入り、4)沙悟浄登場と弟子入り、5)怪物との闘いと霊山登場、6)経典の受け取りの6つの場面から成り立っています。伴野版は5)が完全にカットされ、天竺に辿りついた時にすでに雄宝殿がそびえている流れになっていました。

しかし伴野版にはJAFC版にはない場面や間字幕も含まれています。三蔵法師と悟空が出会う場面での説明字幕「石の下に五百年 大罰に苦しむ 孫悟空」はJAFC版には含まれていません。また沙悟浄登場の段では、伴野版だとピンホールショット風に沙悟浄が登場し、八戒に近づいて闘いの場面となっており、JAFC版ではこの流れが省略されています。

1926-songoku12
ピンホールショット風沙悟浄の登場場面(伴野版のみ収録)

また伴野版で孫悟空、沙悟浄、猪八戒が登場する際の字幕に飾りでシルエットが描かれています。

もう一点大きな違いとして、雄宝殿で経典を受け取る描写がJAFC版と伴野版では左右反転した形となっています。JAFC版では当初は一行が左から右へ進んでいたのに4分ごろから右から左への移動に変わります。コンティニュイティーの視点からすると確かに不自然な気もします(日本人の感覚からすると天竺は西=左にあるイメージなので、16ミリ版の布置も理解できるところではありますが)。

jafc
JAFC版より。三蔵法師一行が左を向いていて、経典を運ぶ竜が右向きに飛翔しています。

1926-songoku19a
伴野版。向きが左右真逆になっています。
切紙細工のストップモーションアニメは原理上手前から奥へ、あるいは奥から手前への遠近感表現を苦手としていて、左右の水平移動が中心となっていきます。大藤作品では回転や明滅など様々なアイデアを組みこむことで単調さを回避する工夫が施されています。またつぶらな目のキャラクターの愛らしさも印象的。妙に人間臭いのが特徴で、大藤作品独自の「体温」が伝わってきます。
1926-songoku10
悟空にあしらわれクルクルと回転する猪八戒

[タイトル]
西遊記 孫悟空物語

[メーカー]
伴野商店

[公開]
1926年

[カタログ番号]
115

[フォーマット]
20m(ノッチ有)×2 白黒 無声 16fps 3分40秒

藤野 秀夫 (1878- 1956)

「日本 [Japan]」より

Fujino Hideo Autographed Photo
Fujino Hideo Autographed Photo

藤野秀夫ももう年を取つた。彼はことし四十八歳である。藝は達者だがブロマイドの賣れぬ役者である。

彼は家庭にあつては好々爺だといふ評判である。なる程、彼の洋服姿を見ても、いかにも温厚紳士らしく思はれる。頬部の豊麗、鼻唇溝の深い線、そして大顎骨筋の豊隆、堂々たる風采である。彼の顔面の缺點は、鼻梁の整調に似ず、鼻翼の稍大に過ぎることと目尻の少しく下つてゐることである。身長五尺一寸、體重十六貫。

彼は東京の生れで明治二十八年山口定雄の一座に加入して初舞臺を踏み、その後喜多村の門下となつた。大正六年日活にはひり、十一年國活に移り、更にその翌年松竹に入社して今日に及んでゐる。最近の作では「眞珠夫人」の荘田勝平に扮して成功を収めてゐる。

『キネマスターの素顔と表情』
(羽太鋭治著, 南海書院, 1928年)

[JMDb]
藤野秀夫

[IMDb]
Hideo Fujino

[出身地]
日本(東京)

[誕生日]
5月16日

[データ]
10.0 × 14.0cm

中村 梅太郎 (マキノ梅太郎 1907 – 没年未詳)

「日本 [Japan]」より

Nakamura Umetaro Autographed Photo
Nakamura Umetaro Autographed Photo
マキノ省三に見いだされ、「マキノ梅太郎」名義で1927年に銀幕デビュー。 「マキノ青年派」(潔、久夫、登六、政美、梅太郎)の一角を担う若手のホープとして『神州天馬侠』4部作に主演しました。その後帝キネに移り市川百々之助主演作や明石緑郎主演の時代劇で準主役を演じるも、1930年の『地獄絵巻』を最後に出演記録が途切れています。

[JMDb]
マキノ梅太郎
中村梅太郎

[IMDb]
Umetarô Makino

[出身地]
日本(兵庫県神戸市)

[誕生日]
12月30日

[データ]
11.0 × 15.2cm

結城 一朗 (1904 – 1988)

「日本 [Japan]」より

<Yuki Ichiro Autographed Postcard

本名松崎一郎。明治卅七年東京に生る。原籍は長野縣。日本大学美學科に學び大正十三年松竹蒲田へ入社、後一時松竹を去つて大正十五年十一月再度蒲田の人となる。主な近作は「微笑む人生」「巨船」等。身長五尺六寸。體重十七貫。趣味はスポーツ、麻雀。

