1930年代後半 – 米アンプロ社 プレシジョン NC型 16mmサイレント映写機

Ampro Precision 16mm Silent Projector
late 1930s US Ampro Precision Model NC 16mm Silent Projector

1930年代にシカゴ拠点のアンプロ社が発売していた16ミリ用の映写機。

1935年頃の初期モデルではランプハウスが円筒形でした。幾度かモデルチェンジを重ねていきK型でランプハウスが四角くなります。この時点では側面のモーターベルトが剥き出しとなっていたのですが、金属製のカバーを付け、明り取りの小さなランプも標準装備したのがNC型でした。

到着時のコンディションは悪かったです。ゴムと革を張りあわせたモーターベルトが中で腐って貼りついていたので取り除き、予備用ベルトと交換。またレンズ部分が幅広の溝をスライドするような設計だったのが、歪みが発生していて動きませんでした。固定用の金具を外し、歪んだ部分をわずかにヤスリで削って油を差すとスムーズに動くようになりました。

先ほど試写をしてみました。『チャップリンのスケート』(The Rink、1916年)のローラースケート場面を抜粋した仏コダック版の16mmプリントです。

[発売年]
1930年代後半

[メーカー名]
米アンプロ社

[ランプ]
DDB-DDW(750W 120V P28)

[レンズ]
Simpson Lens 2″ E.F. F: 1.65

[シリアルナンバー]
NC-18151

南光明、昭和15年(1940年)の残暑見舞い

Minami Koumei 1940 Late Summer Greeting Card
Minami Koumei 1940 Late Summer Greeting Card

本名鈴木光。明治37年生れ、築地立教中學出身、大正九年松竹の俳優學校に入り又小山内氏の研究所にも學ぶ、初演は『路上の靈魂』後蒲田スタヂオに入り『母いづこ』『山谷堀』等に出演し十一年日活に入り『現代の女王』『故郷』『旅の女藝人』『八一三』『神州男兒の意氣』『シベリアお龍』最近の主演は『赤城の夕映』『砂繪呪縛』(第二編)等。浅岡信夫と相伍してスポーツ俳優として日活幹部俳優の一人。

『玉麗佳集』(1928年)

大林梅子は名古屋の大きな牛肉屋の愛娘、下加茂に入り、時代劇の妖婦役として鳴らした。南光明と結婚し毎年子供を産んで、今や五人の母となつてゐる。五人目をお腹に宿したとき、『所長はん、あて、また、赤ン坊を産みますねん。かう毎年では撮影にさしつかへますさかい、やめさして貰ひまつさ』と申出たので、井上所長も心よく許した。
『その代り、うちの人(南光明)を使うて下さい』
『南くんなら、赤ン坊を産まんやろ』
てンで、マキノ以来失業してゐた、夫の南をスクリーンに復活さした。

「噂のスター今何處へ?」『最新映画大鑑』
(冨士9月號附録 1934年8月)

Minami Koumei in Ronin Gai Chap.2
『浪人街 第二話楽屋風呂』(1928年)で傳五左を演じる南光明

[IMDB]
nm0590911

[JMDB]
p0315760

[Movei Walker]
南光明(ミナミコウメイ)

[出身]
日本(東京)

[生年月日]
6月30日

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
髙島栄一氏宛、昭和15年8月22日京都の消印有。

1960年代? フリッツ・ラングの電報4通(マドレーヌ・オーズレー宛)

4 Telegraphs Sent by Fritz Lang (1960s?)
4 Telegraphs Sent by Fritz Lang (to Madeleine Ozeray, French actress starred in Liliom)

1930年中盤にフリッツ・ラングがドイツを離れ、ハリウッドに渡って第2のキャリアを築いた話は良く知られています。その際、直接アメリカに向かった訳ではなく一度フランスを経由したのは意外と知られておりません。パリでは同胞のプロデューサー、エーリヒ・ポマーと再会、提案を受けて映画を一本監督しています。それが異色作『リリオム』(1934年)でした。

同作は宗教色の濃い恋愛ファンタジーで、ドイツ時代のシャープな感覚やハリウッド期のヒューマニズムは希薄です。そのせいもあって一般からの評価は高くありません。しかしラング自身は大変気に入っており、晩年のインタビューでもお気に入りの一つに上げているほどでした。

『リリオム』でのマドレーヌ・オーズレー
Madeleine Ozeray in Liliom

『リリオム』で主演を務めたのが舞台出身のシャルル・ボワイエとマドレーヌ・オーズレーでした。ヒロインを務めたオーズレーさんとの交友はラングの亡命後、戦後も続いていました。ラングが折に触れて送ったメッセージをオーズレーさんが保管しており、その一部を手に入れることができました。

こちらがその電報です。日付が明記されていないものの、電報の様式から1960年代ではないかと思われます。

img063「恒例となった心からの誕生日おめでとうを。フリッツ・ラング」

img066「心からおめでとう。私の気持ちはいつだってあなたのものです。フリッツ・ラング」

img064「だいぶ遅れました、数日中に手紙送ります/親愛なる フリッツ・ランド[原文ママ]」

img062「誕生日おめでとう。心をこめてキスを送ります。フリッツラング」

独仏米の映画史を横切って繰り広げられた二人のやりとり。ラングのこまめな気遣いが凄いのと、電報が届くたびに嬉しそうに読んでいるオーズレーさんの姿が目に浮かびそうです。

ドロテア・ヴィーク Dorothea Wieck (1908 – 1986) 独/スイス

Dorothea Wieck Autographed Postcard
Dorothea Wieck Autographed Postcard

独ワイマール共和期の最末期に残された美しい作品の一つが『制服の処女』でした。

Dorothea Wieck in Mädchen in Uniform (1931)
1931年『制服の処女』(Mädchen in Uniform)より

全寮制の寄宿舎に入寮した少女マヌエラが新たな環境に戸惑い、おそれおののきながら、次第に他の寮生たちに受け入れられていきます。この時にマヌエラが心の支えと頼ったのが若き教師のベルンブルク(ドロテア・ヴィーク)。賑やかで、時に反抗的な少女たちの姿を繊細なタッチで描いた作品は日本でも大きな話題となりました。

[IMDB]
nm0927236

[Movie Walker]
ドロテア・ヴィーク(Dorothea Wieck)

[誕生日]
1月3日

[出身]
スイス(ダボス)

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
Filma, 323

『世界映画全史』 & ラジオ番組 「映画史家ジョルジュ・サドゥールへのオマージュ」 (1968年)

[ラジオ] 「映画史家ジョルジュ・サドゥールへのオマージュ」 (1968年)
[Émission radiophonique] Hommage à : Un historien du cinéma, Georges Sadoul

映画史家ジョルジュ・サドゥールが亡くなった翌年(1968年10月)、ラジオでその功績を振り返る企画が放送されました。フランス・キュルチュール局が音源をオンラインに上げていたので聞いてみました。

ジャン・ルノワールやルネ・クレールといったベテラン監督、ゴダールやルイ・マル、アニエス・ヴァルダらヌーヴェルヴァーグ系の監督がインタビューやコメント寄稿に応じています。

前半1/3は世界各国の映画状況に関心を持ち続け、作品を紹介していった「国際映画史家」の側面が取り上げられ、チェコやポーランドなど東欧作品、ブラジルやメキシコ、キューバなど中南米作品、アジア映画、そしてアラブ圏映画との接点が語られていきます。共産主義圏でのサドゥールの位置付けなどなかなか興味深い話も含まれています。

東側諸国の例で言うとサドゥールはチェコやユーゴ、ロシア映画を面白いか否かに関わらず網羅的に見ていた最初の一人でした。東側の映画で形式の革新が起こると予感し、分かっていたのです。時に彼は優れた批評文を残し、チェコやポーランドの若き映像作家たちを勇気づけることもありました。フランスでは知られていませんがサドゥールの批評はチェコ語やポーランド語、ロシア語に訳されていたのです。寄稿先だった「レットル・フランセーズ誌」が当時東側諸国で訳されていた唯一の仏文芸誌だったからです。そのためサドゥールは重要で、影響力の大きな映画批評家と見なされていました。

Dans le cas des films venant de l’Est, il a été un des premiers à voir tous les films tchécoslovaques, tous les films yougoslaves, tous les films russes, drôles ou pas drôles… Et il pressentait, il savait qu’il y aurait un renouveau formel dans le cinéma de l’Est. Quelque fois il a fait des bonnes critiques, il a encouragé des certains jeunes cinéastes tchécoslovaques ou polonais… et ce qu’on ne sait pas toujours en France, c’est que les critique de Sadoul ont été traduites en Tchéque, en Polonais, en Russe car les Lettres Françaises était pratiqument le seul journal culturel qui est traduit dans les pays de l’Est. Donc Sadoul a été considéré comme un critique important, un critique influent…

アニエス・ヴァルダ/Agnès Varda

中盤はサドゥールの人となりの回想となり、娘さんの証言などを交えながらシュールレアリスト作家(アラゴン、ブルトン、エリュアール、ツァラ)との交流や「自由気ままで常識外れの」暮らしぶりなどが語られています。ルネ・クレールは『悪魔の美しさ』(1951年)のプレミア上映翌日に受け取った手紙の一節を紹介しています。

貴殿が1934年にフランスを離れて以来、この国の映画はルノワール作品を別にして大半が運命に打ちひしがれる人間を描いてきました。[…] まったく、観客を不幸にして大層な芸術だと信じている輩の何と多いことか。『悪魔の美しさ』でようやく運命に抗い、打ち勝っていくのです。

Depuis que vous aviez quitté la France en 1934, notre cinéma avait, presque toujours et Renoir mis à part, montré l’homme accablé par le destin. […] Oui, il y avait trop de gens qui croyaient que le grand art c’est de rendre les spectateurs malheureux. Votre Beauté du Diable rend le destin la gorge et lui tord le cou, enfin.