『芝居と映画 名流花形大寫眞帖』
(1931年1月、冨士新年號附録)

[JMDb]
結城一郎

[IMDb]
Ichirô Yûki

[出身地]
日本(東京)

[誕生日]
7月20日

[データ]
8.5 × 13.5cm

衣笠 淳子 (1910 – 没年未詳)

「日本 [Japan]」より

Kinugasa Junko 1931 Autographed Postcard
Kinugasa Junko 1931 Autographed Postcard

本名伊藤英子。明治四十三年東京市神田に生る。兄は衣笠貞之助監督。映畫界の第一歩は十五歳の時。後マキノ、日活等に出演し片岡千恵蔵プロダクシヨン創立と共に入社ヴアンプ型を以て立つ。主な近作は「渦潮」「逃げ行く小傳次」「戀車」等。映畫鑑賞、散歩。

『芝居と映画 名流花形大寫眞帖』
(1931年1月、冨士新年號附録)

[JMDb]
衣笠淳子

[IMDb]
Junko Kinugasa

[出身地]
日本(東京神田)

[誕生日]
3月25日

[データ]
8.5 × 13.5cm

1920s – 9.5mm 『美しい浴客』(仏パテ社/英パテスコープ)

水の清らかさに誘はれてこの温雅な水神達は、無作法者の目から隠れたと信じて 自由に水を浴びてゐます。パテベビーはあなた方の爲めに 彼女等の面白い飛躍をこゝに現します。

『パテーベビーフヰルム 解説書 No. 1』
(大橋善次郎編集・出版、1926年)

湖畔で水浴びする友人に誘われ、うら若き女性陣が着替えを始めます。手を取りあいながら石造りの橋に移動、じゃれあって湖面へと飛びこんでいきます。

当初「水着美女」で名高いセネット短編の抜粋と思ったのですが、石橋は欧州風の造り。静止画で確認すると背景に一瞬映りこんだフランス語の看板(「ルー川ホテル Hôtel du Loup」)を見つけることができました。以前、南仏の観光地ルー川周辺で撮影された個人動画を紹介しましたが、同地周辺で撮影された仏パテ社のオリジナル動画のようです。

graceful-bathers-07b

graceful-bathers-07-hotel-du-loup
« Hôtel du Loup » 拡大

海外のコレクターさんによるデジタル版を以下で閲覧できます。

[タイトル]
Graceful Bathers

[原題]
Les Jolies baigneuses

[メーカー]
英パテスコープ社(?)

[仏パテ社版カタログ番号]
378

[フォーマット]
10m(ノッチ有)

1912年 – 9.5mm 『液體空氣の實驗』(仏パテ社/伴野商店)

「9.5ミリ動画 05c 伴野商店」より

壓搾機械の方法で零度以下二〇〇〇度に冷却すると空氣は液體となります。而してその状態に於てそれは不思議な特質を所有します。パテー ベビーはこゝに思實に映寫して甚だ興味あるその多くの實驗を明かにお目にかけます。

『パテーベビーフヰルム 解説書 No. 1』
(大橋善次郎編集・出版、1926年)

伴野商店のカタログで189番として紹介されたフィルムで、1920年代中盤に仏パテ社で市販された動画に日本語字幕を付け直したもの。初出はさらに古く、1912年に「科学入門シリーズ」の一貫として公開された記録が残っています。

l-air-liquide05.jpg

カイゼル髭の男性が液体空気の作り方やその特性を紹介していきます。「有害ではありません」と管に口を近づけそのまま飲んでしまうなど科学物としてはなかなかワイルドな展開も含んでいます。

1912-06-08-cine-journal-l-air-liquide
1912年6月8日付の仏シネ・ジュルナル誌より
「液体空気(L’air liquide)」の文字が見えます

1912年は映画業界が軌道に乗った直後の時期ですでに多くの製作会社が勃興し多様なコンテンツを提供していました。ドラマだけではなく、地誌や科学も素材とされ毎週のように各社が新作を提供していたのです。

結果として、1912~14年の製作となる短編ドキュメンタリーが相当数残されました。1920年代中盤に仏パテ社が9.5ミリソフトの市販化に取りかかった時、この時期の動画が復刻の対象となりました。先日デジタル化した『消えゆく民 アイヌの人々』(1912年)も同じ流れで製作~公開~ソフト化された一本です。

[タイトル]
液體空氣の實驗

[原題]
L’Air liquide et les applications du froid intense, série instructive

[メーカー]
伴野商店

[仏パテ社版カタログ番号]
74

[フォーマット]
10m(ノッチ有)