ルネ・クレール宛書簡より/Lettre à René Clair

番組の最後は歴史家・批評家の評価をめぐったやりとりとなり、『世界映画全史』は誤謬が多いという批判にゴダールやアンリ・ラングロワが反論していきます。個人的に興味深かったのは戦前映画(あるいは無声映画)に対する距離感の問題でした。

サドゥールはとことんまで突き進もうとしたんだ。だからこそ当時顧みられていなかった1940年以前の世界映画史の開拓にとりかかった。同時代人で興味を持つ者はおらず、何も触れないで済ませているか、せいぜい曖昧な思い出話を書き残す程度だった。サドゥールは全く手付かずだった映画の領域を切り開いていったんだよ。

Il a voulu aller à fond, il a donc défriché toute l’histoire du cinéma mondial d’avant 40, qui était absolument inconnue… les contemporains n’y avaient pas prêté attention, ils n’avaient donc pas écrit ou ils avaient écrit quelques vagues souvenirs, il a donc défriché une zone absolument vierge du cinéma.

アンリ・ラングロワ/Henri Langlois

世界映画史に残されたこの穴を…

ce trou de l’histoire générale du cinéma…

イヴォンヌ・バビ/Yvonne Baby

シネマテーク・フランセーズ創設者のラングロワとサドゥールの義理の娘イヴォンヌ・バビが共有しているのは、戦前の映画がほぼ忘れ去られ、理解されぬまま放置され映画史の「空白」、「穴」になっているという歴史認識です。過去を懐かしんでいる訳ではなく、原点あるいは出発点が見えていない限りは現在も理解できないという確信が『世界映画全史』のサドゥールを突き動かしていったと見ているのです。

参加した面々はみなサドゥールに近い人々(近親者、友人、思想の近い業界人)ですので内輪褒めの印象も残りますが、故人の業績、人となりを複数の声でまとめ上げていこうとする企画の趣旨は成功していると思われます。

西條香代子、昭和3年の暑中見舞い

Saijo Kayoko 1928 Summer Greeting Card
Saijo Kayoko 1928 Summer Greeting Card

私は此の人の、あく事なき魂に理智に輝いた眸の色に視入る時、恋の霊魂と化したあの静御前の姿が忍ばれてならない。

「佳人佳語」
(美町淑夫『うづまさ』1927年9月号)

最後の出演作となった『坂本龍馬』(昭和3年5月公開)の後に送られた暑中見舞い葉書。表裏で質の違う特殊な紙を使っていて、宛名面「郵便はがき」が手書きとなっています。

同年初頭の年賀状では「病」について触れています。髙島氏が病後を尋ねたのではないかと思われ、それに対して「早速お訊ねを頂きまして恐縮し存じ上げました。私恙なく過して居ります」と返事している内容です。

昭和元年〜2年にかけて人気が出てきたところで1926年8月『キネマ』誌の人気投票中間報告でも25位(女優では11位)になっていました。

Saijo Kayoko 1928 Summer Greeting Card 01Saijo Kayoko 1928 Summer Greeting Card 02

[サイズ]
8.9 × 14.0cm

[データ]
髙島栄一氏宛、昭和3年8月18日東淀川の消印有。

西條香代子 (1906 – ?)

Saijo Kayoko Autographed Postcard
Saijo Kayoko Autographed Postcard

明治三十九年一月一日極めてお芽出度い元旦の初日の出と共に神奈川縣の鶴見で孤々の聲を揚げた。中村香代子が本名で、當年二十三才。高等女學校卒業後大正十四年五月に日活に入社する。玉麗花のかんばせ、眞紅の唇、瀟洒たるスタイルは常に幾百萬のフアンをチャームしてゐる。主演『闇の中の顔』『日輪』『死の寶庫』『大陸の彼方』で好評を得。現に同社の花形女優。

『玉麗佳集』(1928年)

[JMDB]
p0218730
p0218760

[IMDB]
nm0756503

[出身]
日本(神奈川県横浜市)

[生年月日]
1月1日

[サイズ]
8.4 × 13.4cm